アクセス解析
レンタル掲示板
West End Festivalにて ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/20.Sat

West End Festivalにて

毎年グラスゴーで行われるWest End Festivalにて、今年もアリーの演奏がありました。
他にcineplexxの sebastianや、先日アルバムが出たnick garrieのgigもあったようです。



「Amorino」
http://www.youtube.com/watch?v=yMawPPXhRI4&feature=player_embedded

「Could Have Been A Contender」
http://www.youtube.com/watch?v=K-902scQyUI&feature=player_embedded

上記3曲の中では、私は「Be The One」が好きです。アリーの歌の特徴を表すような優しいメロディです。このライブでは、間奏部分がトランペット(かな?)で演奏されているのですが、CDとはまた違った雰囲気で良い感じです。アリーの歌も、アレンジ次第ではもっともっと素敵になるんですよね。

そしてアリーのブログally's journal(6/17付)にもあるように、バックバンドのメンバーが新しくなったようですね。んん?その名も"the 17th century"なのかな?更に新曲を2曲「man's man」「the other side」披露してくれたみたいです。「man's man」の方は、去年の東京のライブで初めて聴きましたが、またまたアリーらしいとても優しいメロディの歌でした。「the other side」はどんな歌なのかなー?直訳すると”向こう側”??早く聴いてみたいものです!!
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
アリーさん、ステキですね。
のんこさんがあんまり「アリーアリー」おっしゃるので、
私もアリーさんに興味を持ちました。
そして、トコトコとアリーさんのマイスペに出向いて試聴しました。
ええです、ものすご、ええです。
結構、何度もトコトコとアリーさんちに出かけております。

優しくて爽やかなだけではなくて
なんとも言えないオイロケのある声ですね。
なんでしょう、あのフェロモンは。
いったいどこから出てるのでしょう。
私にとってもアリーさんは
今や「気になるアーティスト」になってしまいましたよ。

---------------
コメント欄の復活、誠に嬉しいです。
アリー・カー
>ちょこ太郎さん

コメントありがとうございました。
アリーファンとして、アリーの歌に興味を持っていただけてすごく嬉しいです(^^)。アリーの記事をアップするとたいがいアクセス数が減ったりするんですが、記事を書いた甲斐があります。
うわー、オイロケという感想は初めて聞きました(笑)。確かにアリー独特のフェロモンがあの歌声から発散されているのかもですね。見事にそれに吸い寄せられている私であります(笑)。アリーご自身も歌と同様、爽やかで優しい人でした。これからもアリーさんちにどんどん押しかけて下さると嬉しいです。もしかしたら新曲もアップしてくれるかもしれません★

コメント欄の件、すみません。アリーについては個人的にいろいろと事情があり気持ち的に重い時があって、場合によっては不快な印象を与えてしまうかもしれませんが、どうぞご了承下さい・・・でもブログ、まだ続けて行きたいです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。