アクセス解析
レンタル掲示板
2007年11月 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/11/29.Thu

Ally、ラジオに出演予定

allykerr.comより、オフィシャル・メールが届きました。

アリー、明日の11/30、Insight Radioにてラジオ・セッションがあります!
何曲かを演奏、そしてインタビューもあるそうです。
オンライン、FM放送、またはSky channel 0188で視聴可能だとか。
出演は、午後12時くらいの予定だそうです。
(日本時間だと、同日時の夜9時くらいからでしょうか)

すっごく聴きたいけれど・・・日本じゃ無理だよね、やっぱ(TT)。
しかしオンラインって、ネット上で聴けるんでしょうか?
まあ、後でその時の音源をアップしてくれることを、期待します。

どんな歌を歌ってくれるんでしょうか?あの歌かな?この歌かな?(笑)
インタビューも是非とも聞きたいものですが
私にそれだけの英語のリスニング力は、残念ながら無いのですよ(TT)。
これも、後でネット上ででも聞けるといいな。

ということで、アリー頑張ってね!
そして毎週水曜日のViva Melodiaのイベントも、引き続き頑張って下さい(^^)。
スポンサーサイト
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/28.Wed

キラキラポップソング!~Dylan Mondegreen

先ほど何気にネット回りをしていたら・・・うわっ!またまた自分的にツボな音楽を発見!!
ノルウェーのDylan Mondegreenというアーティスト!!
CDジャケットをどこかで見たことがあったので、何となく知っていたものの
(ジャケ画像はMyspaceを参照・・・しかしこのジャケに少し抵抗あり)
音まではチェックしていなかった。で、ちょっと聴いてみたらさ・・・・
うわ~~~~好みじゃ~ん(笑)。
キラキラポップ!ソフトポップ!そして北欧の香りがしてきそうな、エバーグリーンさ。
もう、本当にこういう繊細で線が細い感じの、男性ボーカルに弱いのよ~(笑)。
これは、すぐにでもアルバムが欲しいっ!!!!

・・・が。
紹介先のAPPLE CRUMBLE RECORDさんでは、すでに完売。
その他、主な通販先でも取り扱いは無し。うーん・・・・・。
さすがにあまり流通していないらしい。
チャンスを待つしか?ないか。それまではマイスペで視聴をすることにしよう。

Dylan Mondegreen Myspace
洋楽 | Comments(2) | Trackback(0)
2007/11/28.Wed

「Dislocation」ライブとCDとでは?

Ally Kerrの歌の中でも、とても素敵なバラード「Dislocation」。
今年5月に発売されたシングルに収録されていますし
現在Myspaceで視聴も出来ます。
このブログでも、何度も記事に書きました(しつこいくらいに・・・ごめんなさい^^;)。

この歌のレヴューは、こちらで書いたとおりですが
私はやっぱり未だに・・・ライブビデオの「Dislocation」の方が好きなんです。
レコーディングされてCDになっているバージョンの方が、良いに決まっているのに
どうしてなんだろう・・・。
アレンジだって、ライブよりCD収録の方が完璧なはず。
ライブビデオを先に見てしまっているから、その先入観が邪魔をしているのか?

今日も何回もライブの方を聴いていたのだけど、心から優しくなれる感じだった。
やっぱり、こっちの方が好きーーーって思ったのです。
テンポが少し緩やかだから?アリーはライブの方が良く聴こえるの?
決して完璧ではないし、アリーだって少し歌唱力には欠ける部分もあるの。
だけど心を打つんです。それって、とっても大事・・・よね?
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/27.Tue

鈴木康博「あなたに明日を」

鈴木康博「あなたに明日を」鈴木康博「あなたに明日を」(1992)

「誰?このサラリーマン風なオッサンは?」(スミマセン;)なーんて思わないで下さいね。すぐわかる人にはわかると思いますが、元オフコースの鈴木さん、ヤスさんです(余談ですが、いつだったか、テレビ「田舎に泊まろう」にご本人が出てた時は、びっくりしたなぁ・・・汗)。

