アクセス解析
レンタル掲示板
2009年05月 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/30.Sat

ポストカード、3枚

ポストカードしばらくは平日の更新が難しくなりそうで、音楽レビューもそれなりに時間と労力がかかるため(ただでさえ遅筆な上に、毎回脳みそを雑巾しぼりして文章を考え出しているので・・・^^;;)、今回はさらっとポストカードのご紹介~~♪

以前に(3年くらい前かしら?)、Quince Recordsで通販した時にいただいたポストカード3枚です。左上のアリー・カーのカードは前にも紹介しましたが、かなりレアなんだそう。右上のThe Charadeのカードは、1stアルバムのオマケ用?なんでしょうか。ジャケットとほぼ同柄で可愛いです。クインスさんのサイトでThe Charadeを初めて試聴した時すっごく気に入ってしまい、絶対にこのアルバム欲しい~~~って思って、でも即買いしようにも店頭に無くそれでクインスショップに頼んだんだっけ。Club8とかAHKもそうなんだけど、初めて聴いた時のあの感激を忘れられません。。。

そして一番下のカードは、The Brother Kiteの1stを通販した時にいただいたもので、Clairecordsのポストカード。この時はまだまだ何も知らない頃で気づかなかったんだけど、よくよく見るとこのカード、知っている(すでに持っている)アルバムジャケットがギュウギュウに載っているではないですか(笑)。いや~何だか嬉しいのでした。こういう非売品の物って、オマケでもらえると何だか得した気分になっちゃいます。
スポンサーサイト
洋楽 | Comments(4) | Trackback(0)
2009/05/25.Mon

アニメ「蟲師」 第21話 綿胞子

カテゴリーまで作ったのに、殆ど感想も書けなかったダメのんこですが(汗)、今回から復活!?です。実は21話からは、地上波では放送されなかったお話なんです。今回NHKBSでは全部放送されるので、見られなかった人は要チェックです!

イメージ■第21話 「綿胞子」

初めて見るお話は、やっぱり新鮮。そして今回も不思議で悲しくて、どこかやるせない気持ちになるストーリーだった。いつも生と死がテーマだと思う。「蟲師」は緑なイメージがある。日本の山々や森、ギンコの目も緑だし、緑の盃や「枕小路」でも緑のカビが出てきたっけ。今回も緑の発疹が登場。ふと、新井素子の小説「グリーン・レクイエム」を思い出してしまった。最後、あの子供達が家に火を点けるシーン、「グリーン・レクイエム」にも同じようなの無かったっけ?それにしてもお母さんが可哀相すぎる。しかしギンコ、よく生きてたなぁ(^^;)。

■Ally Kerr「The Sore Feet Song」

ううっ、最初の3分間くらいを見逃してしまったので、アリーのオープニングが見られなかった(涙)。かなり悔しい。まぁ、DVDがあるからそれで見ればいいんだけどさ。
この「The Sore Feet Song」 も、色に例えるなら緑かもしれない。もしくは淡い水色・・・うーん、でも緑かも、ちょっと青緑でエメラルドグリーンに近いような・・・。この歌のイントロを聴くと、何とも言いようのない思いがこみ上げる。本当に自分にとっては特別な歌になってしまった。こんなに自分の感情を詰め込んでしまった歌も、そうそうないと思う。

アリー、あなたの記事、更新するからね。まだまだ私はファンなんです。時々感傷的もしくは感情的になるかもしれないけれど、それでも応援するからね。どうか遠くで見守っていて下さい。
アニメ「蟲師」感想 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/24.Sun

