アクセス解析
レンタル掲示板
AHK 「Mondays Are Like Tuesdays Tuesdays Like Wednesdays」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/09/02.Sat

AHK 「Mondays Are Like Tuesdays Tuesdays Like Wednesdays」

Mondays Are Like Tuesdays Tuesdays Like WednesdaysAcid House Kingsです。
このアルバム、買ってからあまり聴いていませんでした(汗)。私は、この次に出たアルバム「Sing Along with Acid House Kings」の方が好きで、いつもそっちばかり聴いてました。

でもね、繰り返し聴くと、やっぱりAHKの音楽だーーーって思っちゃう。このアルバムから正式メンバーになった、ジュリアのボーカルがまた良くて。きれいな可愛らしい声。1曲目「sunday morning」から、何だか切ない気持ちになるのです。そんなバラード調の切ない歌もあり、元気が出るパッパラーコーラスの歌もあり。実は最初は「あんまりまとまりのないアルバムかな(←生意気;)」なんて思っていたけど、今、徐々に好きなアルバムの仲間入りになりそうです。。。

ライナーノートの解説で印象的なのは、10曲目の「a new day, a new career」は、kings of convenience の「Quiet is the new load」を聴いた後、曲として完成した、という部分。そう言われて聴きなおすと、ギターのイントロがキンコニ(笑)してる~~~って思いました。静かでゆったりとした曲調がとても優しいです。

バンド的にはヨアキムが居なくなったりと、いろいろあったようだけど(次回作では復帰)、彼らの音楽はずっと聴き続けていきたいな。
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。