アクセス解析
レンタル掲示板
新居昭乃 「エデン」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/06.Sat

新居昭乃 「エデン」

エデン新居昭乃 「エデン」(2004)

今繰り返し聴いているのが、先日発売された新譜「ソラノスフィア」ではなく、4thアルバム「エデン」です。リリースから5年も経って、やっと自分の中でこのアルバムが本格的に消化され始めました。
買った当初、どうも違和感があってダメだったんです。私は初期の頃の歌から入ったファンなので、それまでの音楽的路線の違いというか、各アルバムによってコンセプトや雰囲気や音楽ジャンル的にも多少の変化はあるものの、「エデン」を聴いた時には更に今までの昭乃さんの歌とは何かが違う・・・と、残念だなぁ~とまで思ってしまったのです。

3年の歳月をかけて制作されたという本作は、当時のアメリカの9・11テロやその他の重い世界情勢を反映して(確かご本人がそのように言っていたような・・・)、少々暗い内容になってしまったとのことですが、確かにじっくり歌詞に耳を傾けると、浮かんでくるのは「孤独」という言葉。しかしサウンド的には以前と比べると、洋楽っぽくなって?垢抜けた感じがしました。エレクトロニカ寄り、とも言えるのかな?だけどリズムや雰囲気で聴いてしまいがちな洋楽とは違い、昭乃さんの場合はその日本語の歌詞に魅力があり、捉えどころの無いようなどこか抽象的で、幻想的な透明感のある詞の世界は変わっていないのです。

結果的には好きなアルバムになってしまいました。・・・が、いまいち入りきれない部分はあります。でも確実に言えることは、聴けば聴くほどに彼女の歌の良さがわかってくること、万人受けではないかもしれないけれど売れ筋の歌に有り気な安っぽい作品ではないこと(あくまでも個人的な見解です)、やっぱり昭乃さんの音楽が好きだ!ということでしょうか。

と言うことで、好きな歌ベスト3!(アルバム後半に集中してしまいました)
1.レインフォレスト 2.砂の岸辺 3.Tune
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。