通販番組のコンピCD

まだまだ激務が続いておりますが(汗)、何とか休日くらいは更新出来そうです。

突然ですが、テレビの通販番組って意外と見ちゃいませんか?(笑) ダイエット食品、キッチンや掃除用品、健康器具などなどいろいろありますけれど、音楽好きな私が気に留めてしまうのはやっぱり「CD」です。特に深夜のローカル局(ウチの方はテレビ埼玉や東京MXテレビ)はヤバいです(笑)。この前も、85年~90年代にヒットしたJ-popのコンピ集の宣伝がやっていて、懐かしさのあまりずっと見てしまいました(正にワタシの時代!^^;)。あれって不思議で、見ているうちにどんどん洗脳されちゃうんですよね、「買いなされ~~!」と(笑)。まぁ、さすがにそれは買うまではいかなかったけれど・・・(殆どはCDですでに持っていたりするし)。

イメージそんな私、過去に一回だけ(ずい分前ですが)通販番組でCDを買ったことがあります。それは60年代~90年代くらいにヒットした洋楽を集めた「Your Song」という4枚組のコンピCD集です(左記画像)。もともと洋楽には疎くて、テレビで見ていても最初は興味無かったのに、見ているうちに結構いいな~~って思い始めて、何十回も見ているうちに買う決心が固まっていました(笑)。販売元の住商ホームショッピングはもう無いみたいですが、今も買えるのかしら?とりあえず関連記事がこちら。そして収録曲はこちらのページ。どうですか?結構メジャーな歌がずらりですよね。まぁ、さすがにエルトン・ジョンやスティービー・ワンダーくらいは知っていたけれど、私にとっては知らない歌が多くて結構勉強になったのでした。ビミョーにテクノ系のJoe Jacksonの「Steppin' Out」とか、Extreamの「More Than Words」とかアコースティックで好き。

そしてこの数年後、そんな洋楽音痴だった自分がこんなに洋楽インディ・ポップにハマっていくだなんて、誰が想像したでしょ(^^;)。
音楽話いろいろ | Comments(2) | Trackback(0)
2009/05/23.Sat

さようなら、キルト

キルトメロメロパークのキルト、本日世代交代をしました。
ん??
もしやキルトの記事を書くのはこれが最初で最後かな~(^^;)。

初めは茶色のクマさんっぽかったキルト、
最後はブタ鼻うさ耳の不思議な生き物になってしまいました(笑)。あまりかまってやれなくてごめんよ、キルト君。

ということで、次なる8代目メロは「マシュー」を選んでみました。
名前は「ネスコ」。なんでかわかるかな~~~?
ネスコ=ネス湖(笑)。はい、スコットランドにあるかの有名な湖の名前ですね。

あ、おわかりかと思いますが、メロの名前はアリー関連のもので付けているのです(^^)。
どんな子に育つか楽しみなのだ♪
メロメロパーク | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/16.Sat

Coaltar of the Deepers!!!!

現在、激!多忙中のため(汗)、更新が滞ることがあると思いますが、どうぞご了承下さい(コメントのお返事などはなるべく早めにしたいと思っております)。いつも来て下さる方々、どうもありがとうございます(^^)。

ということで!で!!

またまた新たに自分好みのバンドを発見してしまいました。日本のバンドです。それはCoaltar of the Deepers(コールター・オブ・ザ・ディーパーズ)。ネット回りをしていてたまたま見つけた(というより出会えた?)のですが、試聴をしてみたら見事にハートをつかまれてしまいまして(笑)。活動歴は長いバンドだそうなので、私が単に知らなかっただけかもしれませんが、めちゃくちゃ音がカッコ良いです。メタル寄りの?シューゲイザー、オルタナティブ・ミュージック、ニューウェーブ、エレクトロニカ等、現在マイスペで聴ける5曲を聴いた感じではそんなイメージでしょうか。いや~~~好き好きこういうの!自分の乏しすぎる知識で例えるなら、ぱっと浮かんだのはシカゴのバンドAirielかな。

