アクセス解析
レンタル掲示板
The Sundays 「blind」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/12/01.Fri

The Sundays 「blind」

BlindThe Sundaysの2枚目のアルバム「blind」(1992)。

1stよりも更にスケールアップしている感がある。リアルタイムで彼らのことを知っていれば(これが本当に残念)、絶対ハマったと思う。14年前の作品とは思えないほど新鮮で、とても聴きごたえのある1枚です。

そんな訳で最近The sundaysのことを知った私なのですが、詳しくはこちらのファンサイト様で、勉強させていただきました。このアルバム、邦題として「硝子色の思い出」という、何ともピュアなタイトルがあったんですね。デビューは89年シングル「Can't be sure 」。これがいきなりインディー・チャートの1位になったっていうんだから、すごいよね。意外なことにアルバムは3枚しか発表していません。このアルバムの後、97年に「static & silence」が出て以来、リリースは無し、活動もどうなの?って感じなのかな。

さてThe Sundaysの魅力は、何と言ったって、ボーカルharrietの歌声!伸びがあって、きれいな声で、壮大さがあって、力強い!彼女の声に魅せられました。聴いていてなんて耳心地の良い歌声なんでしょう。なかなかめぐり合えない、天性の歌声?いや、本当に素敵!
このアルバムの中では「on earth」が一番のお気に入り。2分ちょっとしかない短い歌だけど、まさに壮大?グッと胸を押さえるメロディラインと、無駄のないバックの演奏。そう、彼らの歌もギターポップと呼ぶんでしょうか?エレキの静かな音が印象的です。

ところで・・・ジャケット写真がちょっと怖いんですが(笑)。ブックレットもこのお人形ちゃんのカットが・・・。CD盤面にまで(TT)。
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。