アクセス解析
レンタル掲示板
2010年06月 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/06/20.Sun

Gomez 「In Our Gun」

In Our GunイギリスのロックバンドGomez(ゴメス)の3rdアルバム(2002)。

そういやGomezのことは、一回こちらでシングルのことを書いた私ですが・・・約4年前の記事、何とも内容の無い内容・・・(笑)。まぁ、そこにも書いてあるように、ハリウッド俳優のイライジャ・ウッド君が聴いているということだけで、私も真似っこしたんですが(笑)。今思えば、まだアリー・カーのファンになる前だったし、インディ洋楽ものには全く縁が無かった時だったんですよね。

たぶんそのシングルに続き、買ってみたこの3rdアルバム。購入後、数年間放置しておりました。ゴメンね、ゴメス・・・(^^;)。買った時はね、あんまり好きじゃないって思ったの。でも急に今聴いてみたら・・・良いんですわ、コレが(笑)。たぶん私の耳が、オルタナ系寄りの音楽に慣れてきたことと(何せ今はシューゲを愛するリスナーよ♪)、普通っぽいロックとかポップスとかが詰まんないなーって感じるようになってきたからだと思うの。

Gomezの音楽は、解説カードにもあったけれど、確かに一般的なロックの概念からは外れているとは思います。っていうか、音楽性がバラエティに富んでいるし、普通っぽくないんだよね。「Ping One Down」とか、やっぱりすごく好き。久々に聴いたけれど、イントロからぞくぞくしちゃうもん(ある意味、不気味な感じが・・・笑)。ちょっと変わった楽曲もあるけど、意外に?美しいメロディの歌とかもあったりで、聴きやすいアルバムでした。ボーカルが3人いるっていうのも知らなかった。確かによく聴けば、違う歌声が・・・。

Gomez Myspace
スポンサーサイト
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/06/19.Sat

Trashcan Sinatras 「In The Music」

イン・ザ・ミュージックようやく、去年発売したTrashcan Sinatrasの新作を聴きこなしています。
自分にとっては、こちらで書いた「Weightlifting」に続き聴いてみたアルバム。・・・何ていうか、さり気なく「Oranges And Apples」みたいな歌が入っていたりするから、やっぱりトラキャンって良いな、って確信しちゃったりするんです。オレンジと林檎。甘酸っぱいよね。メロディも歌詞も歌声も。
「Weightlifting」の方が好きかも?って思ったけれど、このアルバムも聴きこむうちに胸にじーんって来ます。彼らの音楽って素朴ですよね。目新しい音楽って感じではないけれど、安心して聴ける優しさと、どこか懐かしい響き。そんな所がすごく好きです。

先日、ようやくデビューアルバム「Cake」も買いました。これから聴きこなします。感想も書けたら良いな。

Trashcan Sinatras Myspace
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/06/12.Sat

V.A 「still echo」

スティル・エコー~クラシカル・「still echo クラシカル・ヒーリング・コンピレーション」(2000)

久々に聴いたので、ちょっと記事にしてみました。有名なクラシック曲やヒーリング系アーティストの名曲を集めたコンピ。アマゾンのページにも書いてあったけれど、確かにビクターの売れ筋アーティストの作品が詰まっている一枚。だから溝口さんの「世界の車窓」が入っているのか・・・。何となく、これだけ毛色が違う感じがするのは私だけ?

一時期、こういうコンピって流行りましたよね?イマージュとかフィールとか。私も何枚か持ってますが、その中でもお気に入りの一枚。中でも、Boys Air Choirの歌声に出会えたことは大きな収穫でした。「blue bird」は何度聴いても名曲だと思います。今度、スタンフォードの楽曲もちゃんと聴いてみようかなぁ。あとはカウンター・テナーのスラヴァ。この人の歌声も素晴らしいですねー。美しく存在感のある声。心にすーっと入り込んで来ます。クラシックギター好きとしては、村治佳織の「Calling You」もとても素敵。ただ彼女のアルバムはなぜか持ってません。何だかさ、ルックスで売ろうとしているところが鼻について・・・って、考えすぎか?(^^;)

