アクセス解析
レンタル掲示板
服部良一 ~生誕100周年記念トリビュート・アルバム~ ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/11/11.Sun

服部良一 ~生誕100周年記念トリビュート・アルバム~

服部良一~生誕100周年記念トリビュート・アルバム~今の若い人たちに、服部良一って言ってもわかるかなー?・・・などと、オバサン臭いことを書いてしまいましたが、でも服部克久さんだったら、知ってるでしょ?
(ん?知らない?^^;)

服部良一生誕100周年を記念してリリースされたこのトリビュート・アルバム、カバーしているアーティストの面々がすごいのです。小田和正、福山雅治、さだまさし、ゴスペラーズ、徳永英明、森山良子などなど、クラシック畑からは佐藤しのぶやヘイリー、はたまた関ジャニ∞や松浦亜弥まで。このCDは妹から借りて聴いたのですが(妹の好きなレ・フレールというピアノ・デュオも参加しているので)、正にJ-pop路線の売れ筋アーティストがカバーしているんです。もしこれを、演歌の人たちがカバーしたらどうなったんだろうなぁ?普通すぎて、売上げとか話題性に欠けたかも?

私も決して原曲には詳しくないし、実は殆ど知りませんが(まあ、そりゃそうだ。だって殆ど戦前の歌だもの)、「東京ブギウギ」「銀座カンカン娘」「青い山脈」「蘇州夜曲」等々、テレビの懐メロで耳にするような有名な歌がずらり。感想としては・・・そうね、かなり今っぽくアレンジされてますけど、私としては結構好きです。これをリアルタイムで聴いてきた方々には、おそらくかなり違和感はあると思うけど、これはこれで別物、良いんではないかと。まあ、カバーアルバムってそういうものですしね。
私にとっての目玉は、小田和正さん歌う「蘇州夜曲」。もともと、メロディも歌詞も素敵な歌なので好きなのですが、囁くように静かに歌う小田さんバージョンもなかなかです。

服部良一の作品は、こうやって聴くと当時としては「モダン」だったんだろうなーと思います。曲名にカタカナが多いことにも気付きました。メロディもブギやジャズの要素あり、どこかポップで華やかです。いつか原曲の方も聴いてみたいです。うちにもレコードで残っていて、何曲かは知っているんですけどね。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。