アクセス解析
レンタル掲示板
2008年01月 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/01/30.Wed

メロメロパークも国際的!

ぐらぽんのお部屋メロメロパークも国際的!ということが判明。
マイホーム(画像=現在のぐらぽんのお部屋)から、メロダチやそのメロダチのお部屋を渡り歩いていたら、日本語以外のメロ達がたくさんいることに気付いたんです。漢字だらけだったので「中国?」と思ったら、どうやら台湾の人たちのようで。メロメロパークに台湾語版なんてあるの?って思ったんだけど、そのまま普通に日本語バージョンでやっているみたい??だって、ブログに貼り付けてあるメロパーを見たら、そのまま日本語だったし・・・。だとしたらすごいなぁ!(密かに台湾語ガイドとか、あるのかしら?)

で、ある台湾の方のお部屋に辿りついたので、ちょこっと英語で書き込みしてみたんです(メロパーには「メロシーノートの書き込み」という機能があるのです)。そしたら、今日そのお返事が英語で来たんです~♪やっぱり台湾の人だったたみたい。何かちょっと嬉しくなってしまった。今まで、英語圏の人とのメールはあったものの、アジア圏の人と交流を取ったなんて初めてだったから・・・!ああ、小さな国際交流だわ。メロパー万歳!!

(メロパーをやっていない人には、わけわからない記事だとは思いますが・・・どうぞご了承を^^;)
スポンサーサイト
メロメロパーク | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/28.Mon

Keith Canisius、良さそう!

さて、しばらくぶりに、Quince Recordsの新作チェックです。
今年最初の正規リリースになるそうですが
デンマークのKeith Canisius(キース・カニシウス)。
さっきからずっと視聴してるんですが、すごく良さそうです!
Keith Canisius Myspace
歌というよりは、感覚で聴きこなす感じの、エレクトロニカ・ポップって言うんでしょうか。
何か、自分にとっては新感覚な音楽でした。
シンセなんでしょうか?ピコピコ具合が好きだし、ドリーミーな女性ボーカルが素敵♪
これは期待しちゃってもいいですね(^^)。

ここ数ヶ月、distribution(←カタカナ読み出来ません・笑)された作品では
The Brother Kiteの新譜シングルを買ったくらいですが
その他で気になったのは、THE ELEPHANTSくらいかなぁ(購入はしていません)。
いずれにせよ、今後のリリースが気になるところです。

あと・・・最近宣伝の場が、Myspaceのブログになっていますが
ちょっと、読みにくいかな・・・(ス、スミマセン^^;;)。
やはり、オフィシャルのブログの方がわかりやすいなぁというのが、正直な感想であります。
洋楽 | Comments(2) | Trackback(0)
2008/01/27.Sun

"There's A World"が聴けます!!!

ああ、もう何だか泣けてきました・・・・。いえ、本当に涙が出ました。

Ally Kerrの2ndアルバム「off the radar」より、"There's A World"が聴くことが出来ます!
こちらの記事で書いた、ドイツのラジオ番組POPSCENEで1/25にオンエアされた音源が
POPSCENE with J*A*L*A*L Myspaceに、早速アップされています!!
POPSCENE Playlist 25.01.2008の右横、"Listen Again"をクリックして下さい(MP3)。
アリーの歌は、34分40秒あたりから始まります!

ちゃんとレコーディングされたこの歌は、私も初めて聴きました。
本当に本当に、涙が出る思いでした。ただただ胸が一杯になってしまいました。
今言えるのは、1stアルバムの時の純粋さ、素朴さ、素直さを失っていないということです。
Ally Kerrの歌が持つ、純朴かつ柔らかい雰囲気は変わってはいない・・・。
そのことが、とても嬉しかったです。
最初の大事なこの印象は、忘れずに心の中にしまっておこうと思います。
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/27.Sun

alcest 「Souvenirs D’un Autre Monde」

Souvenirs D’un Autre Mondeこちらで書いた、alcest(アルセ)のレビューです!
(やっと書けましたTT)

alcestは、なんとフランスのシューゲイザー・バンド。歌詞も英語ではなくフランス語なのですが、その意外性に不思議と違和感はありません(まあ、別に英語じゃなきゃダメということもないのですが・・・)。

