アクセス解析
レンタル掲示板
TM NETWORK -REMASTER- ライブツアー ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/12/01.Sat

TM NETWORK -REMASTER- ライブツアー

tmnetwork.jpg11/26、渋谷C.C.Lemonホール(前・渋谷公会堂)にて、TM NETWORKのライブに行って参りました。今年6月の、NHKホールでのライブには行ったのですが、その時は小室さんは不参加。今回のライブでは、久々の3人揃ってのライブとなりました。

とにかく感想ですが・・・生の演奏、ライブの音に感動っ!でっかいスピーカーから体に伝わる音の振動、会場の臨場感や熱気、そして懐かしい楽曲の数々。ああ、これぞライブの醍醐味!会場にいるファンしかわからない特権!自然と心と体が盛り上がり(笑)、いつも誘ってくれる旧友のEちゃんの振り付けを横目で必死に真似しながら(笑)、一生懸命ライブのノリについていったのです(笑)。

12/5に新譜をリリースする彼らですが、今回のライブでは昔の懐かしい楽曲を中心に演奏。私はTMと言えば、アルバム「CAROL」までのファン。それ以降の歌はちょっとわからなかったりするのですが、知っている歌ばかりだったので、楽しむことが出来ました。「Self Control」「Be Together」とか「Get Wild」とか、もう涙モノ!!ウツのボーカルも褪せていない!時折、歌詞を間違えてたけど(笑)そんな様子も可愛く思えてしまったり・・・。というか、とても50歳(木根さんも)とは思えませんよ!ちなみに小室さんのお誕生日が、このライブの次の日とのことで、ささやかなバースデー・タイム?もありました。

やっぱり青春時代(笑)に聴いた歌というのは、自分の中ではいつまでも色褪せませんね。そして生演奏って、いいな~~~と改めて実感。それはどんなステージでもそうだと思います。今回のようなロックでも、クラシックコンサートのような静かな音楽でも、そしてアリー・カーのような規模の小さいgigでも、ね(^^)。
J-pop | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
TM NETWORK
こんばんは。
突然のカミングアウトですが、僕が小学6年生で初めて親にCDラジカセを買ってもらった時、最初にトレイに乗せたのは何を隠そうTM NETWORKの「GIFT FOR FANKS」です。
CDが普及し始めた80年代末、音楽の授業で初めて目にした七色に輝く円盤に子どもの頃の僕は衝撃を受けました。
父にねだって買ってもらったCDラジカセはpanasonic製で、値段は65,000円くらいしたと思います。>今だったらパソコン買えちゃう(笑) 
僕のクラスにもなぜかpanasonic製のCDラジカセが置いてあり、担任の先生がリベラルな人だったので、休み時間や給食の時間に好き放題、僕が持参した「GIFT FOR FANKS」をかけることが許される状況でした。友達「この曲なんていうの?」僕「えっと、1974」こんな他愛の無い会話の断片もハッキリと記憶にあります(笑) 
小学6年生の1年間は僕の人生の中で一番楽しかった時期で色んな思い出がたくさん詰まっているので、その1年を共にした「GIFT FOR FANKS」全ての曲に格別な思い入れがあります。"passenger"のラップ導入なんて、当時としては革新的ですよね。当時はラップなんて言葉も音楽も知らなかったですから。当時は"1/2の助走"が好きだったけど、今は"8月の長い夜"が好きです。ラスト3曲("nervous"→"you can dance"→"self control")の流れは今聴いても神がかり的ですね!
さて、そんなTMですが90年代に入りTMNに改名後は全く聴かなくなり、僕の中での評価も一気に下がりましたが、80年代のTM NETWORK時代の小室氏は確かに良い仕事をしていたと思います。

長すぎる前置き、失礼しました。ここから記事のコメントを書きます(笑)
>「Self Control」「Be Together」とか「Get Wild」
凄い選曲!その場にいたら、僕も涙ぐんでいたかもしれません(笑)
小室サウンドも当時のアレンジで演奏してくれたら号泣していたに違いありません(笑)
ウツはもう50歳なんですねー。高音部分とかキツイのでは?声質の劣化はあったのでしょうか?
何より、ライヴを満喫できたようで良かったですね!
コメント、感涙です!
>keiさん

こんにちは!
うわ~それこそ「涙モノ」のコメントありがとうございます~♪かみ締めながら、読ませていただきました!keiさんもTMを聴いて育った(?)世代だなんて、しかも初CDが「GIFT FOR FANKS」とは驚きです!というか、とっても渋い小学6年生だったんですね。
>友達「この曲なんていうの?」僕「えっと、1974」
この会話、何気に好きです(渋すぎ!笑)。

私もCDが出回り始めた時のことはよく覚えています。ふふ、keiさんより私のほうが数歳、年上だと思うんですが(笑)、それでも当時自分の力でCDラジカセを買う財力は無かったので、やっぱり親にねだって買ってもらいました。しかもビクターのコンポ。おそらく十数万はしたでしょうね・・・まあ、家族みんなで使ってはいましたが。

実は「GIFT FOR FANKS」は、私は持っていないんです。これって、ベストアルバムなんですね。さっき収録曲を調べて来ましたが、なるほど、オリジナルアルバム3枚分からの選曲なんですね。確かに「passenger」って、ラップを導入してますね(笑)。ホント、当時としては革新的だと思いますよ。あの頃、TMを聴いている自分に、「こんな流行りっぽい音楽を聴いていていいのかしら?」とか思ってたくらいです(笑)。ちなみにアルバムだったら「humansystem」と「self control」が好きです。前に記事にも書きましたが、私が初めて買ったCDが、シティーハンターの「ドラマチック・マスター」なので、やっぱりここでもTMとは縁があり・・・というかこのアニメからTMを知ったんでした、私(^^;)。

ライブはとーっても良かったですよ。ウツの歌声はちっとも衰えていなかったです。高音部もきれいに出ていました。スタンドマイクをクルクル回しながら(笑)軽やかに歌って踊って、とってもカッコ良かったです(^^)。3人のMCも楽しかったです!ファン層はやはり女性が多かったですが、男性ももちろんいました(超ノリノリでした・笑)。keiさんももし行ったら、絶対涙ぐめたと思います!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。