アクセス解析
レンタル掲示板
熊木杏里「私をたどる物語」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/02/28.Thu

熊木杏里「私をたどる物語」

私をたどる物語タイトル曲ほか2曲収録の、シングル「私をたどる物語」。

この歌を初めて聴いたのは、何かのNHKの音楽番組だったと思う。素直に、いい歌だなーと思った。ドラマ「金八先生」の挿入歌に使われていたそうで(ドラマの方は未見。最近、本当にテレビを見なくなってしまって・汗)、歌詞は武田鉄也が書いています。金八先生らしい歌詞・・・ジーンときちゃった(TT)。こういう気持ちや感情は、中学生くらいの敏感な時期に、よく思ったことかもしれない。ビミョーなんですよね、思春期は(笑)。・・・しかしこんな歳になった今の自分もまた、違った意味でビミョーなんですけれどね(^^;;)。

さて、この熊木杏里さんの歌声も良いのです。普通と言えば普通なんだけど、アコースティックなサウンドに馴染む、華奢な感じのきれいな高い声。ちょっと原田知世に似ているかな?歌い上げるタイプが好きじゃない私には、彼女の歌声は耳に心地よいです。

で、2曲目に収録されている「ヒトツ/フタツ」という歌も、とっても気に入ってしまった。アコースティック・ギターの音色が優しくて素敵。そして、こんな風にシンプルな歌詞が書けたらなーって思う。今度私も挑戦してみようかしら??素直に、心の内を表現できたら素敵よね、って、ものすごーくダーク&ドン引きな歌詞になりそうで怖いが・・・(爆;)。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。