第一印象通り、このアルバムから伝わってくるものは、エバーグリーンさと強いシューゲ色・・・と最初は思ったけれど、少し表現は違うかもしれません。何ていうか、イントロからギターノイズがガンガン鳴っているんだけど、どこか神々しいのです。どこか寂しげで悲しくも温かいメロディ。神秘的であり幻想的。そして貫くものはとても真摯で真っ直ぐなもの・・・歌詞がフランス語なだけに、意味がわからないので一概には言えませんが、歌の雰囲気からそんなことを思いました。
重くなりがちな要素の詰まったシューゲな歌に映えるのは、ボーカルneigeの声。線が細そうな甘めの美しい声は、正に私好み(ニヤリ・笑)。彼のドリーミーな歌声は、不思議なくらい轟音ギターにとけ込んでいます。

と、レビューを書くために、かなりこのアルバムを聴きこみましたが、ジワジワ来ますよホント。一見すると硬い感じもあるけど、やっぱり真面目な音楽って好きだなぁ。シューゲと言っても、アコースティックさやポップさもかね揃えているんですよ。1曲1曲がちょっと長めだけど、それも全く苦ではありませんし。ちなみにジャケ画像は国内盤仕様ですが、海外盤ジャケの方がこのアルバムのイメージに近いかな、と思います。

alcest myspace
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/26.Sat

Club 8が来日!!

某所情報によると
スウェーデンのポップデュオ、Club 8の来日が決定したそうです!
4/3、O-nest渋谷にて、その他の詳細は未定。
こちらのスケジュールページには、まだ予定は上がっていないのですが
これは期待してしまっていいのでしょうか・・・!?

わ~~~~~~~来るんだ来るんだっ、カロリーナさんとヨハン!!
行きたい!だ、だけど日にちがビミョウだ・・・平日だし(TT)。
洋楽 | Comments(2) | Trackback(0)
2008/01/24.Thu

アルバム発売日、詳細

allykerr.comより、オフィシャル・メールが届きました。

それによると
Ally Kerrのニュー・アルバム「off the radar」の発売日ですが
日本では3/15、世界のその他の地域では4/14だそうです。

って・・・・いよいよ具体的なことがわかってきましたねっ!
今の時点では、日本のどのレーベルからリリースされるのかはわかりませんが
約1ヶ月も早く、日本での先行発売となるのですね~~~。
嬉しい~~~~♪♪♪

さあ、皆さんは国内盤と海外盤、どちらを買いますか??
私はね・・・両方とも買いますよ。
ええ、買いますとも!!!(笑)当然じゃないのっ!^^;


さて、おそらく、アルバム準備で忙しいと思われるアリーですが
昨日(これを書いている時点では、これから)のViva Melodiaのゲストは、the starlets。
アリーもお気に入りのバンドだそうです。
ああ、本当にグラスゴーはいいなー。毎週毎週そんなイベントが行われているなんて・・・。
羨ましすぎるっ!
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(2) | Trackback(0)
2008/01/23.Wed

「おしりかじり虫」

NHKみんなのうた おしりかじり虫何かと話題になった、NHKみんなのうた「おしりかじり虫」。
(←ちなみにこのCDを買ったわけではありません^^;)
今までテレビで見たことがなくて、ずっと気になっていたんです。案の定ネットに映像が出ていたので(それでもYoutubeでは削除されていました。著作権の問題って、大変なんだろうなぁ)、こちらよりビデオを見てみました~。

ビミョーなテクノのリズムに踊る不思議キャラ・・・これがウワサのかじり虫君か。結構、かわいいじゃ~ん(笑)。病気になってまでも、おしりをかじることに命をかける健気な気な姿。しかし、おしりをかじるってどうなんか?と、思わず大人は突っ込んでしまうんだけど(^^;)。まあ、発想は面白いと思いますけどね。

