アクセス解析
レンタル掲示板
松任谷由実「悲しいほどお天気」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/11/08.Sat

松任谷由実「悲しいほどお天気」

松任谷由実「悲しいほどお天気」松任谷由実「悲しいほどお天気」(1979)

ユーミン、松任谷と姓が変わってからの4枚目のアルバムです。70年代にリリースされた作品(「紅雀」「流線形80’」「OLIVE」)の中では、一番好きなアルバムです。

この記事を書きながら初めて気づいたのですが、収録曲全部に英語の別タイトル(意訳ではありますが)が付いていたんですねー。全く知らなかった(^^;)。例えば「悲しいほどお天気」には、"The Gallery in My Heart"。確かに歌詞に「~私の心のギャラリーにある~」って出てくるものね。この歌はやっぱり、ユーミン自身の学生時代のことを歌ったものなのかな?「上水ぞいの小径を~」って玉川上水のこと?とか思ったり・・・。

各歌が好きなのはもちろんのこと、歌の流れとか、詩的な歌詞とか、全てをひっくるめたアルバムの全体的な印象が好きです。おそらくこの中では「DESTINY」が一番知られている歌かもしれませんが、その他は割りと地味な存在の歌が多いです。でも良いんですよね~。「影になって」とか、とても30年近く前の歌とは思えぬほど、洒落た感じだし・・・。私、ユーミンのアルバムの中に必ずある「ちょっと暗めの、決して代表曲にはならない歌」が好きなんです。このアルバムだったら、それは「水平線にグレナディン」ですねー。3拍子に乗ったマイナー調のメロディが耳から離れません。
J-pop | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
記事の内容とは関係ないんですけど・・・。

上の記事はいったい!?
もしかして、のんこさんブログやめちゃうの?
だとしたらショック・・・なんかあったのでしょうか?
sunさんへ
sunさん、どうもありがとう(^^)

良かったら下記アドレスまで空メールいただけますか?(決して強制ではありません)
お手数お掛けします。
空メール送りました。
kazuking~ってのが、僕のアドレスです。
一応、確認の為。
sunさんへ
ありがとうございました。
あなたが気になりだしてから、世界が息づいてる。
こんばんは~。遅コメントにて申し訳ありません。猫人間゛掃除中に足元で水道ホースが大暴れ”ののんです。エプロンが水の力で地下鉄の通風孔の上に立つマリリン・モンローみたいになりました(泣)そして「ププッピ・ドゥ」ではなく、「ギャース!!」と言ってしまうのが猫人間クオリティ。だって冷水だもの(あ〇だみ〇を風に)

いや~ずいぶんと渋いチョイスのレビューに感涙っス、のんこさん!

そうですね~世間的にはドラマの主題歌にもなった「DESTINY」が1番目玉曲でしょうね~。ののんが昔聴いてた日曜日のユーミン司会のFMでは、やたら「緑の町に舞い降りて」のリクエストが多かったのを覚えてます。
個人的には「’78」のみょ~にエキゾチックなコーラスが頭に焼き付いてますが(笑)

ところで私もユーミンのアルバムの中の目立たない曲や、シングルのカップリング(昔だとB面)の曲ってけっこう好きだったりします。このアルバムだと「さまよいの果て波は寄せる」とか。
ののんが勝手に選ぶユーミン史上もっとも派手なアルバムは「REINCARNATION」。表題曲のほか、「オールマイティ」「星空の誘惑」「ESPER」「ハートはもうつぶやかない」「心のまま」とパワフルな曲がこれでもかってほど入ってますが、「ずっとそばに」や「経る時」が好きでたまらないんですよね(笑)

’90年代後半頃、何度か彼女のライブに行ったことがありますが、ツアーの新曲以外の過去の曲をかなり斬新なアレンジで歌ってたのが印象的でした。
コート姿で真っ暗な中サーチライトを持って歌う「時のないホテル」、パジャマ姿でぴょんぴょん跳びはねて踊る「一緒に暮らそう」、まるでアイドルみたいなノリの「14番目の月」←しかもアンコール(笑)いやはや脱帽でした。

てなわけで今日のBGMは沢田研二の’89年のアルバム「彼は眠れない」から「静かなまぼろし」。ユーミンのアルバム「流線形’80」の中からのカバー。ラストの「もう忘れて~」の声の伸びがもうこの世のモノではなくて素晴らしい!この1曲のために買ったアルバムです(笑)

P.S.
めっきり寒くなって参りましたが、お風邪など召さぬ様、足元のホースにはくれぐれもお気を付けください。へっぷし!←お前がな
MORIOKAというその響きが、ロシア語みたいだった
>猫人間ののんさん

こんばんは(^^)。いえいえ遅コメントなんてとんでもないです、読んでいただけるだけでも嬉しいというのに、いつも楽しく奥が深いコメントありがとうございます。

コメントタイトル、ののんさんの真似をして「緑の町に舞い降りて」より歌詞を抜粋です(笑)。この部分が妙に印象的で「う~ん、確かに?」と思ったものです。
ユーミンの数あるアルバムの中では、この「悲しいほどお天気」はとても好きでよく聴いていたんですが・・・こんなに反応していただけるとは思っていませんでした(笑)。ののんさんと、やっぱりどこか音楽の好きなツボが同じなんでしょうね。「REINCARNATION」も大好きです!そう、その中でも「経る時」!!ああ、この歌のことを語れるとは思ってませんでした(笑)。「ずっとそばに」も名曲ですが、この「経る時」こそ、アルバムの隠れた名曲なのではないかと・・・もう、わけがわからず感動しちゃうんですよこの歌を聴くと。ピアノで何度も弾いてみましたし。

ユーミンのライブって、すっごく凝っているって印象なんですが(衣装とかステージセットとか)、まだ行ったことはないので、一回くらいは行ってみたいです。ただちょっとした小耳情報によると、歌はかなり下手???とのことですが(^^;)実際はどうなんでしょう。

沢田研二が「静かなまぼろし」をカバーしていたなんで初めて知りました(笑)。さすがののんさん、情報通(というか素晴らしくマニアック?)です!私なんて、ユーミンの歌をカバーした人たちといえば、ハイ・ファイ・セットくらいしか思い浮かばないです・・・。

冬場にホースで水を浴びちゃうのはキツイですね(笑)。何か勝手にお仕事中の様子を思い浮かべてみたりして・・・。風邪は2週間前からひき始め、先日ようやく治ったとことです。これから年末にかけて世間一般的に忙しくなりそうですが、ののんさんもどうぞ風邪などにお気を付け下さい!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。