ソロになってから、何枚目になるんでしょう?結構な枚数をリリースしているみたいです。鈴木さんのCDは、他に何枚か持っていますが、このアルバムが一番好きです。発売当時、ご本人がラジオで紹介していたのを思い出します。その時に流れた「あなたに明日を」が良い歌で・・・。ちょっと鼻詰まりな歌声が気になるけれど(笑)、やっぱり歌上手いですよね。歌詞とか曲調とか、大人の雰囲気を醸し出したような歌が多いです。

どうしても小田さんと比べてしまうのだけど、まあオフコースの時もそうでしたが、2人の作る歌はちょっと違う雰囲気でした。小田さんは繊細、鈴木さんは男らしく人間臭い?歌が多いっていうか・・・。私は断然小田さん派でしたが、そんな2人の楽曲のバランスが、逆に良かったのかなーなんて、ちょっと思います。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/26.Mon

ちまたで流行りの「脳内メーカー」

たまには息抜きの記事を・・・ってことで脳内メーカー(笑)。
みんなは、もう試してみたかな?ちなみに私の場合、下記の通りとなりました(^^;)。

nounai_nonko.jpg  bento_nonko.jpg

脳内イメージの方は・・・ぷぷ、どうせ食いしん坊ですよーだ(笑)。ある意味当たってるよ。
のんこ弁当は、いかがでしょう~?美味しそう??
しかし、見切り品ってさ・・・(汗)。
>>続きを読む
その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/25.Sun

近藤名奈「7/360」

近藤名奈「7/360」近藤名奈「7/360」(1993)

1990年代当初、眠れぬ夜のお供はラジオでした(ネットだなんて、もちろんありませんでしたし^^;)。その時よく聴いていたのが、NACK5の深夜番組「ジャパニーズ・ドリーム」。売上げや知名度などに関係なく、リスナーによって「良いと思った歌」を、ランキング形式で決定していくというもの。92年の4月からスタートした番組でしたが、もしかしたら最初から聴いていたかもしれません。ここからたくさんのJ-POPのアーティストを発掘しました。懐かしいな~。ただ残念なことに、2006年4月で番組は終了してしまったとのことです。それでも14年も続いたんですね。

・・・前置き長くなりましたが(汗)、その「ジャパニーズ・ドリーム」で知った近藤奈名。知っている人、いるかなー?これは彼女の1stアルバムです。当時「こんな日は早起きしてあなたに会いたい」や「地球を蹴ってさか上がりして」(って、タイトル長いよ;;)などが、ラジオでランクインしていたと思います。

彼女の特色は、のびやかで高音な歌声と、それを生かした聴いていると元気や勇気が湧いてい来るような、前向きな楽曲が提供されていること、当時の等身大の彼女を表現した歌詞、などにあると思います。ちょっと優等生タイプな雰囲気で、世間的・市場的にヒットしたかはわかりませんが、私はすごく好きでした。今聴いても、何かいいんだよね~。キーが高いけれど、今でも私、一緒に歌えるよ♪すごくスカっとするし、心にジーンと来ちゃうのね。ちなみに、2ndアルバムも持っています。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/25.Sun

mocca 「colours」

mocca_colours.jpgAPPLE CRUMBLE RECORDさんのサイトトップでも、大きく宣伝されているので、ご存知の方も多いかもしれませんが、インドネシアのバンドMocca(モカ)の3rdアルバムです。

私はこのバンド、このアルバムで初めて聴いたのですが、出身国を忘れてしまいそうなほど、ジャジーでボサノヴァチック、どこかアメリカン・ポップな歌だと思いました。でも、また西洋のインディ・ポップとも違うような気もして、そこはアジアン・ポップだからなのか?というか、カラっとした明るく爽やかな雰囲気に、思わず南国を感じたりするのです。

一番の良さは、ボーカルarinaさんの歌声。アーティストによっては、曲がメインでその後ろにボーカルが隠れているなんてこともあるけれど、モカの場合は、声がとても歌の中で生きています。きれいな通るボーカル、シンプルなバック・サウンドに明るく陽気なメロディ。聴いていると、心も軽くなるよう・・・。
全体的に太陽色の歌ですが、ちょっと異色なのは、ビョークの歌をカバーした「Hyper-Ballad」。少し悲しげなメロディに、歌い上げるarinaさんの声がとても切なげです。実はこの歌を彼らのマイスペで聴いて、このアルバムを購入しようと思ったんです。バラードも歌えることは、歌手にとって大事かもしれませんね。