個人的には「都会のおしりは苦かった~~」って部分に、妙にウケてしまいました(笑)。この部分に、現代社会への風刺がこめられているんでしょうが、まあ、かじり虫君もいろいろと大変だなぁと(笑)。最近私も精神的に参っていることが多いから、おしりかじり虫にかじってもらって、元気を出したい気分だわ。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/20.Sun

"Truth I have Earned"と"Amorino"

こちらの記事で書いた、Insight Radioでのラジオ・セッションですが
その時に、アリーが歌ってくれた2曲の歌の感想を書きたいと思います。

★Truth I have Earned
元気が出るような、アップテンポな歌。
とてもわかりやすく覚えやすいメロディに、親近感を覚えます。

★Amorino
一方こちらは、マイナー調のバラード。悲しげなメロディに、アリーのボーカルが映えます。
"Amorino"とは、どういう意味なんでしょうか?
一瞬、「青森」かと思っちゃいましたが(笑)、英語じゃないのかな?

ラジオでは、どちらもギターの弾き語りなので
アルバムではどのようなアレンジで仕上がっているのかが、とても気になります。
こうやって聴いてみて、アリーの作る歌は、基本的にとてもシンプルですね。
どこかで聴いたようなメロディではあるのですが、逆を返せばとてもわかりやすのです。
ありきたりな感じにならないのは、アリーの歌声や個性が歌に反映するからなのかな?
まあこれは、全てのシンガー・ソング・ライターに言えることかもしれませんが・・・。

ラジオのトークを聴いていて思うのは(内容は理解出来ていませんが^^;;)
アリーの話す声も好きだな、ってこと(前にも書きましたけど・笑)。
理由は自分でもわからないけれど、歌声も話す声も高めの人の方が私は好きなようです。
一緒に出演した、ポールさんの声も渋くて良いのですけれどね。

とにかく今は、新しいアルバムが楽しみです!
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/15.Tue

色が変わった!

mero_0115_1.jpgうわ~~~~ぐらぽんの色が変わったよっ!

み、水色~~~~!
み、水玉~~~~~!

うんうん、きれいだよね。キャンディみたいで(笑)。
変な色になるよりは、いいよね♪
でもね、なぜか可愛さに欠けるんだよね、このキャラ。
(おい;;)
メロメロパーク | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/14.Mon

音楽バトン

某所で「音楽バトン」をいただいて来ましたので、ちょっとやってみました。
案の定、アリー・カーに片寄っている次第であります(*@@*)。
どうぞ、ご了承を・・・。
>>続きを読む
音楽話いろいろ | Comments(4) | Trackback(0)
2008/01/14.Mon

"summer on the westhill" ~ kings of convenience

最近、またよくkings of convenienceの歌を聴いています。
このブログでも、彼らのことは何度も書きましたが
(さっき自分のブログ内で検索したら、わらわら記事が出てきてびっくりした・笑)
やっぱり良いですねぇ~~~~~キンコニの歌は!!
(某所に書いてあったこの略し方、どうにかならんものか^^;)

2ndアルバムの方が私は好きですが
1stの中では、「summer on the westhill」が一番好きです(現在マイスペにて視聴可能)。
こちらの記事でも同じようなことを書いていますが
本当に湖面から靄(もや)が立ち込めているような・・・・そんなイメージ。
途中で入るチェロの音が、さらに歌に深みを持たせているのですよね。
歌詞の中の情景描写も、対訳を読む限りでは詩的な感じがします

しかしよくよく聴けば、彼らの歌は基本的にシンプルなんですよね。
何小節かのメロディを、何回か繰り返しているだけだったり
ギターだけの演奏も少なくありません。
最低でも2本のギターだけで、よくあんなに豊かな音が出せるなぁと改めて思います。
アレンジとか、ギター奏法とか、はたまた歌声とかが素晴らしいからなんでしょうね。
アコースティック・ギターの弾き語りは、本当に好き。ギターの音色って良いですよね♪

