アクセス解析
レンタル掲示板
藤本恭子「しあわせの色彩(いろ)」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/11/26.Sun

藤本恭子「しあわせの色彩(いろ)」

藤本恭子「しあわせの色彩(いろ)」藤本恭子「しあわせの色彩(いろ)」(1992年)。

彼女のこと知ったのは、やっぱりラジオから。
ラジオからのエアチェックを欠かさなかった頃、カセットテープに録音してたのは「美術館行きバスに乗って」という歌。ほのぼのテイストのとっても可愛い歌でねー。ちょっとヨーロピアンな雰囲気。このアルバムなら代表曲は「うれしい時も かなしい時も」だと思うけれど、私はこの歌が一番お気に入り。

彼女の良さは、透明感のある歌声。それと季節感ある詩的な歌詞かな。藤本さんの歌を聴いていると、なぜかポプリやドライフラワーとかを売っている雑貨屋さんにいる気分になります(笑)。彼女自身もとてもきれいな人。美人で歌も歌えて・・・羨ましい!

あとで知ったんですが「香る花」という歌で、チェロで溝口肇さんが参加しているんですよね。こういう発見があるとすごく嬉しいなぁ。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。