アクセス解析
レンタル掲示板
小田和正 「BETWEEN THE WORD&THE HEART」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/05/06.Sun

小田和正 「BETWEEN THE WORD&THE HEART」

BETWEEN THE WORD&THE HEART小田和正「BETWEEN THE WORD&THE HEART」
(1988)

この頃はまだオフコースとして活動していた(翌年解散)、小田さんの2枚目のソロアルバム。小田さんと言えば「ラブ・ストーリーは突然に」のヒットが思い浮かぶけれど、まだその歌が世に出る前。収録曲に特に目立った歌は無いのですが、地味ながらも上品で優しい、私が一番好きなアルバムなんです。

現在でも人気は衰えず、そして第一線で活躍中の小田さんですが、歌声も相変わらずの美声で、小田メロディも健在(そしてちょっと毒舌な小田節も?笑)。とても今年に還暦を迎える歌声とは思えません。もちろんそんな彼も好きなのですが、このアルバムにはやはりその時にしか出せなかった輝き、爽やかさがあると思うんです。

明らかにオフコース時代の歌とは違う楽曲。バンドサウンドを抜け、じっくりと聴かせるメロディ。ただ男女の恋愛を綴った歌詞ではなく、不安や迷い、過去を振り返るといった、小田さんの繊細な心の内が見えるような歌詞。正にアルバムタイトル通り「言葉と心の間」がテーマになっている一枚だと思いました。そして何よりも感じるのは、このアルバムに漂う「静かな」雰囲気。一見暗い、もしくは地味と取れるかもしれませんが、柔らかく優しい歌ばかりだと思っています。

オフコースの名曲「僕の贈り物」のセルフカバーや(アレンジが素敵!)、これまた名曲「ムーン・リバー」のカバーが特に素敵です。オリジナル曲では「一枚の写真」が大好き。あとタイトル曲も小曲ながらも、好きな歌です(^^)。
J-pop | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
君が、赤いちゃんちゃんこを、着た。(笑)
小田ファンならもう少しましなパロディーに出来ないだろうか、このタイトル(悔)
GWはどうお過ごしでしたでしょうか。猫人間゛実は居酒屋の主人”ののんです。
ええ~っ!小田さんてもう還暦なんですか!?なんであの美しい声が、いまだに出せるのでしょうか?スゴいの一言です。
確かにソロになってからの小田さんは、曲のコンセプトやアレンジが変わった印象がありますね。
ののんも小田さんの最大の魅力は声だと思うんですが、近年はプロデュース活動も精力的ですね。某アイドルグループに楽曲提供したり(笑)
のんこさんもHPに書かれてましたが、小田さんの声で聴きたい曲、いっぱいありますね!ホントにカバーもしくはセルフカバーのアルバムだしてくれないかしら?
TVライブで歌ってた佐野元春の『SOMEDAY』とか素晴らしかったな~。
古くは西条秀樹に提供した『眠れぬ夜』(オフコース名義の音源もありますが)、ちょっと昔なら鈴木雅之さんの曲とか…小田さんの声で聴けたらどんなに素敵でしょう。
ちなみに、ののん的『アルバム作るなら譲れない1曲』は、ハイ・ファイ・セット『忘れないわ』!コーラスアレンジとかギターソロとか、小田イズム爆発の名曲ですし!
…って言ったらやっぱりマニアックでしょうか?(笑)

あははっ(笑)
>猫人間ののんさん
こんばんは。いつも面白いコメントありがとうございます。
パロディ元ネタ、わかりますよ。「君が、嘘を、ついた」ですよね(笑)。わかってしまう私もオフコースおたく?(笑)というか、歳バレますねぇ(^^;)。
え?ののんさん、居酒屋のご主人さんなのですか?うわ~すごいですね。じゃあお酒お強いんでしょうね。私は全くダメです(汗)。ひと口飲んだだけで、タコ入道です。。。

そうなんです、小田さん今年で60歳ですって。それであの歌声ですからすごいのひと言ですよね。もしあと10年経って、まだあの美声が出ていたらそれこそ人間国宝でしょう・・・(^^;)。
本当に、カバーアルバムを出して欲しいです。「クリスマスの約束」や「風のようにうたがながれてた」を見て、本当にそう思いました。邦楽も洋楽も感動して、テレビの前で涙したほどです(笑)。
ハイ・ファイ・セットの「忘れないわ」良いですねー。はい、マニアック路線だと思います(笑)。私は「冷たい雨」とかもいいなと思います。元歌はユーミンですが・・・。あとは洋楽だったらPPMとかS&Gとかでしょうか。カーペンターズとかも聴いてみたいです!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。