アクセス解析
レンタル掲示板
アリーの歌を雰囲気で分けると ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/05/23.Wed

アリーの歌を雰囲気で分けると

さて、Ally Kerrの記事も書かなくては・・・ということで
大まかですが、アリーの歌を雰囲気別に分けてみました(笑)。

★アコースティック調+バラード
The Sore Feet Song
・And All The Stars Above Us Will Remember
・Future Mending
・Dislocation

★ミディアム・テンポの感動ソング
Midst of the Storm
Without You
・Another Winter's Day
・I Feel Fine
・Do You Believe?
・So Much More

★アップ・テンポの痛快ナンバー
・Calling Out To You
・All Alone Again
・Someone's Got A Crush On Me
Dream #4365
・Could Have Been A Contender

色が付いているタイトルは、特にお気に入りの歌です。
分けてみると「アコースティック調+バラード」ソングは、意外に少ないんですね。
それこそアコースティックギターだけの演奏は
「The Sore Feet Song」と「And All The Stars Above Us Will Remember」くらいでしょうか?「The Sore Feet Song」からアリーの歌を聴き始めた人が
アルバムを聴いてみて「意外だ!」と思う理由は、ここにあるようです。
そう、アリーの歌は基本的にバンドサウンドなんですよね。
だから「The Sore Feet Song」が、逆にアルバムの中では異色ということになるのかな。

アリーの歌の魅力は「ミディアム・テンポの感動ソング」に集結されている気がします。
特に上から3曲(EP収録曲ですね)は、自分の中では名曲です!
次のアルバムにも、そんな素敵な曲が収録されるといいな・・・。
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。