アクセス解析
レンタル掲示板
Joseph Mcmanners 「In Dreams」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/12/15.Mon

Joseph Mcmanners 「In Dreams」

イン・ドリームズジョセフ・マクマナーズ「イン・ドリームズ」(2006) 

イギリスのボーイソプラノ、ジョセフ君の天使の歌声が詰まったデビューアルバム。録音当時は12歳とのこと、その割にはかなり幼く舌足らずな歌声が印象的。ボーイソプラノと言えばウィーン少年合唱団、リベラやボーイズ・エア・クワイアなどが思い浮かびますが、ジョセフ君は彼らとは何かが違う・・・と思ったら、そう、歌唱方が違うんですよね。合唱という感じではなく、普通に歌を歌っているというか・・・。

イギリスではかなりセンセーショナルなデビューを果たしたようですが(契約金などなど)、ま、ジャケを見ていただければわかるように、超美少年なのであります。個人的には子役時代のイライジャ君や幼少期のアリー君(笑)の方が好きだけど、きれいな子は絵になりますねぇ。

さて、肝心なアルバムの方ですが、これがまた素晴らしいのです。まずは選曲が良い!有名なクラシックや映画音楽、ポピュラーソングなど、誰でも知っている歌がずらりで、それが私が好きなものばかりなのです。特に「In Dreams」(映画「ロード・オブ・ザ・リング」より)や、フランクのミサ曲「天使の糧」、アート・ガーファンクルの「Bright Eyes」などなど、編曲も本格的なオーケストラでとても重厚な感じです。もちろんジョセフの歌声もそれに負けず、可愛らしいだけではなく人を感動させる力もちゃんと持っていると思いました。聴いているととても優しい気持ちになれる1枚です(^^)。
クラシック | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
あら?『のんこオバサン』なの!(◎△◎;;)(笑)。

もっと若いと思ってました!(笑)

σ(^&^;)。。。

ってそれはさておき、こーゆー聖歌系も好きなんですな!\(^&^')/

最近はアリー・カー以外が多いので『ひととなり』ってやつが見えてきましたッ!

(ノ^ワ^)ノ
>ドラム猫さん

聖歌系も大好きです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。