アクセス解析
レンタル掲示板
The Sundays と The Cardigans ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/07/30.Sun

The Sundays と The Cardigans

Reading, Writing and ArithmeticEmmerdale
(左)The Sundays 「Reading, Writing and Arithmetic」 (1990)
(右)The Cardigans 「Emmerdale」 (1994)

・・・うんうん、確かにpaper moonだ。納得!
おそらくこの2つのバンド、有名なので「何を今更」と思われるかもしれませんが(汗)
感想としては「私好み」の音と歌声!
paper moonを先に聴いてしまっているので
いかに彼らがこの2バンドの影響を受けているかがわかります。
似てます、声とか雰囲気とか!
(でもpaper moonはやっぱりpaper moonなのだけどね)
The Cardigansは、メランコリックで可愛い囁きボイス、どことなく悲しげでアコースティック。The Sundaysは、力強くて伸びのある歌声、壮大な感じのメロディとギター音が良い。

どっちが好きかと聞かれれば、私はThe Sundaysの方が好きかな。
The Sundaysのボーカル、harrietの声がすごく良いです。
聴いていて気持ちが高ぶるような(?)メロディ、ギターアレンジなんかも良い!
16年も前の作品だなんて、ちょっとそうは思えないです。今でも充分通じる音楽。
特に「here's where the story ends」「you're not the only one i know」は名曲!
ただ残念なことに、輸入盤には歌詞カードはありませんでした。
だから何て歌っているのか、よくわからない・・・(涙)。

The Cardigansは、スウェディッシュ・ポップと言う感じで
特に「rise & shine」(アルバム内で一番好きかも)のギターアレンジは
他のアーティストの作品でも同じようなものがあると思いました。
とにかく、The Cardigansは可愛らしいです。

うーん、1990年代初頭と言えば
私はまだ洋楽に目覚めていなかったからなぁ。
でもこうして、また素晴らしいアーティストの歌を聴くことが出来て
良かったなと思います。
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。