アクセス解析
レンタル掲示板
2009年10月 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/30.Fri

Sad Day For Puppets 「Just Like A Ghost」

Just Like A Ghostスウェーデンのギター・ポップバンド、Sad Day For Puppets(サッド・デイ・フォー・パペッツ)のデビューアルバム。インディポップ・ファンの方ならとっくに知っているだろう、Fastcut Recordsより2008年にリリースされた日本独自の編集盤です。

アマゾンのサイトを開く度に、「おすすめ商品」とか「この商品を買った人はこんな商品も買っています」とかで勧められて(笑)、このオレンジ色のジャケがいつも気になってはいたんです。聴いてみてドンピシャ、Fastcutさんから出ていたことに更にビックリ・・・みたいな感じ。
「Set Alight」のように、イントロからTFCのような基本ギターポップ!みたいな歌もあれば、「Long Gone」なんかはとても懐かしい気持ちになるようなメロディで、ギターポップなんだけど、どこかふんわりした素朴感のあるアルバムでした。とってもキャッチーです。何よりボーカル・アンナさんのちょっと舌足らず?のような、可愛らしい歌声が好きです。何となくCellophane Rainの歌声を思い出したりして・・・。あ、あとカーディガンズとか?

Sad Day For Puppets Myspace
スポンサーサイト
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/10/25.Sun

Kings of Convenience 「Declaration of Dependence」

Declaration of Dependenceノルウェーのアコースティック・デュオ、Kings of Convenience(キングス・オブ・コンビニエンス)の前作から5年ぶりの3rdアルバム。

本当に楽しみにしていました。大好きなアーティストの新作を待つことは、過剰な期待と共に不安もあったりするものです。どうしても今までの作品と比べてしまうから・・・。ざっくりした感想を言ってしまうと、全体的な印象は平坦な感じがしました。ちょっと物足りないな、と感じるくらいに。ドラムや打楽器を使わない、シンプルで限りなくアコースティックな楽曲に仕上がっていること、インパクトがある歌がそんなに無いこと、でもそれはまだ自分の聴き込みが足りないせいもあるかもしれません。

個人的にはこちらで書いた「Mrs.Cold」を超える歌は無かったのですが・・・相変わらず2人のハーモニーは美しいです。私は特にやっぱりアイリックの甘い歌声にうっとり&惚れ惚れ状態です(笑)。時々、どっちが歌っているのか区別がつかなくなるけど、見事なまでに2人の歌声は調和しています。そして洗練された楽曲。「rockin'on11月号」のインタビューの中で、「僕が一番落ち着ける場所がボサノバ」とアイリックが答えているように、今作ではよりボサノバが強調されて、落ち着いた大人の雰囲気さえします。でも、南国の太陽の下で聴くようなボサノバじゃないんです。Kings of Convenienceの歌をずっと聴いてきて思うのは、やはり北欧のボサノバなんですよね。どこか翳りがあるような、どこか深い森や湖をイメージするような神秘的なもの、決して明るくて陽気という感じではないこと、でもとても優しくてハイセンスで・・・。だからこそ私はこの人達の音楽が好きなんだなーって思うんです。

ああ、何だかまた硬い文章になってしまったケド(^^;)、今作の満足度は80%くらいかしら。特にお気に入りの歌は「Mrs. Cold」「24-25」「Second To Numb」かな♪

Kings of Convenience Myspace
洋楽 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/10/23.Fri

アジア・ツアーのビデオ

■Ally Kerr Footprints - Asian Tour 2009



アップするのが遅れましたが、アリー・カーのアジアツアーでのビデオがyoutubeにて公開されています。流れている歌は、2ndアルバムに収録の「Footprints」です。シンガポールでの野外ステージや移動中の車内の様子?や、冒頭ではアリーのどアップなど(笑)いろんなオフショットが。最後の方で日本での様子も撮られています。カラオケで「The Sore Feet Song」を歌うアリーの姿もありますね(残念ながら音声はありませんが・・・)。個人的な感想では、もうちょっと要点を絞ったわかりやすい内容だと良かったかなーとは思いますが、アリーの姿が見られればそれで良し!ってな感じですかネ。もちろん今回同行したライアン君も!笑顔が可愛すぎ♪

それにしても・・・「Footprints」を聴くと胸が苦しくなってしまいます。この歌の思い入れについては・・・次の記事で書こうと思ってマス。
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/10/21.Wed

Coaltar of the Deepersのベスト盤2が!!