最近は洋楽で自分好みのアーティストを模索中ですが、こうやって日本の素敵なアーティストに出会えるとやっぱり嬉しくなってしまいます。私は出来れば邦楽も洋楽も同時進行で聴いていきたいし、ブログでも記事にしたいと思っているので、こういった新人(新しく出会えたという意味で)発掘がやめられません。そして思うことは、テレビやヒットチャートで上位にいる売れ線アーティストだけが音楽ではないということです。陽の目を見ずに、もしくはあえてメディアには大きく取り上げられないけれどもコアなファンがいるような人達こそ、良い音楽を作っているのではないかと思うのですよね。。。

Coaltar of the Deepers Myspace

ちょっとメモ書きです。このブログでも書いてきましたが、個人的にお気に入りな最近の日本のアーティストです★
Curly Giraffe/ent/新井仁/mondialito/空気公団/MAMALAID RAG/one day diary
/number0/手嶌葵/GOMES THE HITMAN /トクマル・シューゴ
Coaltar Of The Deepers & NARASAKIさん関連 | Comments(12) | Trackback(0)
2009/05/11.Mon

The Simple Carnival 「Girls Aliens Food」

Girls Aliens FoodUSはペンシルバニアの一人ユニットThe Simple Carnival こと、Jeff Bollerの1stアルバム。

私の最近のお気に入りの1曲です。まぁ、とにかく下記リンク先のPV「Really Really Weird」をご覧下さい!
http://www.youtube.com/watch?v=N4wfVZhPGY0&feature=player_embedded
ねー?可愛い歌でしょ。個人的に、一つ目宇宙人のキャラクターが超ツボなんですけど、これ、日本語で歌い直して「みんなのうた」で放送したら、意外にウケるんじゃないかしら?とまで思ってしまった。>どうですか、NHKさん?このビデオの途中で出てくる男性はご本人なのかな?だとしたら、ちょっと濃い顔立ちの方なのですねぇ(笑)。

と、それはともかく、The Simple Carnivalを初めて聴いて思ったのは、歌が上手くて歌声がすごくしっかりしてるなーということ。そして「Really Really Weird」を始め、聴いていてほんわかするようなキュート・ポップなのです。「She Won't Look At Me」なんて、ギルバート・オサリバンの「クレア」風味な歌。マリンバやフルートの音が可愛らしいです。そう、何でもJeff Bollerさん、全ての楽器を自分で演奏してるんだそうな。最近、そんな一人でマルチミュージシャン的な人が多くないですか?完璧に自分で作品を仕上げたい人ゆえのアーティスト心なんでしょうか。

The Simple Carnival Myspace
洋楽 | Comments(4) | Trackback(1)
2009/05/10.Sun

岡村孝子「Ballade」

img009.jpg岡村孝子「Ballade」(1992)

デビュー・アルバム「夢の樹」から「Eau Du Ciel(天の水)」までの6作品より、バラードを集めたセレクション・アルバム。岡村孝子さんの歌はすごく好きで、特にこのバラード・アルバムに収められている歌の各アルバムは全部持っているし、それぞれに思い入れがあります。よって、この「Ballade」もとても好きなのですが、久々に聴いて思ったのは、彼女の歌ってあまりマイナー調のメロディがないんですよね。バラードの意味は、ポピュラーソングで言えば「ゆったりした曲調/静かな音楽/感傷的な歌詞」ということで、別に暗い音楽のことを指すわけではないんですが、長年聴いている割にはふとそんなことに気づいたのでした。

こちらで書いたアルバムに収録の「未知標」や(これって、道と未知を掛けているんでしょうか?)、OLの気持ちを歌った「電車」、サビ部分にぐっと来てしまう「Baby,Baby」「ジュ・テーム」などなど、好きな歌ばかり。彼女の歌の特徴は、前向きなメロディラインとサビ部分の高揚感?って言うんでしょうか、「聴かせる」ものがあるんですよね。全体的に漂う優しい感じや、もちろんご本人の歌声も好き。あとは萩田光男氏(または田代修二氏)のアレンジの良さもあると思うんです。

イメージ私はこの頃の90年代初期までの作品が好きかな~。一応最近のアルバムも聴いてはいるものの、どんなに好きなアーティストでも自分が好きな時期、最も輝いていたと思われる活動期ってないですか?
余談:初回出荷分にはカレンダーが封入されていたとのことで、私のにも入っていました。うわー、1993年のカレンダーだ(笑)。→
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/09.Sat

V.A 「Never Lose That Feeling Vol 3」

Never Lose That Feeling Vol 3イギリスはロンドンのレーベルClub AC30より、シューゲイザーの名曲カヴァーアルバム・コンピ集「Never Lose That Feeling」の第3弾です!

