アクセス解析
レンタル掲示板
MAMALAID RAG 「街灯/ふたりで目覚めたら」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/11/12.Sun

MAMALAID RAG 「街灯/ふたりで目覚めたら」

mamalaid_rag.jpg冨田ラボの「アタタカイ雨」という歌を初めて聴いた時、今のJ-popには無い良さを感じて、すごく気に入ってしまいました。よくよく調べると、歌っているのはママレイド・ラグのボーカル、田中拡邦さん。

それで聴いてみたのが、この「街灯/ふたりで目覚めたら」というシングル。「街灯」はアコースティック・ギターで始まるイントロがいい感じの、ミディアム・テンポの歌。なぜかとても懐かしい気持ちにさせてくれる、ちょっと70~80年代のポップス(フォーク?)みたいな、そんな歌なんです。それもそのはず、伝説のバンド「はっぴいえんど」に影響を受けたんだとか。

一番の特徴は、ボーカル田中氏の声。実は初めて聴いた時、もっと歳がいってるかと思ったら、20代の若者でした(ごめんなさい・・)。ちょっと今のJ-POPでは、あまり聴かない個性的な歌声なんですよね(あ、でも、キリンジの声にすごく似ています)。彼の声、いいなぁ。聴き心地がいいんだもの。ちょっとくぐもった感じの、でも割と高い声。そしてこの懐かしい感じのサウンドにとても合っているのよね。メロディーも安心して聴けるというか、ゆったりした感じ。こういう歌、逆に今の時代はとても新鮮なんですよね。そんな印象です。他のアルバムだとバンド・サウンドものもあったりしますが、このシングルはお勧めです。

そんな感じで注目しているアーティストなんだけど、バンドメンバーの片割れ、江口さんが脱退なんだとか。これから田中君1人でやっていくそうです。

ママレイド・ラグ オフィシャルサイト
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。