Mocca Myspace
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/23.Fri

小野リサ「Jambalaya-Bossa Americana-」

Jambalaya-Bossa Americana-「ジャンバラヤ」と言えば、カーペンターズのカバーが有名ですよね。原曲はハンク・ウィリアムスの歌で、同名のお料理のことを歌ったものなんだとか。食べ物のことだったとは、知らなかったなぁ。

このアルバムは、そんなカントリーソングやフォークの歌などを、ブラジル風にアレンジしたカバーアルバム。小野リサさんの、軽やかな柔らかいボーカルが、耳に心地よいです。彼女のことは、こちらの記事でも書きましたが、本当に癒しの歌声ですね。少しハスキーがかった感じ、だけどとっても柔らかくて優しいのよね。ギターとの相性もバッチリだし、弾き語る姿も、それに何気ない笑顔も素敵です。ああ、こんな女性になりたい・・・。(そういえば、第三子をご懐妊されたとのことで・・・おめでとうございます!)

アルバムの中で一番良かったのが、やっぱり「ジャンバラヤ」。ボッサ・アメリカーナということで、アレンジはボサノヴァ風味、そしてアコースティック。ビブラフォンの音色がたまらなく良いです。あとはジョン・デンバーの「Take Me Home Country Roads」。かなり原曲とは印象が違って、最初はとまどいがあったけれど、とてもお洒落な仕上がりになっています。「ダニー・ボーイ」や「黄色いリボン」も好き!あと「Gentle On My Mind」も良かったなぁ・・・。結局、彼女が歌うとどんな歌でも良くなってしまうのですねー。
J-pop | Comments(2) | Trackback(0)
2007/11/22.Thu

ソニー「BRAVIA」のCM曲

最近はあんまりテレビも見なくなってしまった私ですが(^^;)
久々に気になるCM曲を見つけました!
それはソニー「BRAVIA」のCM。
今流れているのは「噴水編」だそうですが
カラフルなカラーボールが散らばっていく様子が、すごく印象的でした。
「色は、ココロを動かす力」というキャッチコピーに、思わず納得。
それと同時に、聴こえてきたCM曲もすごく気になってしまった。
何だかいい曲じゃない~?で、早速調べちゃいました(笑)。
何とこちらのページで視聴が出来ました。インターネットって、本当に便利ですね~♪
「color is magic」という歌で、このCM用に作った歌みたいです。
軽いリズムとボーカルの声がお気に入り!
でもテレビ用だから、短い歌なのよね。それがちょっと残念かなぁ。
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/20.Tue

ブックオフへ行く

先日の日曜日は所用で出掛けたあと、初めてブックオフに行ってみた。
基本的に中古品が苦手で、古本・古マンガ・中古CDなども殆ど買わないのですが
探しているCDがいくつかあったので、期待を持ってとりあえず店内へ。
私が行った店舗は小さかったのか、そんなにCDは無かったんだけど・・・
きゃーーー見つけたーーーーー!!
辛島美登里の1st「Gently」!これ、探してたのよ!しかも初回リリース盤みたい。
1989年の発売だから、18年も前のCD!その割にはすごく状態が良かった。
CDケースはさすがに黄ばんでいて、傷もついていたから、新しいものと替えちゃった。
歌詞カードに少し傷みはあるものの、これで250円はお徳!
早速聴いて、早速歌って、懐かしさに浸っています。んーいい歌揃いだわね♪

他の店舗にも行ってみようかな。探せばまだまだ掘り出し物があるかもしれないな。
洋楽もいくつか欲しいのがあるけど、インディとかあるんかな?
しかし、棚が高くて上の方が見づらかった。
CDの背表紙って小さいから、英語のタイトルも見づらくてさ。虫眼鏡が必要かも(笑)。

ブックオフといえば、売ることも出来るけれど、私も何枚かCDを売ろうかしら。
特にJ-POPなんか、殆ど(全く)聴かないものとかあるんだよね。
しかも超状態が良いし、帯も付いてて新品同様よ(^^;)。
でも一度買った我が子(汗)を、なかなか手放せない私なのであった・・・。

>>続きを読む
音楽話いろいろ | Comments(2) | Trackback(0)
2007/11/18.Sun

3rdアルバムのこと

Ally Kerrの2ndアルバム、来年の1月下旬から2月あたりにリリース予定ですが
早くもアリーは、3rdアルバムのことを考えているそうです。
以前にブログの方でも、そんなことを書いていましたね。
聞いたところによると、本人曰く
「レコーディングとかリリースとか、いつ終わるかなんてわからないけれど
3rdアルバムのために、最近たくさんの歌を書いているんだよ」とのこと。
どんな新曲を書いたんでしょうか??デモでもいいから、Myspaceに載せて欲しい!