胸が高鳴るような感動的なアレンジと泣きメロに思わずホロリしたPopfaceの「Dreams Burn Down」(Ride)、ドリーミンでうっとりするような耳心地のRumskibの「Shine」(Slowdive)、ダークながらもどこか凛とした佇まいのThe Daysleepers「She Calls」(Slowdive)、その他にもPia Frausがカバーした「Strawberry Wine」やHighspireの「Dagger」などなど、個人的にはこのアルバムはヒットでした。一応、Vol 1と2も持っているんですが、今回は知っているアーティストが多く参加していることや、割とアルバムの後半はアコースティックだったりして、聴きやすかったせいもあるかもしれません。まぁ、相変わらず元歌を知らなかったりするんで、イメージを崩さず違和感なしに頭が真っ白な状態で聴けたのが一番良かったのかもしれませんが・・・。

通して聴いてみると、どのバンドもクオリティ高くカバーしているなーと思います。元歌へのリスペクトがあるからこそ?そして私も、例えば「これ、Hearts Of Black Scienceっぽい~~!」とかわかるようになったのは進歩あり!と思うのでした。シューゲがただのロックとは違う点・・・そんな違いと魅力をかみ締めながら、最近音楽を聴くことが多い私です。

そう、今作で一番お気に入りの「Dreams Burn Down」を歌ったPopfaceですが、実は彼らのオリジナル曲の方は、ぐっと来るまでは行かなかったんですよね。メロディとかいい感じなんだけど、ボーカルの声がもう一歩踏み込めなくて・・・(しかし、なぜ「Dreams Burn Down」ではグっと来てしまうのかがよくわからん^^;)。そして、Rideが歌った元歌の方も聴いてみたのですが、そうね・・・今のところPopfaceのカバー・バージョンの方が好きかな~と、何だかよくわからない結果になってしまったのでした。

Club AC30 Myspace
Popface Myspace
洋楽 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/05/09.Sat

Ally Kerrのライブから1年

去年4月のアリー・カーのライブに行ってから、早くも一年が経ってしまいました。
そして今月5月で、初めてのアリーのライブに行ってから、何と丸3年が過ぎてしまいます。

早いなぁ・・・。




>>続きを読む
Ally Kerr (アリー・カー)
2009/05/06.Wed

休みもあっという間に・・・

ゴールデンウィークも、何気にあっという間に終わってしまいました。休み中にブログをたくさん更新しよう!と思っていたのに、全く書けず・・・(汗)。というか、実は下書きしている記事はいくつかあるんですが、どうも書くのが遅くて遅くて・・・。頭、回ってません(@@;)。そんな中、新譜も洋楽・邦楽問わずたくさん買い込んでいます。いつ頃レビューなるか??


★ちょっと音楽メモ・・・ゲストの方々からの情報より知った、お気に入りの2組(^^)。

Kommode/Kings of Convenienceのボーカル、Eirik Glambek Bøeの別バンド。「Patient」とか、めちゃツボでした・・・はぁ、やっぱりこの人の歌は良いですねー。
Kommode Myspace

Yamon Yamon/スウェーデンのバンド。リゾートチックな?爽やかなギター音に爽やかすぎるボーカル、正にツボ!ツボツボ!!「Days Like Television」「No Depression」とかすごく好き~~♪どこかSea & Cakeに似ているかも??
Yamon Yamon Myspace
音楽話いろいろ | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。