んかっ~~~~!舞い上がってしまいそうなほど、嬉しいニュースが!

なーんと!Coaltar of the Deepersのベスト盤の第2弾が、12/6にリリースされることが決まりました~~~!!まだオフィシャルサイトの方では情報は上がっていないのですが、HMVamazonなどでは予約受付が始まっています。現在は廃盤の「SUBMERGE」や「NO THANK YOU」など、中期からの作品のベスト盤とのことで・・・もちろんそれらのアルバムを持っていない私にとっては、なーんて嬉しいリリースでしょうか!!と書きつつ、どうしてここでまたベストなのか??という疑問は残りますが(^^;)、この流れで新作、そしてライブとかやってくれないかなぁ~~~~。ちょっと期待しちゃおう。

Coaltar of the Deepersの音楽、本当に良いです。ずっとずっと聴いています。中毒症状が治りません(笑)。轟音疾走ギター+ナラサキボイス。もし90年代初期に彼らの音楽を聴いて、自分はファンになったかなー?なんて思うことがあります。というのも、その頃は全く轟音ギターとかシューゲイザーとか、そういうのに免疫なかったし、もしかしたら耳が耐えられなかったかもしれないから。出会いは遅くなったけれど、今は彼らの音楽にしばらくハマります!そうそう、現在店頭で買える作品は全て買いました(^^;)。ああ、恐ろしや・・・・。
Coaltar Of The Deepers & NARASAKIさん関連 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/10/18.Sun

The Depreciation Guild !!!

ああ~~~!またまた出会ってしまった、素敵すぎるバンドに・・・・(嬉涙)。

fastcut recordsさんより10/14にリリースされたばかりのバンド、The Depreciation Guildです。ってか、さっき知ったのですよ、このバンドのこと。fastcutさんのブログでは、以前からかなりプッシュ&宣伝をされていたのですが、私、読んでいるようで読んでいなかったのですよねぇ。んで、マイスペで試聴したら、まぁいつものように「どっかーーーーんっ!」(←決して怒っているのではないですよ^^;)とハートに来てしまいまして(笑)。ドリーミーでシューゲ、そして何より柔らか系の優しげ透明ボイスッ!正に私好みの男性ボーカル!!

最近のfastcut recordsさんも、ホント見逃せませんね!Dylan Mondegreenの1st、2ndのリリースに加え、12月には本人の来日ライブまで実現してしまいました。その他にも気になるアーティストの作品が多数あります。

そんなわけで、明日はCD屋へ直行だ!(しかし最寄のHMVに置いてあるかどうか不安・・・)だけど今、手元にはまだ封さえ開けていないCDが6枚くらいあったりします(^^;)。だんだんヤバい状態に・・・。とりあえず買っておいても、聴く時間がなかなかないんですぅ。ってか、せめて開封くらいはしよう。。。

The Depreciation Guild Myspace
洋楽 | Comments(4) | Trackback(0)
2009/10/14.Wed

倉木麻衣 「Delicious Way」

delicious way倉木麻衣のデビューアルバム 「Delicious Way」(2000)。

9月に彼女のデビュー10周年を記念したベストアルバムが発売されて、CDを含めた6媒体(パソコン向けのUSBメモリーや携帯向けのmicro SDなど)での史上初の販売形態など、ちょっとした話題になっていましたよね。本人出演の化粧品のCMも流れたりと、急に売り出し始めたなぁ~みたいな印象でしたが、売り上げも好調のようで・・・。まぁ、世の中ベストアルバムのリリースばっかりで、それらがチャート上位を占めるのもどうかと思うけれど、ちょっと思い出したように倉木麻衣の1stをひっぱり出して聴いてみたりしています。

