アクセス解析
レンタル掲示板
米良さんのこと ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/10/22.Sun

米良さんのこと

先日ビデオの整理をしていたら
米良さんが出演したテレビ番組を録画したビデオが出てきた。
久々に見てしまった。懐かしい~。米良さん、相変わらず面白い(笑)。
「夜来香」を歌っていたから、7~8年くらい前に録画したものだと思う。

ちょうど私が、米良さんの熱狂的なファンだった頃。
米良さんの歌声の魅力に取り付かれていた頃。
コンサートやサイン会に行きまくり、CDはもちろん関連書籍も買いまくり
当然のごとくファンクラブにも入りました(今でも会員です)。
当時、私がネットをしていれば、絶対ファンサイトも作ったと思う。
(米良さん自身は、パソコンやらない(苦手)みたいですね・笑)

今は、そんなファン心も下火になりました。
まだファンであることには変わりないし、米良さんのCDは今でもよく聴きます。
だから、飽きたとか嫌いになった、ということではないのですが
ただ・・・私はあの頃の、一番米良さんが調子が良かった時が好きなんです。
実は薄々気が付いてはいました。高い音が出しづらくなっていることを。
きれいな歌声が出なくなっていることを。
コンサートでは、明確にそれがわかってしまって・・・。残念に思ったことを覚えています。
今思えば、彼がスランプに入った時期だったんでしょう。
アルバムも、声の調子と自分の好みを考えると「この道」までかな、と思いました。
それ以降の作品は、歌のジャンルも様々で
いろんなことに挑戦する米良さんに尊敬の意をあらわしつつも
実は好きなアルバムはありません。
というより、一応CDは持っているんですが、聴きこなしてません(こらこら;;)。

あるサイトの、米良さんのCD総評を読んでいて、割と厳しい意見があるのに驚きました。
やっぱり「声の調子」を上げる人が多く、あとは「ジャケットで引いてしまう」とか(汗)。
まあ、「かれん」とかちょっとやりすぎの面もあったかなーとか思いますが(^^;)
問題は中身!!ですので。。。

去年リリースしたアルバム「ノスタルジア~ヨイトマケの唄」。
またこれも今までとは違うジャンルで、やはり音程キーはかなり低めの設定。
そしてテーマは・・・とても暗く重いのです。今現在の彼を投影するかのように。
改めて聴いてみると、やはり米良さんは「歌手」だなぁと感じます。
歌の上手さ、表現力においては抜群です。
ただ、私はまたあの絶頂期の「天使の歌声」が聴いてみたいと思う1人です。
できれはクラシックや日本歌曲で。そんな日は来るのでしょうか・・・。
クラシック | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。