アクセス解析
レンタル掲示板
Crash City Saints 「Glow In The Dark Music」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/04/26.Mon

Crash City Saints 「Glow In The Dark Music」

Glow In The Dark Musicアメリカ・ミシガンのシューゲイザー・バンド、Crash City Saints(クラッシュ・シティ・セインツ)。

Quince Recordsより最近リリースされた一枚ですが、自分的にヒットなバンドでありアルバムになりました。Quinceさんから出るものは全て集めたい気持ちで一杯だけど、中には自分の好みに合わないものもあり・・・まぁそれは仕方ないのですが、そんなわけでManana以来のアルバム購入となりました。

最初にマイスペでちょこっと聴いた時は「まぁ、よくありがちなマイブラ・フォロワー・・・?」とか思ったけれど(すみません;)、試聴を続けるうちにそんな気持ちは消え、「Panic Queen」を聴いた瞬間に頭の中ではアルバム購入が決定していました。だってすごく良い!カッコ良い!これは行ける!!実際にアルバムを通して聴いてみると、轟音シューゲを基本に、ギタポ、ドリーミー系、ロック等、シューゲのハードな部分や浮遊感や切なさ加減などが上手く混在して、実はすごく音的にもバラエティ豊かで、何だか開放的な明るさがあるんです。聴いていてすごく楽しいし、リピートしたくなるような・・・そんな中毒性さえ感じさせるバンドだなぁと思ったんですね。

本格的な活動は2007年からだそうですが(結成は2002年)、レーベルを通してアルバムをリリースするのはこれが初めてになるんでしょうか?(一回セルフで出しているとのこと)これだけ実力あるバンドなのに、日の目を見ないで終わるなんて勿体なさすぎる!そんなバンドが世界にたくさんいるかもしれません。そういう意味でQuince Recordsさんはもちろん、インディレーベルの役割ってすごく大きいし、Crash City Saintsの音楽に出会えたことに感謝しなくちゃなりませんよね。
あ、そういや私がよく行くCD屋さんでも、バイヤーお勧め!としてCrash City Saintsが激押しされていて試聴機にも入ってました。何か嬉しかったなぁ~(笑)。

Crash City Saints Myspace
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。