アクセス解析
レンタル掲示板
アニメ「蟲師」 第4話 枕小路 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/01/10.Sat

アニメ「蟲師」 第4話 枕小路

イメージ■第4話 「枕小路」

初回の放送時から、すごく印象に残っていたお話。ある意味ちょっと怖いけれど(緑のカビが生えた人間が、泥のように崩れてしまうところとか・・・)、でも不思議と不気味さは無い。数奇な運命を背負ってしまった男の人生がひたすら悲しい。ギンコの台詞が印象的だった。「お前は何も悪くない。蟲も悪くない。」じゃあどうしてこんなことに?って、真剣に考えてしまった。枕は自分の頭を、人生の3分の1くらい預けている場所・・・。
この回は、エンディングに流れる音楽も好き。これも妙にもの悲しいメロディだけど、じーんときてしまう。

■Ally Kerr「The Sore Feet Song」

アリーのこの歌はどこまでも優しい。「木漏れ日」という表現はぴったりで、いつまでもまどろんでいられそう。アコースティックギターの音、大好き。これだけいろんな音楽が氾濫する世の中で、どうしてアリーのこの歌が選ばれたのだろう?そして、どうしてこんなに私はこの歌が好きになってしまったんだろう・・・。実は好きなことに明確な理由なんて無いのかもしれない。
アニメ「蟲師」感想 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
全巻
ゲットしました。
DVDも。
このアニメは心に突き刺さります。

Ally Kerrの曲もぴったりです。
また、観たくなりました。
良いですよね!
>yukaさん

以前アリエルの記事にコメントいただいたyukaさんですよね??

まさか蟲師をお好きだとは思いませんでした!コミックを全巻お持ちということですか?このアニメは本当に心に突き刺さりますよね。質も高いし、もちろんアリーの歌も本当にぴったりです!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。