アクセス解析
レンタル掲示板
Susan Boyle 「I Dreamed a Dream」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/04/30.Fri

Susan Boyle 「I Dreamed a Dream」

夢やぶれてスーザン・ボイル「夢やぶれて」

あのオーディション番組でのスーザンのインパクトは確かに大きかったし、その後のシンデレラストーリーはご周知のことだとは思います。それにしても初めはシラけていた審査員が、彼女が歌った瞬間に見せた驚きの表情・・・それにもちょっと見下したような毒が含まれている気しがして、あのYoutubeの動画を見るたびに審査員にムカついてしまう私なのですが・・・(汗)。

そんな世界中を騒がせた、スーザン・ボイルの衝撃デビュー作「夢やぶれて」。話題になったらと、決して安易にこのアルバムを買ったわけではありません。ネットで試聴をしてみたらすごく良かったから。作品としてすごく良かったからです。アルバムを通して聴いて驚いたのは、これが先日まで素人だった普通の人の歌声なのか?ということでした。CDの録音のためにトレーニングを積んだとしても、短期間でこんなに歌えるものなの?そのくらい才能に溢れているような一枚でした。

ジャズやミュージカルの名曲、マドンナの歌や聖歌、日本盤には「翼を下さい」が収録されるなど、多彩なラインナップ。全て生楽器の演奏で、全曲を通して統一感があります。そしてスーザンの美しい歌声。「I Dreamed A Dream」や「 You'll See」などでは力強く、「How Great Thou Art」は清らかな歌声で・・・というように歌い分けているのですが、特に聖歌の「How Great Thou Art」やボートラの「翼を下さい」では、天使のような歌声で個人的にとても気に入ってしまいました。ベテラン歌手のような域までは達してはいないと思うけど、私はスーザンの歌声には何か温かいものがあるなーって感じるんです。魅了する歌声。それってすごく大事ですよね。

今年4月の来日コンサート(ゲスト出演でしたが)には行けなかったものの、去年のNHK紅白ではテレビに張り付いて見ていた私(笑)。何だか注目せずにはいられませんでした。それに彼女ってスコットランド出身なんですよね。アリーと同じ国だなんて・・・それだけでも親しみ湧いちゃう(笑)。一躍時の人となってしまったスーザン。これからも可能な限り、歌い続けて欲しいなって思います。遠くから見守っているね、スーボー♪♪

Susan Boyle Myspace
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。