そうそう、kings of convenienceの歌を聴いていて思ったのは、英語の発音です。
やっぱり普通よりは、ちょっと聞き取りにくくないですか?少し訛っているっていうか・・・。
例えば「misread」の中で"what do you know"という歌詞があるのですが
私はこの部分がいつも「モリイノ」と聴こえていました(笑)。
おお~ここはノルウェイ語だなきっと、と勝手に解釈したりして(アホ;)。
ってか、私の聞き取り能力に問題があるんでしょう(^^;)。
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/10.Thu

祝★ブログ2周年

先日1/8にて、当ブログは2周年を迎えました。
本当に早いですね。あっという間でした。
アリー・カーのことが書きたくて始めたブログでしたが
今もその気持ち&ファン度は変わっておらず・・・
そう、それがブログ継続の一番の原動力よね♪
アリーには色々と感謝することも多くて・・・本当にどうもありがとう(^^)。
そしてアリーの歌がきっかけで
それまで知らなかった洋楽インディ・ギターポップに出会えたこと。
これも、自分にとっては大きな出来事でした。
世界にはたくさんの音楽があるんだ、と思うと同時に
私は音楽が好きなんだなーと実感するのです。
もちろん洋楽に限らず、カテゴリーでジャンル別に分類しているように
好きだと思う音楽はいろいろと聴いていきたい。
そんなことを思いつつ・・・マイペースに更新していこうと思います。
その他 | Comments(6) | Trackback(0)
2008/01/07.Mon

「Labrador 100」 Part2

Labrador 100Part2 September 2002 - October 2003

さてさて、ようやくですが、Labradorの4枚組ベスト盤の2枚目(茶色のCDケース)のレビューです。(1枚目4枚目のレビューはアップ済み)

ラブラドールの看板アーティスト、Tha Radio Dept.やClub8、AHKの歌が良いのは当然ですが、その他で気になったアーティストは、Wan LightとDouglas Heartです。Wan Lightは、どこか悲しみを帯びたメロディに、意外なほどに?高いハイトーンボイスが耳に残りました。Douglas Heartは、こちらの記事で書いたバンド、Celestialでも歌っているMalinさんです。彼女は声がきれなことはもちろん、歌っている楽曲がとても良かったんですよね。

全体的には、どうかなぁ。今のところ、何枚目が良かったかは判断がつきませんが、ラブラドールの音楽路線には、一定の色があるなぁと感じています。ロックやギターポップというよりも、誰もが親しめるようなポップス、という感じですよね。本国スウェーデンでは、どのくらいの注目度があるんでしょうね。

<勝手にベスト★9>
1.The Radio Dept./Against the tide
2.Club8/Cold hearts
3.Acid House Kings/Say yes if you love me
4.The Legends/Make it all right
5.Wan Light/Freedom fighters
6.Douglas Heart/Smoke screen
7.Afraid of Stairs/Not today
8.Laurel Music/Sacred heart
9.Tribeca/The sun always shines on TV
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/06.Sun

えっ?活動休止!

キンモクセイが、な、何と活動休止だそうです・・・。
オリコン公式サイトにも、記事が出ています。

なんか、タイミングが良いというか悪いというか、先日記事に書いたばかりだったから
正直、驚いた。
解散ではないみたいだけど、どうしたんだろ。
そういや、ここ最近、特に目立ってヒット曲も無かったような・・・。

でも惜しいよね。いいバンドだったのに。
これからの、個々の活動に注目していこう。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/05.Sat

溝口肇「オーガニック・スタイル 溝口肇 the BEST」

オーガニック・スタイル 溝口肇 the BESTそういえば、こちらの記事で書いた溝口肇さんのベスト盤ですが、最近になってやっと聴いております。買うだけ買ってあったんだけど、もう聴いている時間が無くて・・・(^^;)。

私のようにファン歴が長いと、ベスト盤の選曲にはどうしても不満とか文句が出てしまいがち。でも、今回に限ってはとくに問題は無い・・・かな?ご本人が選曲されていることもあり、これはこれでOK!ですね。しかも2枚組ですしね。

今回のベスト盤の特徴は、ソニーからリリースされていることもあり、現在は廃盤の(たぶん)アルバム「太陽の南」「日曜日の印象」から、多数の曲が収録されていることです(ここで「Aqua Colors in Paris」からは1曲も入っていないのは、レコード会社が違うからなんだろうなぁ・・・)。そういう意味でも、ここ最近でファンになった人たちには、お買い得なベストではないかと思うのですが、どうでしょうか?

