アクセス解析
レンタル掲示板
「Labrador 100」 Part4 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/08/14.Tue

「Labrador 100」 Part4

Labrador 100Part4 May 2005 - February 2007

聴き応えのあるLabradorの4枚組コンピアルバム。こちらの記事で1枚目のレビューを書きましたが、今回はいきなり4枚目(紫色のCDケース)の感想です。聴きこなすのに、3ヶ月もかかってしまった・・・。

しかしこの4枚目、The Legendsの登場比率が高い(笑)!26曲中6曲が彼の歌です(比率23%・笑)。まあ、レーベル・オーナーさんだからいいっか。てか、シングルを結構出していたのですね。私はThe Legendsのアルバム自体は持っていませんが、このコンピにこれだけ入っているから、特に購入の必要も無し!ですかね。

記念すべき100枚目のシングルが、今人気のThe Radio Dept.の「We Made The Team」。ちょっとリズムがレゲエ調?ですが、独特の哀愁感は健在。他にLoveninjasやThe Mary Onettesといった、Labradorで売り出し中の新人アーティストが結構収録されています。私が初めて聴いたアーティストでは、女性ボーカルのSambassadeurが良かったです。

<勝手にベスト★7>
1.The Mary Onettes/Lost
2.Acid House Kings/Will you love me in the morning?
3.The Radio Dept./Pet grief
4.Loveninjas/Keep your love
5.Sambassadeur/Ice & snow
6.The Legends/He knows the sun
7.[ingenting]/Slapp in solen
洋楽 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
こんばんは。

4枚目ですか。
なぜか個人的には一番インパクトが弱いのがこの4枚目でした。
そこそこ好きなアーティストはいるのですが
好きな曲は1~3枚目に入っているようで。
The Legendsは確かに多すぎですね!!

この場をお借りして私も5曲だけ選んでみました。
順位はなしです。

Sambassadeur/New Moon
Suburban Kids With Biblical Names/Marry Me
Irene/Waterfront
[Ingenting]/Punkdrömmar
Loveninjas/Keep Your Love

LoveninjasはJohnny C(やや苦手)のイメージが強かったのですが
改めて聴いてみたら他の2曲はなかなか良かったです。
>atpaleysさん

おはようございます~。

早速のコメントありがとうございました。
選曲された歌、たった一曲しか私とかぶりませんね(笑)。確かにLoveninjasのJohnny Cは、ちょっとクセがあるんで好き嫌いが分かれそうです。Loveninjasのアルバムの中の方が、もっといい曲がありますよ。
実はまだ2枚目、3枚目はよく聴いていないんです。手っ取り早く、知っている歌が多く入っている4枚目をずっと聴いてしまいました。
[Ingenting]は英語じゃないですよね。母語のスウェーデン語で歌っているんでしょうか?Ireneは曲調は良いんですが、歌声がちょっと低すぎてう~ん・・・という感じでした。
おはようございます。再度おじゃまします。

[Ingenting]はスウェーデン語で歌うLabrador唯一の
アーティストというのがキャッチフレーズのようです。

Ireneのヴォーカルはクセがあったので
私も初めはあまり聴かなかったのですが
何度か聴いているうちに少し好きになりました。
プレスリーやトム・ジョーンズっぽくもあり
60's全開の感じが良いです。
>atpaleysさん

やっぱりそうなんですね。
世界で通用するには英語なんでしょうが、スウェーデン語の方が地元の人は良いんでしょうね、本人も含めてやっぱり。

そうですね、Ireneは60年代の雰囲気ありましたね。ラブラドールって色んなタイプのアーティストが居ますけど、妙に今っぽくないところが良いです^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。