アクセス解析
レンタル掲示板
2011年04月 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/04/24.Sun

え?廉価盤!?

OFF THE RADARAlly Kerrの2ndアルバム「Off The Radar」を久々に聴いています。

・・・っと、その前に。さっき気づいたんだけど、なーんと!この「Off The Radar」の廉価盤とやらが出ているではないですか!国内盤が980円ですよっ!?何だか嘘のようなお値段・・・。STAR SIGN RECORDSさん、思い切ったなぁ。何か理由でもあるのかしらん?まさか在庫を掃きたいとか、そういうことじゃないよね?(^^;)

ということで、アマゾンのリンクを貼っておきますね。まだこのアルバムをお持ちでない方、この際ですから買ってしまいましょう。ふふふ。。。

しばらく振りに聴いた「Off The Radar」は、まるで手編みのマフラーのような、手作りのケーキのような、そんな「手作り感」があるなぁと思いました。最近の私は、ディーパーズのような「完璧かつ完成度の高い音楽」を聴きすぎており、ある意味アリーの音楽が、ちょっと荒削りで何かが物足りないぞ?というふうに感じてしまったんです。・・・ごめんね。
しかしそんな素朴感がアリーの音楽の特徴なのですよね。あったかいんです。温もりがあるんです。どこか親しみがあるんです。そして重要なのは、心に響く何かがあるということ。それに共鳴したからこそ、こうやってファンになったのですから。

このアルバムの中で、個人的にイチオシなのが「Footprints」でしょうかね。もう何度も記事に書いてきましたけど、メロディ、歌詞、アレンジ、アリーの歌声、どれをとっても大好きな歌となってしまいました。そしてこの歌を聴くと、心の中が苦しくなってしまう自分がいます。個人的に、このアルバムが発売した頃の思いが蘇ってきてしまい・・・ちょっとつらかったからね、あの時は。大丈夫、もうこうやって歌を聴けるようになったのだし。

早くアリーの3rdアルバムの情報が記事に出来るといいなぁと思います。まだ製作中なのかな??楽しみにしていますからね~(^^)。
スポンサーサイト
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2011/04/20.Wed

グラスゴーからの「Love Letter To Japan」

「Love Letter To Japan」スコットランドはグラスゴーより、日本への震災支援としてチャリティーアルバム「Love Letter To Japan」がリリースされました。
詳しくはbitheadさんのブログ(teenagefanclub+log)で紹介されています。

BMX Banditsのダグラスによる呼びかけで届けられたというこのコンピには、The PastelsやThe Pearlfishers、The Starletsなどなど、グラスゴーのそうそうたるアーティストが。そして、その中にはもちろんAlly Kerrも参加しています。きっとアリーにとっても日本には大きな想い入れがあるはず・・・こうして遠い地から、音楽を通して助け合いの心が届けられることは、とても嬉しいし励みになりますよね。

ということで、とても久しぶりにAlly Kerrの記事です。
このコンピに収められているアリーの歌は「Could Have Been a Contender」です。このブログでも、こちらこちらで書いたように、以前に限定シングルとして発売された楽曲です。2ndアルバム「Off The Radar」にも収録されています。アップテンポでわかりやすい痛快なメロディに、コミカルな歌詞。とってもアリーっぽい歌なんですよね。この歌のリリースからすでに4年・・・本当に早いなぁと思います。

「Love Letter To Japan」は、bandcamp.comのページから購入可能です。試聴も出来ますので(もちろんアリーの歌も!)是非聴いてみましょう。・・・アリー、3rdアルバムはいつ出るのかなー?待ち遠しいです(^^)。
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(2) | Trackback(0)
2011/04/18.Mon

Coaltar Of The Deepers 「Penguin e.p」

Penguin e.p・・・この可愛いらしいペンギンのジャケットにダマされてはいけません。4曲中3曲がデス声の歌というディーパーズの「Penguin e.p」(2004)。ようやく聴きこんでいます。

いや~、今更私がどーのこーのと書くのも気が引けますが、とにかく感想だけは書かせて下さい!このシングルも本当に素晴らしいです!ひどく感動しました!デス声だらけの歌なのに、ですよ?だってやっぱり「デス声」だなんて私は苦手です。怖いし不快だし「何でそんな声を出さにゃならんの?」と思っちゃうし。
それでも聴けてしまうのは・・・ナッキーの普通の歌声があまりにも天使だからです♪♪デス声とは真逆の響き・・・だから余計にも天使に聴こえるの。その切り替えが素敵すぎるvv

1.Fastest Draw
<早撃ち>演奏はゴリゴリ、出だしのデスヴォイスもゴリゴリ。しかし突如中間部に現れるポップでキラキラしたメロディに、ナッキーの軽やかな歌声。この開放感は何?デスと天使がここまで調和するのも不思議なくらいな歌。

2.Wipeout
<全滅>三味線のイントロに度肝を抜かれるも、冒頭の歌い出しがまるで詩吟のように聞えてしまうのは私だけか?それともそれは狙い通りなのか・・・。和洋折衷、デスメタルなゴリゴリ感、ポップで天使なキャッチーさが混在した、これまた不思議な歌。ライブではメチャ盛り上がります。

3.Dead By Dawn
<夜明けまでの死者>もうこれは、PVを観まくりました(笑)。殺人鬼に扮するご本人が素晴らしい(メイキングを見るまではナッキーだとは気づかなかった・笑)。不安感をあおるようなイントロにデスヴォイス、それに続く希望の光を表現するようなナッキーの歌声。暗闇では終わらないのです。

4.Swimmers
<スイマー>この歌を聴いた時、思い浮かんだのは今井美樹の「泳ぐ」という歌。歌詞のニュアンスがもしかして?と。けだるく歌うナッキーが可愛らしく色めいています。メロディやアレンジが美しくて、とてもファンタジック。大好き。こういう歌もあるから、ディーパーズの音楽性の広さにひたすら感動なんです。

