アクセス解析
レンタル掲示板
Kuryakin 「A New Day」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/10/26.Tue

Kuryakin 「A New Day」

ア・ニューデイスウェーデンの2人組、Kuryakin(クリアキン)の1stアルバムです!ついに発売!ついにゲット!!Fastcut Recordsさんよりリリースです。

以前、こちらこちらで騒ぎ立てたように、Kuryakinの歌を初めて聴いた時の感動が大きくて、彼らのフルアルバムをずっと心待ちにしていたんです。だからかな・・・過度な期待がかかり過ぎちゃったせいなのか、印象だけが先走りしたのか、アルバムを通して聴いてみて「うーん、何かピンとこない」と最初は思ってしまったんですよね。何だか地味な感じがしてしまって・・・。
でもそんな場合は、繰り返し聴くうちに大抵は解消されるのです。このアルバムも然り。ガツンと来る泣きメロ要素は薄まった気がしましたが、とにかく優しいです。基本的な雰囲気はそのままに、「Still Here」(7インチ+5曲入りCD)の時とは違うものを感じました。ちょっとチープなエレポップから、もっと温かくてポップでアコースティックで落ち着いた感じになったんじゃないかなーと。

ボーカルPetterの歌声は、本当に私の好きなタイプの声質です。ふんわり優しくて耳心地が良くて嫌味のない歌い方。Ally KerrやDylan Mondegreen、The FairwaysやThe Young Tradition、Math And Physics ClubやらThe Electric Pop Groupとか、もうその辺が好きな人なら絶対にKuryakinも好きなはず!こうやって書き出すと、自分の好きな路線が一直線で見えてきますね(笑)。

北欧、特にスウェーデンにはどうしてこんなに好みのアーティストが多いのかしら?そんなことを思いつつ、今度はDaysのアルバムも出ないかなーと密かに心待ちをしています。。。

Kuryakin Myspace
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。