アクセス解析
レンタル掲示板
輸入盤のCDにひと言! ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/06/30.Sat

輸入盤のCDにひと言!

1年以上も前に、こちらの記事で輸入盤のCDに文句を言ったけど(汗)
最近特に気になるのが、CDを買った時に封止めしてある
「ケース上部側面に貼ってあるシール」ですね(^^;)。
そう、プラスティックケースに直にペッタリと貼ってあるやつ。
もう、はがすのにひと苦労ですよ。オーバーかと思うかもしれないけれど
早く封を開けて中身を見たい時は、結構イライラするもんです(汗)。
中には簡単にはがれるものもあるんだけど、ベタベタして上手くいかない時もある。
時にはきれいに取れなくて、シールの跡が残っちゃったり・・・(TT)。
全ての洋楽の輸入盤がそうじゃないんだけど(デジパック仕様とかはさすがにね~)
このシールタイプだと軽く凹みます。
ああ、海外の人は平気なのかしら??英語が出来ればインタビューしたい(笑)。
何か、つくづく日本製は親切だわ~って思っちゃう。
CDに限らず、何でも扱いやすいように工夫がされているしねぇ。

最近では、洋楽の歌詞カード無しには慣れました。
自力で内容を理解しようとしています(いえ、してません・笑)。
インディなどは、そういう場合がとても多いですしね。
だけどどうしてなんだろう?やっぱ、経費節減のためなのかなぁ?
音楽話いろいろ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。