アクセス解析
レンタル掲示板
Perfume 「GAME」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/01/19.Mon

Perfume 「GAME」

GAME去年の暮れに、NHKBSで放送されたPerfumeの武道館ライブを見ました。普段あまりテレビを見ない私は、Perfumeが流行っていることは知っていても歌は「ポリリズム」くらいしか知らなかったのですが、もともとcapsule好きな流れでPerfumeには興味があったんです。だって彼女達の歌、まんまcapsuleですよね??

ライブを見ていて、楽曲がすごく良いことにびっくりしました。「マカロニ」や「Baby cruising Love」、これぞcapsuleっぽい「チョコレイト・ディスコ」とか、ちょっぴり大人びた「Take me Take me」などなど・・・。もしPerfumeが、例えばモーニング娘。路線の歌を歌っていたら、私は聴かなかったと思います。普通のアイドル歌謡曲ではなく、テクノ&クラブ、ピコピコ系の質の高い楽曲があってこそのPerfumeであり、それが目新しくて世間に受けている理由なのか、見事に時代について行っているなぁと・・・中田氏のプロデュースがあってこそなんでしょうね。
でもね、ライブを見ていて思ったのは、やっぱり主役は彼女たち3人なんですよね。CDだけではわからないPerfumeの良さがすごく伝わってきたんです。20歳そこそこでも、歌って踊っている時の姿はプロだなーと(でもあれって歌は口パクなんですかね?)。バラエティーとかに出ている時の3人には??な部分もあるけど(やっぱり今時の子っていうか^^;;)、何だか妙に高く評価してしまった私なのでした。

ということで、アルバム「GAME」です(前置き、長っ^^;)。画像は通常盤ですが、私が買いに行った時にはもうすでに初回盤はありませんでした。って、まぁ別に欲しくもないけど・・・。繰り返し聴いてますが、結構ヤミツキになりますね、これ(笑)。スピード感っていうのかしら、リズム感がすごく良くて聴いていると乗ってくるし、無機質なようでもメロディアスでわかりやすい歌なんですよね。ちょっと子供っぽい歌声も、加工することによってテクノっぽくなって中田ワールドを可愛く演出していて、これもPerfumeの魅力なのかもと思います。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。