アクセス解析
レンタル掲示板
サニーデイ・サービス 「東京」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/10/15.Wed

サニーデイ・サービス 「東京」

東京サニーデイ・サービス「東京」(1996)

こちらの記事で触れましたが、サニーデイ・サービスです(最近、再結成されましたね!)。Youtubeで聴いた「あじさい」がとにかく気に入ったので、その歌が入った彼らの2ndアルバムを聴いてみました。

最初に思うことは、ボーカル曽我部さんの歌声がとっても良いこと。声質が好み!ちまたのレビューでは「ボーカルの音が外れてる」なんてあったけど、そんなこと全然ないじゃん。むしろ上手いと思いますがどうでしょうか?90年代のバンドでありながら、影響を受けたとされる「はっぴいえんど」の面影。確かにどこか懐かしい70年代風な感じがします。歌のタイトルや、歌詞にも英語とか1つもなくて、ただただ春の香りがしそうな恋心、小粋でちょっと甘酸っぱい曽我部さんの詞の世界。「ですます調」が余計にもはっぴいえんどを彷彿とさせるというか・・・と書きつつ、私ははっぴいえんどの歌は「風をあつめて」くらいしか知らないんだけどね(しかも楠瀬誠志郎がカバーしたバージョン)。

けど、不思議と古くさい感じは受けなかった。フォークソング、フォークロック、ブルース調やウェスタン調な歌もある。その中でも「あじさい」は、ちょっと色の違うアップテンポな歌だったんですね。アルバム全体がそうじゃなかったことにガックリきたけど、「恋色の街角」(フルートのアレンジが良い!)や「いろんなことに夢中になったり飽きたり」とか、ほっこりしてすごく好き。この頃の音楽とは毛色が違うし、でも丸っきり70年代というわけでもなく、それはやっぱり彼らの個性なのかなーって思いました。
J-pop | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
おぉ!
僕はサニーデイのアルバムの中でも、これを一番聴きました。
「あじさい」良いですよね~!
何とも言えない湿っぽさを感じます。
今だに、梅雨になるとフッと聴きたくなるのです。
サニーデイは、どのアルバムにも、好きな曲が必ず何曲かは見つかると思いますよ~。
あじさい
>sunさん

こんにちは^^

「東京」は代表的なアルバムとしてよく上げられていますよね。でもホント、「あじさい」は湿っぽさっていう表現ぴったりです!聴いていて何か情景が浮かんでくるような・・・。舞台は鎌倉??どこか70年代風なビデオクリップも好きです。(曽我部さんの髪型が特に・・・笑)今度、カラオケで歌ってみようかと思います(笑)。
余裕が出来たら、また何かアルバム聴いてみようかな~って思っています。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。