思えば2ndアルバムに収録予定の楽曲は、何年も前からgigなどで演奏している歌です。
去年5月の日本でのライブでも、すでに聴いています。
だから、他に新しい曲が出来ていても、おかしくないですよね。
それにファンとしては、アリーの歌への制作意欲が衰えていないことが嬉しいです。
まだまだ頑張って欲しいな。歌も、演奏活動も、アーティストとして!
3枚目のアルバム、いつまでも待ちますからね(^^)。
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/17.Sat

allyとbillyとduglasと

久々にally's journalが更新されました(11/15付け)。

でででで!!うわっ何、この写真!?アリーが何とビリー・ボイドと一緒に写っています!
アリーとビリー・・・ということは、アリーとピピン!?(違うって^^;)

アリーが企画するイベント、11/14のViva Melodiaのゲストは、BMX Banditsのダグラスと
Beecake。そう、ビリー・ボイドはBeecakeというバンドを組んでいるんですね。
こちらの記事でも書きましたが、ビリーは映画「ロード・オブ・ザ・リング」にも出演した
大物の俳優さんです。この映画は私も大好きで、以前にファンサイトを作っていたほど。
(まあ、イライジャ・ウッドがメインだったのですが・笑)
そのビリー・ボイドが、アリーと一緒にgigだなんて・・・・!!!
あり得るわけ???!!!
このツーショット(+ダグラス)は、私としては不思議な光景としか言えないんですよっ。
最終的には、自分の好きなものがつながっている、という世の中の狭さ??
・・・ああ、この日のgigに行きたかった。本当に見たかったよ~~(TT)。
アリ~~~~ピピン~~~~じゃなかった、ビリー~~~~(笑)。

アリーもにっこりして、いい笑顔ですね。
髪の毛も随分伸びたようです。いい具合にカーリーヘアです。
しかし、ビリー・ボイドって小柄なんですね。いや、両脇の2人が大きいのかな?
魔法使い2人とホビット1人、という感じ?
配役はもちろん、ガンダルフ(アリー)、ピピン(ビリー)、サルマン(ダグラス)かな~(笑)。
gandalf.gif pippin.gif saruman.gif




Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/16.Fri

airiel 「winks & kisses」 crackled / melted

こちらで書いたairiel(アリエル)の「winks & kisses」。自分的には買って大成功!のシングルでした。だって、もうずーっと繰り返し聴いているもん。ああ、なんて心に染みるんでしょうか、この人たちの歌は・・・。あとの2枚も是非欲しいものです。この日本のどこかに、1枚ずつくらいありそうなもんだけどなぁ(出来れば新品希望)。4枚揃えて、ジャケットを完成させたいです。では、簡単に感想(一部)などを~。

「winks & kisses / melted」
★jeanette
★sharron apple

★firefly
マイスペで視聴して、ものすごく気に入ってしまった1曲。ボーカルと歌詞はstella tranさんという女性が担当。フワフワゆらゆらした透明感ある歌声と、ノスタルジックで浮遊感のあるメロディ。何度聴いてもひき込まれてしまう。fireflyとは「ホタル」という意味。歌詞を読んだら(公式サイトにて)、よくは訳せなかったけれど、狂おしいほどの気持ちが伝わってきた。

★in your room
前奏だけでも2分半もある歌。これもものすごく気に入ってしまった。何てメロディアスで真っ直ぐな歌なのでしょうか!サビの部分に行くに従って、気持ちがどんどん盛り上がっていく感じ。勇気さえ湧いてくるような、前向きさ。でもこれは、ジェレミーの素直なボーカルがあってこそなんですね。

「winks & kisses / crackled」
★airtight angels
★swimming through us
★where it belongs

