アクセス解析
レンタル掲示板
Carole King 「つづれおり」 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/07/19.Wed

Carole King 「つづれおり」

Tapestryキャロル・キングの歴史的名盤
1971年発売のアルバム「つづれおり」(原題:Tapestry)。
彼女の名前は何となく聞いたことはあったけれど、はっきり言ってよく知らなかった。日本のアーティストの歌の歌詞に、よく出てきたことあったよな?(ユーミンだったか、誰だったか・・・)くらいで、でも一応気になってはいた。
で、数年前に購入したのが、この超有名なアルバム。廉価版なのか、2千円もしなかった。

思えばさかのぼること10年以上も前。あるラジオで杉山清貴さんが「僕の好きな歌です」とかけた歌が「You've Got A Friend (君の友だち)」でした。歌っていたのはジェイムス・テイラー(これが、彼の音楽を聴くきっかけになったのですね~)。すごくいい歌だと思いました。当時はよくラジオからカセットテープに録音(エアチェック)をして、よく繰り返し聴いていたものです。
で。その歌がキャロル・キングの作った歌だと知ったのは、それから何年経ってからでしょうか。ジェイムス・テイラーが、彼女の歌を歌っていたんですね。好きなアーティストというのは、時々芋づる式に、どこかでつながっていることがあるようです。

私は最初、キャロルのちょっとくぐもったような声がダメでした。だけど彼女の作る歌、好きです。今もCDをかけていますが、歌声にももう違和感はありません。35年以上も前の作品だけど、古臭く感じないし、結構ソウルフルな歌もありますよね。そしてミディアム・テンポの歌「So Far Away」「It's Too Late」「Home Again」なんて、すごく好きです。なぜかとても懐かしい気持ちになります。
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。