アクセス解析
レンタル掲示板
The Mary Onettes 「The Mary Onettes」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/06/17.Sun

The Mary Onettes 「The Mary Onettes」

The Mary Onettesやっと届きました!スウェーデンのバンド、The Mary Onettesのデビューアルバム!
画像だとよくわかりませんが、地味っぽい?と思っていたジャケット(歌詞カード)は、黒でまとめたシックな雰囲気。黒枠が窓になっていて、後ろの風景写真がそこから見えるようになっている、意外にも(失礼;)お洒落なデザイン。

シングル「LOST」についてはこちらの記事で書きましたが、80~90年代の音楽を好むメンバーが集まり結成(2000年)されたというだけあって、アルバム全曲が80年代くらいのNew Wave風味。うっかりすると古くさい感じも受けますが(余談ですが、ウチの妹が彼らの歌を聴いて「一体いつの時代の歌?」と言いやがりました^^;)いやいやどうして、私はこのバンドの歌好きですねー。

とにかく歌声がしっかりしていること。きっちりかっちりしているメロディも、少し暗めでクールな感じもあるんですが、例えばAメロ→Bメロ(サビ)→Cメロ、といった流れがハッキリしているので、わかりやすく聴きやすいんですよね。このバンドのクールさは、まさにジャケットの「黒」に表現されているように思っちゃいます。

「LOST」はダントツにお勧め曲ですが、初めて聴いた8曲目「HENRY」という歌に、ひたすら感動してしまいました。ひと言で言えば「切ない」風味。胸キュンです(死語?)。切ないコーラスに切ないボーカル。ギターアレンジも今のインディ・ギタポに通じるものありで、でも80~90年代チック。いやーーー切ない(しつこい^^;)。ということで、まだまだこれからの彼らの活躍に期待出来そうです。
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。