★shirley semple tidal wave
この4曲の中では一番のお気に入り!何でしょうか、このハートときめく様な(笑)ミディアム・テンポのポップナンバーは・・・。イントロから美しく優しいメロディ。+切なさ加減が良い。もう、ジェレミーのボーカルがたまらない!
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/14.Wed

club 8 「The Boy Who Couldn't Stop Dreaming」

THE BOY WHO COULDN'T STOP DREAMING待望のclub 8の新作アルバムを、先日ようやく手に入れました(HMVの通販だと11/5の発売だったので・・・なぜかお店によって、発売日にバラつきがありました)。
これは6作目になるのかな?発売前にはLabradorのサイトで、何と全曲をストリーミング出来たのですが、全部を聴いてしまうのはあまりにも勿体ないので、我慢しておりました(笑)。その甲斐あってか?とても新鮮な気持ちで、このアルバムを聴いています。

何かですね・・・印象はとってもアコースティックで簡素で、ふんわりした感じがしました。例えば「The Friend I once had」のような、疾走感のあるギターポップや打ち込みサウンドでもなく、「Strangely Beautiful」のような、霧がかった少しノスタルジックなサウンドとも違う、そう、極力シンプルで明快ポップでアコースティックなんです。実は初めは「少し地味かな?」などと思っていたのですが、これはジワジワ来るアルバムですね。聴けば聴くほどClub 8の本来の良さが見えてくるというか・・・今のところ捨て曲無しの、とても聴きやすい1枚だと思いました。

しかし特筆すべきは、カロリーナさんの歌声にとっても深みが増したということです。単に年齢を重ねてなのか(ってお幾つ??)、歌が上手になったのかわかりませんが、美しい歌声に更に艶が出たように思いました。バックサウンドがシンプルなだけに、彼女の声の良さが引き立ちますね。
先行シングルの「Whatever you want」や、なぜかあの口笛ソングにイントロが似ている「Heaven」は、アップテンポなナンバー。全体的には静かで爽やかな歌も多く、中でも私は「in the morning」がとても気に入りました。そして今作はちゃんとした歌詞カードが付いていたので、これぞとばかりにCDと一緒に毎日歌っています(笑)。
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/12.Mon

大貫妙子「PURISSIMA」

onukitaeko_purissima.jpg大貫妙子「PURISSIMA」(1988)

大貫さんの歌を本格的に聴きだしたのは、このアルバムからだったでしょうか。私が持っているのは、93年に再販されたものですが、現在は廃盤のようです。こんなに素敵なアルバムなのに、すごく残念。

彼女のアルバムは、その作品ごとにテーマカラーがあって、この「プリッシマ」はとってもヨーロピアン調でクラシックな雰囲気。ジャズやボサノヴァっぽい歌があったかと思えば、パリの街角を歩いているような歌や(ってどんな?)、何かとてもお洒落で上品なのです。ピアノやバイオリンなど、アコースティックな楽器が最小限に使われているのも特徴かな。

ホントに久しぶりにこのアルバムを聴いたのだけど、やっぱり大貫さんの歌声ってきれいですよね。そして個性的。私的には「月のきざはし」という歌に思い入れがあって(そうです、某コミックのイメージアルバムに収録されていた歌ですね<わかる人にはわかる;)、これを聴くと昔の遠い記憶がよみがえります(遠い目)。あとは「Good Luck!小さなショーウィンド」や「或る晴れた日」も、すごく好き。切なさ、寂しさ、胸が一杯になるような言葉では言い表せないような感情。とにかく引き込まれてしまいます。
J-pop | Comments(2) | Trackback(0)
2007/11/11.Sun

服部良一 ~生誕100周年記念トリビュート・アルバム~

服部良一~生誕100周年記念トリビュート・アルバム~今の若い人たちに、服部良一って言ってもわかるかなー?・・・などと、オバサン臭いことを書いてしまいましたが、でも服部克久さんだったら、知ってるでしょ?
(ん?知らない?^^;)

服部良一生誕100周年を記念してリリースされたこのトリビュート・アルバム、カバーしているアーティストの面々がすごいのです。小田和正、福山雅治、さだまさし、ゴスペラーズ、徳永英明、森山良子などなど、クラシック畑からは佐藤しのぶやヘイリー、はたまた関ジャニ∞や松浦亜弥まで。このCDは妹から借りて聴いたのですが(妹の好きなレ・フレールというピアノ・デュオも参加しているので)、正にJ-pop路線の売れ筋アーティストがカバーしているんです。もしこれを、演歌の人たちがカバーしたらどうなったんだろうなぁ?普通すぎて、売上げとか話題性に欠けたかも?