個人的に密かな「目玉」は(笑)、2枚目に収録されている「ONE」という歌。そう、歌なんですよ、溝口さんご本人が歌っているのです。もうこれは最初で最後なのだそうですが、ご自分で選曲されたということは、それなりに自信がおありで???ふふふ。私は彼の歌声、とても好きですね。声質が私好み♪コンサートの時などにお聞きする声は、ちょっとボソボソした感じがあるんですが、歌声はそれよりもきれいに聴こえるなぁと思いました。

私はやはり、80年代のソニー在籍中の作品がとても好きですね。「キリンと月」「7TH BLUE」「P・e・a・c・e」「帰水空間」・・・・。何度聴いても、ゾクゾクするような、心がざわめくような感動があります。優しさや寂しさ、言葉では表現出来ないような感情が、チェロの深い響きと共に心に訴えかけてくるようです。
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/05.Sat

”切ないこころ・寂しい気持ち”

”・・・私が淋しいのは からだのどのあたりかしら
私は草原の駅で待っている 美しい列車が来るのを ひとり・・・”

新居昭乃「音叉」より

”・・・誰もが自分の生き方を 見つけて歩いてゆくけれど
私は変わらずに 私でいるしかできない・・・”

岡村孝子「電車」より

”・・・できるだけ そう できるだけ
あなたに似ている誰かを いつもさがしてた・・・”

古内東子「できるだけ」より

”・・・I'm tired and I'm weak but I'm strong for you
I want to go home but my love gets me through・・・”

Ally Kerr「The Sore Feet Song」より

J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/04.Fri

キンモクセイ「音楽は素晴らしいものだ」

音楽は素晴らしいものだキンモクセイ「音楽は素晴らしいものだ」(2002)

最近のキンモクセイの歌はチェックしていませんが、この1stアルバムはすごく好き。久しぶりに聴いたので、記事にしてみました。「二人のアカボシ」とか「七色の風」とか、良い歌ですね~♪

ここ最近の、音楽チャートに上がってくるような男性アーティストには、殆ど魅力を感じられない私ですが(というか、今の流行のJ-POP自体に魅力が薄れているんだよね;)、彼らの歌は別でしたね。ググっと来ましたよ。ちょっと懐かしい感じの歌謡曲風味、わかりやすいメロディ、ボーカル伊藤氏の歌声も気に入りました。

歌詞の世界にも、共感しちゃいました。何か、ナイーヴな一面が見え隠れしているような、ちょっと内気な心の内が描かれているような気がして・・・。ただ単に愛や恋を歌い上げた「恋愛ソング集」じゃなくて、良かったなぁと。だってそういうのって、もう飽き飽きなんだもん。きれいすぎて、疲れてしまうから。そういう意味でも、キンモクセイの歌は、肩が凝らずに聴けるんです。
あと、歌詞カードが面白いです。メンバーの写真がね(笑)。ちゃんとストーリーになっているんですが、男5人で旅行ってどうよ??みたいな内容で(笑)。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/03.Thu

スターバックス福袋のCD

スターバックスCD(Asian Soul)福袋が大好きな管理人♪今年は初めて、スターバックスの福袋を買ってみました。すると、何とCDが入っているではないですか。これをブログのネタにしない手はありません!!ということで、ご紹介しちゃいます。

今回のスタバの福袋は、コーヒーの産地別に3種類が用意されていました。私が買ったのは「アジア/太平洋」。何気に選んだら、それでした(笑)。なので、入っていたCDもアジアがテーマのようで、タイトルは「Asian Soul」となっていました。

