アクセス解析
レンタル掲示板
「天空の城ラピュタ」サントラ&イメージアルバム ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/06/18.Mon

「天空の城ラピュタ」サントラ&イメージアルバム

天空の城ラピュタ サウンドトラック 飛行石の謎天空の城ラピュタ イメージアルバム 空から降ってきた少女(左)サウンドトラック
「飛行石の謎」 

(右)イメージアルバム
「空から降ってきた少女」


先週ですがまたまたテレビ放送してましたね~!映画「天空の城ラピュタ」。途中からだったんですが、思わず見てしまいました~~~。何回見れば気が済むんだ!というくらい、本当に見てしまうアニメです。宮崎アニメの中では、やっぱりこれが一番好き♪

で、今回はラピュタのサントラ&イメージアルバムのお話なのですが・・・もうこれ自体も本当によく聴いたCDなんですよね(というか、CDで買い直したのは10年くらい前で、最初は友人からテープにダビングしてもらって聴いてました←学生時代の遠い昔の話^^;)。
この映画の主題歌「君をのせて」のメロディが基礎になって、いろんなアレンジで随所に使われるのですが、これが良いのですよね~。物悲しく感動的で、特にピアノだけで演奏されるバージョンが好きです。自分でも楽譜を買って練習してしまったくらい。

久しぶりに聴いてみたら、映画ではサントラだけじゃなく、イメージアルバムからも使用されている曲があることを発見。だってサントラの方には「飛行石」や「ハトと少年」のシーンの曲は入ってないものね。これはやはりどちらのCDも持っていなきゃいけないということですな(ファンは・笑)。
宮崎アニメの映画の良さは、音楽も良いということなんですよね。そう、久石譲さん無しでは語れません!彼のどこか寂しく物悲しく優しいメロディがとっても好き。それにシンセ+オーケストラのバランスも好きです。生楽器だけでもいいのだけど、電子楽器が入ることによってストーリーのファンタジー性が生きる感じがするのですよね。

ではついでに映画のお話も(笑)。
最初に書いたとおり、途中から(シータ達がタイガーモス号で働くあたりから)見たんですが、やっぱりこの映画は脚本がいいなーということ。宝の島を見つけに行く話しならたくさんあるだろうけど、話しのテンポがすごく良いんですよね。特にドーラ達の会話がかなりいけてると思いました(笑)。あの絶妙なやり取りって、客を飽きさせない工夫がされてますよね。もちろん映画のストーリー自体も、すっごく良いんだけど・・・。まるで自分があの冒険に行っているような気分になります(笑)。

何か語り出したら止まらないのだけど・・・私はこのアニメの「奥行き」が好きなんです。距離感っていうのかな。例えばスラッグ渓谷の風景とか飛行シーンの空や海、高い所と低い所の「差」に引き込まれそうになるんです。平坦な地が舞台ではない所も魅力の1つではないかと思っています。

ああ、何だかアリー・カーのことより熱く語ってる??(笑)
では最後に・・・・「目がぁーーー目がぁーーーー」←ムスカの大名言(笑)
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。