私も決して原曲には詳しくないし、実は殆ど知りませんが(まあ、そりゃそうだ。だって殆ど戦前の歌だもの)、「東京ブギウギ」「銀座カンカン娘」「青い山脈」「蘇州夜曲」等々、テレビの懐メロで耳にするような有名な歌がずらり。感想としては・・・そうね、かなり今っぽくアレンジされてますけど、私としては結構好きです。これをリアルタイムで聴いてきた方々には、おそらくかなり違和感はあると思うけど、これはこれで別物、良いんではないかと。まあ、カバーアルバムってそういうものですしね。
私にとっての目玉は、小田和正さん歌う「蘇州夜曲」。もともと、メロディも歌詞も素敵な歌なので好きなのですが、囁くように静かに歌う小田さんバージョンもなかなかです。

服部良一の作品は、こうやって聴くと当時としては「モダン」だったんだろうなーと思います。曲名にカタカナが多いことにも気付きました。メロディもブギやジャズの要素あり、どこかポップで華やかです。いつか原曲の方も聴いてみたいです。うちにもレコードで残っていて、何曲かは知っているんですけどね。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/11.Sun

「北欧 POP MAP」

hokuo_popmap.jpgクッキー・シーン編集部による「北欧 POP MAP」のスウェーデン編アイスランド、ノルウェイ、デンマーク、フィンランド編、という2冊の本を購入しました。クッキー・シーン本誌や、APPLE CRUMBLE RECORDのサイトでも紹介されているので、知っている人も多いのでは?

ネットではよく見かけるインディのアーティストやCDが、こうやって一冊の本になっていること自体が、何だか新鮮。それが北欧となれば更に感動ひとしお、という訳で思わず買ってしまったのですが(大きな書店では平積みでたくさん売っていました)、保存版として持っておきたいディスク・ガイドではないかと思います。時代の流れは早いので、すぐに内容は古くなってしまうかもしれませんが、私はこれを参考に趣味の幅を広げていこうと計画中です。

スウェーデン編では、あの口笛ソングからラブラドールまで、アイスランド~フィンランド編では、Kings Of Convenienceのインタビューやlove dance、cats on fireなどなど「おおっ」と思うアーティストが多数載っていました。でも7割くらいは知らない人たちだったので(ああ、無知;)、やっぱり買って良かったな。カラーページは少なめですが読みやすいし、各執筆者のCDレビューも参考になります。うーん、こんな風にブログ書けたらな~って、プロと比べてどーする(^^;)。
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/10.Sat

さようなら、ありりん

メロメロパークのありりん、本日世代交代をしました。
マイホームに、アドアドおじさんがうろうろし出したから、何事かと思ったら・・・
世代交代のお知らせだったのね。
当ブログでは2代目メロのありりん、すこっぴぃの時と同じ様に最後にお手紙くれたよ。
お別れもこれで2回目だから、私も心構えが出来ていたけれど(笑)
ちょっぴり寂しかった・・・かな?
半年ちょっとだったけれど、ありがとね、ありりん♪

mero_1110_2.jpg   mero_1110_1.jpg

・・・ということで、次なるメロを選んでみました。
今度は「ヒッキーマッキー」という種類。何だか某アーティストみたいだね(笑)。
名前は「ぐらぽん」。ふふふ、なぜこの名前なのかわかりますかー?
もち、アリーにちなんでいます。そう、今回はグラスゴーから取ってみました~(笑)。
まだ雨粒坊やみたいだけど・・・いい子に育ってね、ぐらぽん。
メロメロパーク | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/09.Fri

ファンになって2年

Ally Kerrのファンになって、何と2年が経ちました。
うわ~~~早い!何て早いんだろ!

