アクセス解析
レンタル掲示板
The Depreciation Guild 「In Her Gentle Jaws」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/16.Wed

The Depreciation Guild 「In Her Gentle Jaws」

In Her Gentle Jaws [Analog]アメリカ・ブルックリンの3人組バンド、The Depreciation Guild(デプレシエーション・ギルド)の1stアルバム。

こちらの記事で一人騒ぎ立てましたけれど、アルバムを聴いてみて何が一番良かったかと言えば・・・・じゃ~ん!ボートラの「君に、胸キュン。」でした!(笑)ってか、それなのかい!(^^;)国内盤にはボーナストラックとして、シングルより「Listless」(この歌もすごく良い!)と、なぜかYMOの名曲「君に、胸キュン。」のカバーが収録されているんですが・・・いやいやホント、これがまた完璧なまでの出来上がりなんです。ってか、カートさん、めちゃくちゃ日本語の発音が上手じゃないですか!びっくりしました。アレンジといい歌声といい・・・原曲より好きかも(笑)。これは聴く価値がありますよ~♪

で、本作なのですが。ライナーによると、シューゲイザーと任天堂の8ビットサウンド(って何ですか?)の融合とのことで、確かにマリオ的なピコピコ電子音が時折聴こえる不思議なドリーミーシューゲポップなのであります。実は・・・実は以前に騒ぎ立てたほど、アルバム全体に大きな感動は無かったのですよね。きっと、マイスペで主要な歌を聴きカジってしまったせいもあるんだろうけど・・・(しかもすごく感動した「Dream About Me」は未収録なのですねぇ)。それでもこのバンドの音楽性はとても好きだと思いました。似たり寄ったりのバンドはたくさんあるかもしれないけれど、ボーカルの歌声といい、どこか爽やか系なのが良いのかも。今後も要注目のアーティストですね。

The Depreciation Guild Myspace
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。