アクセス解析
レンタル掲示板
celestial 「dream on」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/06/01.Fri

celestial 「dream on」

Dream On [Import]The CharadeやThe Year Zeroも在籍する、Skipping Stones Recordsより、Celestial(セレスティアル)のデビューアルバムです。

これもやっぱり、arch recordsさんのサイトで視聴してみて「おっ??これは・・・」と心に留まったアーティストでした。メロディが何たってLove Dance路線!(つまりネオアコ系)程よくキラキラギターポップで、耳心地良し!私好み~♪と心をときめかせたのですが(笑)、ただ1つ気になる点がありまして。ちょっとボーカル(andreas)の声が弱いんですよね。声質はすごくきれいで好きなのですが、ボソボソ歌っている感じがして歌詞がよくわからないの。これは録音状態の問題?それとも・・・意図的?だって一緒に歌っている女性ボーカル(malin)の方は、はっきりした聴き取りやすい声だわよ?それがちょっと勿体ないと思ったのでした。

でもメロディ的には、すごくインディ・ポップのツボを押さえていて好きですね。Quince Recordsさんもこちらのページでレビューをアップしています。そう、malinさんの歌声が良いんですよね。彼女はメンバーではないということですが、特に「bluebell meadow」がとっても素敵な歌です。ブルーベルの花のことを歌った歌なんでしょうか?ギターの流れるようなシンプルな演奏と、幻想的な和音に懐かしさを感じます。

最近ではスウェーデン(もしくは北欧)のバンド・アーティストに、本当に輝くものを感じます。どんどん気になる歌が見つかるのはどうしてかしら?ある意味、完璧すぎないことが良いのでしょうか?お国柄的にセンスが良いのでしょうか?それともたまたまCDが流通しているだけ?ううん、やっぱり素敵なアーティストがいるからこそなんだと思います。
洋楽 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
andreasの
ヴォーカルは確かに線が細く、弱々しいのでmalinのコーラスに助けられている感がありますよね。
元々、シューゲイザー系のヴォーカルの人は囁くような歌唱法で、歌詞が聴き取れないのがほとんどなので、そこは意識したのではないでしょうか。

囁くような声
>keiさん
コメントありがとうございます。

なるほど、そういう見方もあるんですね。
andreasの歌声は透明感があってきれいなので惜しいなとは思ったんですが、逆に線の細い歌声をそのまま生かしているのだとしたら、それはそれで納得です。
こんばんは。

いまMySpaceで聴いてきました。
どことなく90年頃のSarahレーベルのバンド
The Field Miceに似ているかなという感じがしました。
シューゲイザーにしたら、こうなりそうです。
http://www.myspace.com/thefieldmicesarah
http://www.myspace.com/thefieldmice1243

それからこのMalinさん
Labrador 100にも何曲かずつ入っていた
Douglas HeartとLaurel Musicの
Malin Dahlbergです。いい声です。
Laurel Musicのアルバム持っていますが
Skipping Stones Recordsでした。

「Bluebell Meadow」はいい曲ですね。
これは偶然だと思いますが
80年代スコットランドのネオアコ・バンドで
結構、一般的に人気のあったThe Bluebellsと
リヴァプールのThe Pale Fountainsの曲
「Meadow Of Love」というのを思い出してしまいました。
マリンさん
>atpaleysさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
さすがatpaleysさん、とっても詳しいんですね。
The Field Miceも今回初めて聴きましたが、Celestialに似ているなぁと思うよりも(確かに似ています!)、90年代からこういう風な音楽ってあったんだ、という感動の方が大きいです(無知すぎてすみません;;私は洋楽を聞き出したのが遅いのです・汗)。1曲目「song six」からして、私が今聴いているインディ・ギターポップに充分に通じるものがありますよね。というか、この頃の音楽が基礎になっているんでしょうか?

「Labrador 100」で早速聴いてみました。うわ~ホントですね、マリンさんの声です(笑)。彼女がDouglas HeartとLaurel Musicのメンバーというのは、何となく知ってたんですが、このコンピに入ってたとは、チェックが甘かったです。私は彼女の声を聴いて、ちょっとだけpaper moonに似てるかな?と思いました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。