「The Sore Feet Song」を聴いて気になって、オフィシャル・サイトで視聴して気に入って
アルバムを聴いたら更に気に入って、そして当然のごとく?ファンになったんだよね。
自分のHPにも、すぐにAlly Kerrのページを作ったけれど
今読み返しても、ここに書いてあるファン度、気持ちは変わっていないのです。
これは・・・自分でもすごいと思う。
いえ、アリーの音楽がそれだけ私にとって魅力的なのですね。

だけど、これだけファンでいられるのは、アリーの歌が好きということが一番だけど
アリーの人柄というか、彼自身に親しみがあるからなんです。
まあ、あまり上手くハッキリとは言えませんけれど・・・ネ。
地理的には遠いけれど、ファンにとっては身近な気がするな。
メッセージを送れば、気軽にお返事が返ってきたりとか・・・そう、そんな親しみやすさ。
インターネットって、本当に便利ですごい。

まだまだ応援しなくちゃね。
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/08.Thu

airiel 「winks & kisses」

airiel_winkskisses.jpg2003年から2004年にかけてリリースした、airiel(アリエル)の(並べると1つの写真になる)4枚組シングル「winks & kisses」を、やっとゲット!!・・・と言っても左記画像の通り、2枚だけ(笑)。とりあえず手に入ったのは「crackled」と「melted」でした。他の2枚は現在入手困難とのこと、一応キャンセルはしていませんが、ちょっと無理そう・・・。特に「frosted」は廃盤との噂も。まあ、仕方ないかな。リリースから年数が経っているし、まだ在庫があったことの方がすごいよね。だって確か限定数量じゃなかったっけ??

そんな訳で、完成出来ないパズルのようなシングルですが(^^;)、楽曲の方は・・・すすすす素晴らし過ぎ!!もうただただ感動しまくりです。いえいえホント!本当なんです!!こんなにもメロウでドリーミーなアリエルって?!そして先日リリースされた彼らの1stアルバムが、いかに今のアリエルの実力を凝縮したものになっているのかを、深く思い知らされました。このシングルを聴いたら、アルバムでは確実に躍進していることがわかります。すごい。すご~~~い!

シングルの感想は、別記事で書くことにします。最近は1人でアリエル・ブームで、1stを聴きまくっています。シューゲイザーとか言うけれど、ちゃんとメロディアスでどこか切ない響き、そしてボーカルのジェレミーの伸びのあるインディっぽい歌声が、このバンドの一番の良さなんですよね。
洋楽 | Comments(4) | Trackback(0)
2007/11/06.Tue

洋楽を何枚か購入

・・・ブログ更新率80%を目標にしているにもかかわらず
最近はめっきり下がり続ける一方なので(汗)、少し雑多なことを。
(てか、別に記事が書けなければ、書かないでいいのですがね^^;)

まあ、たいしたことではないんですが、またまたCD(洋楽)を数枚買ってしまいました。
アマゾンと、今回は初めてHMVの通販でも思わずポチっと購入。
明日あたり届きそうです。ちょっと大物もあるので、とても楽しみ!
何を買ったかは、後日レビューと共にお知らせしたいと思います。

ああ、だけど通販と言うのはとても便利ですね。
店頭では売っていないCDってあるし、店内でグルグル探すより、PCで探した方が楽。
だから最近は、さらに都心まで出て行く気力も無くなってきてます。
(一応、毎日都心まで出てはいるものの・・・)

関係ないですが、最近ますます英語の必要性を感じる今日この頃。
仕事ではなくて、プライベートの方でね・・・(汗)。
読むのは何とかなっても、書くとなるとさあ大変ってなわけで・・・。
八つ当たりじゃないけど、やっぱり中高の英語教育は改善した方がいいと思う。
今はどうなのかは知らないけど、文法中心・受験英語中心の授業はもうやめよう!(^^;)
でないと、私みたいのが増えちゃうよ(笑)。
音楽話いろいろ | Comments(2) | Trackback(0)
2007/11/04.Sun

アリーも蟲師を・・・

Ally KerrのBBSを読んでいたら、ゲストの人からこんな質問が。
「アリーは蟲師を見たことがある?」
アリー曰く、
「日本語の蟲師なら見たよ。それは衝撃的で驚くほど美しかった。american/britishバージョンをすぐに見るつもり、それで物語の内容を理解出来たらいいなと思ってるよ」

「蟲師」を見てアリーの歌のファンになった人は、海外でも多いみたいです。
海外版のアニメ「蟲師」は、北米バージョンはすでに発売済みですが
こちらを見るとUKでも、10/23にリリースされたようです。アリー、買った~??