久々に聴いてみると、どれもキャッチーですごく良いんですよね。しかし当時16歳くらい?出す歌がどれもヒットチャート上位だったことを思い出します。かなりR&B色が強くて、楽曲はめっちゃ大人っぽいですが、まだ少女っぽさが残る彼女の歌声とのアンバランスさが何か良い感じ(しかし当時はそれに違和感があったのですが・・・)。もちろん歌も上手いしね。確か帰国子女でしたっけ?英語の発音もきれいだし、安っぽく聴こえません。かなり完成度が高いアルバムなのでは?と思います。

アイドル以上の歌える実力派アーティストみたいな部類では、この辺では宇多田ヒカルとか浜崎あゆみとかいると思うけど、倉木麻衣は割と好きな歌手だったりします。今回のベストはさすがに買わないけれど、オリジナルとかそのうち出るのかなー?
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2009/10/11.Sun

Trashcan Sinatras 「Weightlifting」

WeightliftingTrashcan Sinatras 「Weightlifting」(2004)

新作を買ったにもかかわらず、そして皆さんおすすめの1stを後回しにして(すみません;)聴いているのが、Trashcan Sinatrasの4thアルバムです。本格的に彼らの音楽を聴くのは初めてなのですが・・・何かとっても優しさを感じる歌ですね。1曲目こそアップテンポな歌から始まりますが、後半に行くに従ってどんどん緩やかになっていって、「A Coda」あたりからは胸を締め付けられるような感覚に。「Trouble Sleeping」「Leave Me Alone」では有無を言わせぬ感動。そしてタイトル曲「Weightlifting」。美しいコーラス・・・。ボーカルJohn Douglasの歌声が優しすぎて、涙出そう。決して派手さはないです。どこか懐かしい楽曲には、アレンジやメロディにも目新しさは無い気がします。70年代の雰囲気。だけど何て柔らかくって安心感があって心に沁みてくる歌ばかりなんだろう・・・そんな感覚が彼らの音楽の特徴なんでしょうか。

スコットランドのアーティストと言えばもちろん私はAlly Kerrですが、やっぱりベテランの域をTrashcan Sinatrasは感じさせますよね。いつまでも長く愛用したい洋服や小物みたいに、大事にしたい歌が詰まったアルバムだと思いました。スコティッシュ・ネオアコポップ万歳!

そうそう・・・CDはDVD付きの輸入盤(US)を買ったんだけど、パッケージの紙質の悪さにがっくりきてしまいました(汗)。プラスティックケースならまだしも、紙パッケージにされると取替えがきかないし、デジパック仕様にするならもっと頑丈な硬い紙で作って欲しかったよ・・・ああ、届いた時にはすでに角っこが潰れていたし(TT)。これなら日本盤を買えばよかったわ。。。

Trashcan Sinatras Myspace
洋楽 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/10/10.Sat

秋はリリースラッシュ!

・・・えへっ。

・・・・・みなさん、お元気ですか?

またまた、ブログ更新が滞ってしまいましたが・・・のんこ、生きております(^^;)。

気が付けば前回の記事から一ヶ月も経ってしまい、ということはアリーのライブに行ってからひと月以上が過ぎてしまいました。ホント早いです。ライブが終わって気が抜けちゃったというのもあるんですが、何だか急に更新意欲が無くなってしまい・・・。アリーについては応援する気持ち&ファン度は全く変わってはいませんけど、いろいろと思うことが多々あり・・・でも頑張るぞ。

そんな中、音楽はちゃんと毎日聴いております。そして新譜も山盛り買いこんでいます(^^;)。だって今秋はホント、欲しいアルバムのリリースラッシュなんだもの。Dylan Mondegreenやkings of convenienceのニューアルバムはもちろんのこと、洋・邦ともにたくさ~ん購入済み。聴くのが追いつきませんが、10月下旬~11月にかけても買おうと思っている新譜が一杯あるんです。うーん・・・お金がぁ(^^;)。今はリストアップはしませんが、徐々に記事に書いて紹介していけたらなーと思ってます。


あ、すっごく余談だけど、現在の私のマイブームは「付録つきのファッション雑誌」♪久しくファッション雑誌なんて買ってなかったんだけど、何か急に目覚めちゃって。人気ブランドの可愛いアイテムの付録が多いんですよ~~~バッグとかポーチとか♪続きに画像を載せたので、興味があったら見てみて下さい~(^^)。
>>続きを読む
音楽話いろいろ | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。