・・・ああ、また長くなってしまった(^^;)。とにかく充実しまくりのシングルです。完璧な作りとその音楽性の質の高さには、本当にびっくりです。NARASAKIさん、天才!崇拝します!
Coaltar Of The Deepers & NARASAKIさん関連 | Comments(4) | Trackback(0)
2011/04/11.Mon

The Twin Atlas 「Sun Township」

Sun Township米・フィラディルフィアの2人組、The Twin Atlasの2005年のアルバムです。

The Twin Atlasは、たまたまLINUS RECORDS さんの商品ページで知り、試聴した瞬間に好きになってしまったアーティスト。某大型外資系CDショップ(って、回りくどいな^^;)のオンラインで、とりあえず買ってみたのがこのアルバムでした。取り寄せにいやに時間かかるなーと思ったら、本国から遥々来た模様。なぜかCDジャケットが黄ばんでいるんですけど(汗)。売れなかったのか?(^^;)

アコースティックで瑞々しいサウンドに、フォーク調でポップなメロディ、派手さは無いけれど、心休まるような温かさのある歌たち。そして美しく繊細な囁き系のボーカル。本当に私はこんな歌声の男性ボーカルに弱いです。私の好きな音楽の傾向は、このThe Twin Atlasのようなアリー・カー系のサウンドか、轟音ギターのシューゲ系かのどちらかになってきたようです。しかし「メロディの美しさ」と「ボーカルの繊細さ」は共通条件でしょうかね。これは譲れません。

収録曲数が10曲の割りに、総時間30分弱というのはちょっと物足りないかな。あと、何となく演奏にもたつき感があるかも?と思ってしまうのは、気のせいか?どちらにせよ、他のアルバムも欲しいなぁと思う日々。そうこうしているうちに、ライナスさんで扱っていた新譜「Good Light」が売り切れてしまい、ショックを受けてしまったのんこでした。。。

The Twin Atlas Myspace
洋楽 | Comments(2) | Trackback(0)
2011/04/07.Thu

ライブでの物販ゲット品

cotd_2011_unit_20110405012407.jpgライブに行って、グッズが売っていたらどうしても買っちゃうよね~(笑)。

ということで今回買ったものは・・・Tシャツ、トートバッグ、缶バッチ(3個組)でした。特にトートバッグは生地も丈夫で、普段に使えるのか嬉しい。全部で4色ありました。これ持って通勤しても平気かしら?どのくらいのCOTDファンに気づいてもらえるかしらん?(笑)
そういや、来場者全員プレゼントって・・・やっぱりこの赤いステッカーだよね?そっか、、いや、ちょっと期待していたから(^^;)。ほら、20周年だし。。。(TT) ショボーン

そう、開演前や終演後に流れていた歌がこれまた良かったんですよね。誰の歌なのかまた全くわからなかったけど、シューゲっぽくてすごく良い感じだった。ナラサキさんの選曲なのかな?
Coaltar Of The Deepers & NARASAKIさん関連 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/04/04.Mon

Coaltar Of The Deepers ライブ!!@代官山UNIT

2011年4月2日(土)@代官山UNIT 「COALTAR OF THE DEEPERS 20th Anniversary」

行って来ましたよ~~~~!ディーパーズのライブ!!自分にとっては3回目です。たった数ヶ月の間に3回もライブに行けただなんて・・・私は何て幸運なんでしょうか(涙)。

ライブレポート、だなんて書くとあまりにもおこがましので(^^;)、とりあえず思いつくことをドンドコ書いちゃいます。何と言っても今回は・・・NARASAKIさんを間近に見ることが出来ましたっ!もうこれには感涙です。だって新宿ロフトの時は遠目で見るのがやっとだったんだもん。もうね、ナッキーの目の表情も見えた!(サングラスかけてなくて良かった・・・脱:みうらじゅんテイスト!笑)流し目ナッキーに萌えそうでした(笑)。乙女心(いや、オバン心?汗)炸裂!
そして!!ツイッターにも書いたけど、初めてモッシュの波に飲まれました(^^;)。初めは左側の真ん中くらいの安全地帯に居たのに、どんどん押されていつの間にか中央モッシュピットに潜入!曲が盛り上がるにつれモッシュ!モッシュ!(笑)押し合いへし合い、そしてそんな中でもライブのノリについて行かないといけないので、こんな私が飛んだり跳ねたり踊ったりで、そりゃもう、汗ダクダク&足ガクガク状態に(^^;)。最後の方は曲もよく覚えてないよ・・・。いやーライブでこんなに汗かいたのは初めてだわ(笑)。

20周年ライブということで(ご本人曰く、ずっとやり続けてきたわけじゃないけどって言ってましたけど)、ライブ構成や演出、セットリストやナッキーのMCまで盛りだくさんでした。2月の時にみたいに休憩を挟まなかったのが良かったかも。まぁ演奏曲目は、それでも新宿ロフト2日間の方がまんべんなく聴けたかも、ですが。。。ナッキー今回もゆるいしゃべりでしたね(笑)。意外とクールな人なのかなぁ。マイペースというか?声優になりたかったっていうのは初めて知ったわ。確かにアニメ声?というか個性的な声してますもんね。
「生きる証」として、まだまだバンドを続けて行って欲しいな。ホント、それだけ。かなり後追いでCOALTAR OF THE DEEPERSのファンになったけど、本当に素晴らしい楽曲を演奏するって実感しているから。
7月もライブが実現しますように。そして「ラビットEP」も!!(笑)
Coaltar Of The Deepers & NARASAKIさん関連 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。