このアニメ、海外の人の目にはどう映るんだろう?純和風な雰囲気とか・・・どう?
ストーリーはどれも素晴らしいから、あとはセリフの翻訳に命がかかっていると思うな。
スコットランド人のアリーの感想も、ぜひ聞いてみたいですね。
それともちろんアリーの「The sore feet song」も、オープニングで良い味だしてますので
まだ未見の方は、ぜひ見てみて下さい!!

それとアリー、お茶が大好きなんだそうです(笑)。
teaと言ったら、紅茶のことを指すんでしょうか?前に玄米茶も飲むって書いてあったよね。
毎朝、4~5杯のお茶を飲むんだとか。どうやらその日の原動力になっているようです。
でもさ・・・そんなに飲んだら、トイレが大変ですね~って、余計なお世話(^^;;)。
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/03.Sat

PSY・S 「Collection」

Collection(紙ジャケット仕様)PSY・S 「Collection」(1987)

こちらの記事で書いた、PSY・S(サイズ)の初期アルバムの復刻版ですが、結局は一枚も買っておりません(^^;)。やっぱりね、同じものが2枚も3枚もあってもなぁ・・・ってことで、今回は見送りかな。
そんなわけで、再発された5枚のうちの1枚「Collection」のご紹介。私が持っているのは、1995年に再販された「CD選書」シリーズと、数年前に中古CD市で買った、おそらく初回盤の2枚です。

サイズの片割れ、松浦雅也さんがパーソナリティをしていた、NHK-FM「Sound Street」というラジオ番組がありまして(1986年当時、私は未聴)、その番組内で作った曲の、コレクションアルバムなんだそうです。毎月1曲、好きなアーティストを呼んでの制作だったそうですが、私にとっては結構多彩なゲスト。ZELDA、ゴンチチ、村松健、溝口肇、楠瀬誠志郎、バービー・ボーイズ、久保田洋司などなど、ソニー系列のアーティストが収録されています。あとはサイズのオリジナル曲にも、新しいアレンジが施されていたりして、これはファンとしては必聴!な1枚でしょうね。

当時はまだ駆け出しの溝口さんや村松さん、楠瀬誠志郎さんなどの楽曲が聴けることも、自分的にはツボ。「ビー玉坂」とか、ホント泣けます。あとはサイズの中でも名曲の「Woman・S」のボサ・ノヴァバージョンが収録されていることも、かなり貴重です。すっごく良いです。全体的には音に古くさい感じはあるけれど、サイズっぽさと各アーティストの良さが、ちゃんと融合しているなーと思います。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/03.Sat

Only One、その後・・・

初めは5種類くらいしか、キーワードが出て来なかった「Only One」。
最近では、たくさんの検索ワードが出てくるようになりました。
今日、1位から最後までをずーっと見ていたら、10分以上も経過してしまった(笑)。
だけど、こんなに検索に引っかかるもんなんだねぇ。
感激!というか、怖いというか・・・(^^;)。
しかも洋楽から邦楽、クラシック、はたまたトラックバックやコメントの単語まで出てくるよ。
で、今現在1位の検索ワードは

★SILVER SCREEN THE GREATEST STORY NEVER TOLD
★のん ベルセバ
★フランス alcest
★sore feet song tabs

などなど。なんでしょうかね?のん ベルセバって・・・(笑)。
alcestとかSILVER SCREENとか、私なんかのブログが1位になっちゃって
ゴメンナサイって感じです(^^;)。あ、alcestの発売、楽しみだなー♪

onlyone_1.jpgそして!!
ついに出ました、Ally Kerrの文字!!
きゃーー!やっぱりこれが一番嬉しいわぁ~。
もっともっとたくさん検索に引っかかってね!
リリックって、歌詞を知りたい人、多いのかな?
でも私も、"Dislocation"の歌詞が知りたいんだよね。
アリーのサイトに載せてくれると嬉しいんだけど・・・。


そんなわけで、1人で密かに楽しんでいる「Only One」なのでした。
その他 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。