★「Asian Soul」
1.in a quiet night/Yoshie Nakagawa
2.my little Asia/Jay Vergara
3.this is the world i have/Masaki Ueda
4.song of love/Ueda &Yoshie
5.aunt mary/Keiai & Jay
6.tears of rain/Masaki Ueda
7.don't you worry about tonight/Keiai, Jay, Yoshie, Ueda

上田正樹さんや中川佳恵さんなどが参加。上田さんと言えば「悲しい色やね」がすぐに思い浮かびますが、私の大量のCDコレクションには、彼の歌は1枚もありません。なぜなら、好みの歌手ではないから(すいません;)。でもでも??このCDで改めて聴いてみると・・・うぉー!大人の魅力が詰まった歌っての??すごく雰囲気あってお洒落な感じでよかったです。中川さんのボーカルも、素敵。ソウル、R&B系の音楽ってよくわからないけれど・・・このCDを聴きながらコーヒーを飲めば、一層美味しくなるかも???

>>続きを読む
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/02.Wed

cookie scene vol.58 フリーCDより

こちらの記事で、少し触れましたが
音楽雑誌「クッキー・シーン」には、付録でCDが1枚付いてきます。
これがなかなかの選曲で、今一番ポップ?で最新なインディ・シーンが紹介されています。
自分的に新しいアーティストが発掘できるし、いいBGMにもなるんですよね。
今回も、いくつか気に入ったアーティストや歌があったので、ちょっとメモってみます。

■空気公団「思い出俄爛道」
バンド名は知っていたけれど、初めて聴いて吸い込まれてしまいました。この1曲だけが、この付録CDの中で、異彩を放っています。きれいな歌声!素朴な楽曲が、心に訴えかけてくるよう・・・。

■substance(サブスタンス)「Downer」
解説を読むまでは気付かなかったのですが、日本のアーティスト。えっ?歌だけ聴いたら、海外の歌みたいだよー?英語の発音に違和感なし。痛快なエレクトロ・ポップ、ヴォコーダー・ボイスが病みつきに!この人たちの歌、好きかも!

■jens lekman(イェンス・レークマン)「The Opposite of Hallelujah」
ラブラドール路線のような、古き良き懐かしい感じのする歌っていう感じ。安定したボーカルが良いですね。ジャケ見たら、ナイナイの岡村さんかと思いました(笑)。

■earlimart(アーリーマート)「700>100」
これは歌声もメロディも気に入りました。シンプルでスタンダードな、ギターポップっていうの?ドライブに行きたくなるような、そんな感じ。キャリアは長いバンドのようです。
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/01.Tue

輸入盤「Calling Out To You」が買えます!

Calling Out to You2008年早々、アリー・カーの記事から幕開けです(笑)。

こちらの記事で書いた、Ally Kerrの1stアルバム「Calling Out To You」の輸入盤ですが、今現在では、何と入手可能です!!良かったーーーっ!
主な取り扱い先は(通販にて)、

アマゾン(新品2点、中古1点、2500円前後)
HMV(オンライン会員なら、1840円!!)
ディスク ユニオン(2400円ちょっと)

などなどでしょうか。
前回記事に書いた時は、7000円以上という法外な値段が付いていたことを考えれば(アマゾンにて)、正に今が買い時、チャンスです!!欲しいのに買えなかった、とお嘆きの方がいらっしゃいましたら、ぜひご購入下さい!・・・しかしさ、何でこんなに値段とか在庫とか変動するのかしらん。まるで景気の動向を読んでいるようだわ(^^;)。

そうそうそれと!さっきアマゾンをチェックしていて気付いたのですが、アリーの7インチシングル「Midst of the Storm」の取り扱いもあるようです(残念ながら、現在は在庫切れ)。
こちら

・・・・と、こんな感じで、小さな情報から大きな話題まで、幅広く記事にしていけたらと思います。特にCD販売状況は、時々チェックする必要があるかもしれませんね。ファンとしては、少しでも売上げにも貢献しないとね(笑)。
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。