アクセス解析
レンタル掲示板
溝口肇「yours;classic」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/09/21.Sun

溝口肇「yours;classic」

yours;classic私の大好きなチェリスト溝口肇さんの最新作、"yours"シリーズ第3弾は、クラシックの名曲をカバーしたアルバムです。このカバーシリーズ、3枚目まで出るとは予想外だったし、まさか溝口さんが弾くクラシック曲が聴けるとも思ってもいませんでした。いろいろと意外な成り行きですが(もちろん良い意味でね)、彼の奏でるチェロの音色は、どこまでも深くて本当に素敵な音です。

例えば1曲目のバッハのプレリュード(無伴奏チェロ組曲)を、溝口さんが弾いたものと、専門的なクラシック演奏者が弾いたものと、2曲を聴き比べたとします。その時に私はどちらが溝口さんの音なのかわかるかしら?と考えてみました。これ、わからないとファン失格かもしれませんが、8割くらいの確立できっと私は違いがわかるだろう、と確信しています(おお~笑)。その手掛かりは、楽曲のアレンジにもあるんです。あの独特な寂寥感(私が一番好きな部分)、お洒落でジャジーな雰囲気、ふとした瞬間に「溝口メロディだ」と感じることがあり、有名クラシック曲の中にもちゃんと彼の個性が反映されているんですよね。

まあ、正直な話「またカバー?!」とか思いましたが(←やっぱ、ファン失格;;)、繰り返し聴くたびに味わい深くなる1枚です。選曲もどれも有名で一度は聴いたことのある曲なので、クラシックに疎い方でもすんなり聴けるのでは?と思います。特にオペラ「トゥーランドット」より”私のお父さん”が選曲されているところなんか、タイムリーだなぁと思います。

余談ですが、チェロの弦って1セットが4万円くらいするんですってね(溝口さんのブログに書いてありました)。チェロ自体もきっと高級なんでしょうが、弦も消耗品なだけに相当お金が掛かりそう・・・。
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。