アクセス解析
レンタル掲示板
大貫妙子「PURISSIMA」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/11/12.Mon

大貫妙子「PURISSIMA」

onukitaeko_purissima.jpg大貫妙子「PURISSIMA」(1988)

大貫さんの歌を本格的に聴きだしたのは、このアルバムからだったでしょうか。私が持っているのは、93年に再販されたものですが、現在は廃盤のようです。こんなに素敵なアルバムなのに、すごく残念。

彼女のアルバムは、その作品ごとにテーマカラーがあって、この「プリッシマ」はとってもヨーロピアン調でクラシックな雰囲気。ジャズやボサノヴァっぽい歌があったかと思えば、パリの街角を歩いているような歌や(ってどんな?)、何かとてもお洒落で上品なのです。ピアノやバイオリンなど、アコースティックな楽器が最小限に使われているのも特徴かな。

ホントに久しぶりにこのアルバムを聴いたのだけど、やっぱり大貫さんの歌声ってきれいですよね。そして個性的。私的には「月のきざはし」という歌に思い入れがあって(そうです、某コミックのイメージアルバムに収録されていた歌ですね<わかる人にはわかる;)、これを聴くと昔の遠い記憶がよみがえります(遠い目)。あとは「Good Luck!小さなショーウィンド」や「或る晴れた日」も、すごく好き。切なさ、寂しさ、胸が一杯になるような言葉では言い表せないような感情。とにかく引き込まれてしまいます。
J-pop | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
Shall we sing a song?
ご無沙汰しております。猫人間゛焼酎の牛乳割りでお腹ゆるゆる”ののんです。生ビールのトマトジュース割りも…以外略(オープニングから失礼しました)。
あら~このアルバムも廃盤ですか~。なんか淋しいですね。
『月のきざはし』は私も名曲だと思います。このアルバムのラストチューンとしてふさわしいですしね。
私は大貫さんのアルバムって、なにげにラストチューンに名曲が多いと思ってます。『春の手紙』、『ただ』、リプライズですけど『黒のクレール』などもろ好みです。
ちなみに私が大貫さんの歌を聴くきっかけになった曲は『色彩都市』でした。今でも大好きな1曲です。
てなわけで今日のBGMは、高橋洋子『新しいシャツ』。
えばんなんちゃらの主題歌で大ブレイクした彼女ですが、私はデビュー当時から聴いてました。この曲、坂本教授アレンジの大貫Verもせつなさ全開の名曲ですが、高橋Verはアコギとキーボード(てゆーかエレクトーン)がメインのせつなさ+爽やか仕様。
未聴でしたら、ぜひ1度ご試聴オススメのナイスチューンじゃよ!←肌寒くなったのでじじいキャラ(笑)
きっかけは「メトロポリタン美術館」
>猫人間ののんさん

お久しぶりです。毎度のことながら、面白くて凝ったコメントをありがとうございます(笑)。牛乳の焼酎割り?じゃなくて、焼酎の牛乳割りってすごそう(笑)。カルーアミルクみたいな感じ?お酒と無縁な生活なので想像つきません・・・。

そうですね、わりかしどのアーティストもそうですが、最後に収録されている歌って素敵なもの(特に寂しげな歌とか)が多いですよね。大貫さんで言えば他にも「はなひらく夢」とか「突然の贈り物」とかありますし。私も「色彩都市」って好きです。「みずうみ」や「海と少年」とかも好きです。で「黒のクレール」も好き・・・ということは、アルバム「Classics」が好きなんですね~。
でも「新しいシャツ」って聴いたことがないんですよ。高橋洋子さんも名前した見たことなくて、歌は未聴です。機会があったら聴いてみますね。

さっきCDラックを見てきたら、大貫さんのアルバムだけでも、10枚以上持ってました。気に入ると全部集めてしまう、悲しい性(さが)なのです。(いえ、熱心なファンとも言いますね・笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。