選曲はバッハやヘンデルなど古楽が多いですが、歌ものから器楽ものまでバランス良く収録されていると思います。確かに聴いているとヒーリング効果が・・・最近、轟音シューゲもので心が興奮状態だから(^^;)たまにはこんなコンピも良いかもですね(笑)。
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/06/07.Mon

えーっ!渋谷もっ(><;)

ぐわわわ~~~~っ。
とうとう、HMV渋谷店も8月中旬にて閉店しちゃうんだそうです・・・(汗)。

・・・実はネット上ではこのウワサ、すでに流れていたんだよね。前回記事ではあえて書かなかったけれど、やっぱり本当だったんだ。だけど、こうもたてつづけに閉店ニュースを聞いちゃうと、ヘコむよね(汗)。っていうか、渋谷店ってすごく広いんじゃなかった?私自身はあまり行かない場所ではあったけれど、やっぱショックだわ。どうなるHMV??!!
音楽話いろいろ | Comments(2) | Trackback(0)
2010/06/06.Sun

ついに銀座店も

HMV銀座インズ店、6/20をもって閉店だそうです・・・(汗)。

そんな日が来るかなー?とは思っていたけれど。銀座は、数寄屋橋のモザイク銀座阪急店に次いで2件目の閉店ですねー。銀座にCD屋はいらないってことか?じゃぁ、山野楽器本店は大丈夫なのだろうか??というか、HMVアブないのかなぁ??(^^;)

これで東京はあと8店舗のみとなりました。都心で使える店は渋谷と池袋くらいだよ(新宿は全くダメです・汗)。うーん、池袋は今の質を保ちつつ生き残ってくれ~~~。あそこがもし無くなったら、もう泣いちゃうよ。ただでさえ、メトロポリタンプラザがルミネになってしまって、不快極まり無いのに・・・(汗)。なんも得することがない。出入り口でやっていた洋服のワゴンセールもパッタリ無くなっちゃったし・・・(安く買えたのにさ^^;)。

と、不満たらたらの私。スミマセン。
音楽話いろいろ | Comments(4) | Trackback(0)
2010/06/05.Sat

初回盤をゲット!

イメージCoaltar of the Deepers「Yukari Telepath」の初回盤をゲットしましたーーーーぁ!ブックオフにて1550円!中古品のわりには、かなり美品です!見つけたときは・・・感涙のあまり一人舞い上がりました~(笑)。前の持ち主さん、手放してくれてありがとう(涙)。

画像のように、紙ケース入りで歌詞カード付き!ウワサ?には聞いておりましたが、このブックレット、歌をイメージした写真だのイラストだのが盛りだくさんなのです。だいたい、歌詞カードが付くこと自体が珍しいので、やはりかなり貴重なのではないかと・・・。うふふ、それにナッキー様の顔写真も一枚ありましたぁ♪♪(これもかなり珍しい??)

「Yukari Telepath」は、聴けば聴くほど不思議なアルバム。それに完璧だなぁって思います。私もだんだん初期の頃の作品も聴くようになって、今と昔の作風の違いがわかるようになったけれど、常に新しいこと・違うことに向かっている、もしくは変化しているということを感じます。例えそれが往年のファンに不評だったとしても(そんなレビューを読んだので・・・)、このバンドの根底にある「破壊的かつ美しい」という筋は変わらないのではないかと。だから私は、初期の頃も今もすごく好きなんだと思います。

このアルバム、個人的には後半の方が好きです(と言っても、5曲目あたりから)。特に「Evil Line」「Ribbon no kishi」「Deepless」が好き過ぎて参りました(タラリタッタタタ~~~♪♪笑)。この一貫したハイレベルな流れは一体何なんでしょうか・・・。アレンジも凝ってますよね、結構予想もつかない方向へ向かうって言うか。そういやタイトル曲「Yukari Telepath」は、アンビエントな感じさえします。現在、ナッキーはそんな音楽を多く制作されているようです(ツイッターにて、時々公開されています)。

あ、彼らのCDって海外でも買えるんですね~。アマゾン(米)でも取扱いがありました(こちら)。んん?間違いを発見!「Penguin EP」のジャケが、なぜかWATCHMANの最新作のジャケになってるよ!(笑)
Coaltar Of The Deepers & NARASAKIさん関連 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。