アクセス解析
レンタル掲示板
2007年01月 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/01/27.Sat

V.A 「Never Lose That Feeling Vol.2」

Never Lose That Feeling Vol.2ロンドンのレーベルClub AC30が企画した、シューゲイザー・バンドのカヴァー集シリーズ2枚目。日本ではQuince Recordsより発売。

これ、各国16組のアーティストが、大物シューゲイザー・バンド(My Bloody Valentineなど)の名曲をカヴァーしてるということなんですが・・・。私、その原曲も知らなければ、カヴァーしたアーティストも全く知らなくて(汗)、とにかくクインスさんがプッシュしてるもんだから、視聴だけはしまくってたんです。そしたらね、それがすごく良くってね(ああ、いつものパターン^^;)。繰り返し聴きたくなっちゃうアルバムなの。もうこうなると、重々しいギター音も耳心地が良いよ(笑)。

そんなわけで、原曲と聴きくらべて楽しむことは出来ないんですが、これはこれで私の中ではオリジナル。で、その中で最も気に入ったのが、Hammockが歌った1曲目の「Black Metallic」。女性ボーカルの声にやられました(笑)。私の大好きな囁き系&ドリーミンボイス。The Year Zeroにすごく近い感じで、透明感のあるちょっと甘めの歌声。曲自体もこのCDのオープニングにふさわしく、聴いていると何だか力が込み上げてきます(笑)。
あとさっき気付いたんですが、Hartfieldという日本のアーティストも参加しています。ちょっと歌声が聴き取りづらいんですが、まるで洋楽ですよ。というか日本にもいるのね、シューゲイザー・バンド。

全体的にとっても聴きやすいアルバムです。まだちょっと聴きこみは足りないんだけど、ぜひこのCDからまた新しい音楽の世界を見出して行きたい。元の歌もそうだし、今回カヴァーしたアーティストも。こうして芋づる式に、好きな音楽が広がっていくのですね。
ちなみにお値段2100円(国内盤)。内容はかなり充実しているから、お徳です!日本語ライナーノーツはとても勉強になるので、国内盤がおすすめ~。
スポンサーサイト
洋楽 | Comments(2) | Trackback(0)
2007/01/26.Fri

溝口肇 「水の中のオアシス」他2枚

mizoguti_hajime_3.jpg溝口肇、初期のアルバム(80年代)で、好きな3枚をあげてみました。どれもとっても素敵なアルバム。当時はまだレコードだったのかな。CDも廃盤のようです。私が持っているのは、再販された「CD選書」(1995)シリーズ。それでもアマゾンの中古品では結構高値ですね。オリジナルで欲しい!

★「ハーフインチ・デザート」(1986)
デビューアルバム。テーマはアフリカなの?曲目からはそんな印象を受けるけれど、聴いてみると、灼熱の大地より夜の静かな草原を思わせるような世界。そう、溝口さんの作るメロディには、どことなく物悲しさや寂しさみたいなものがあって、1stから変わらないんだなーと思った。それをチェロで奏でると、さらに深みが増すのね。特に好きなのは「キリンと月」「眠るミルク・ブッシュ」。

★「水の中のオアシス」(1986)
2ndアルバム。初期の作品ではこれが一番好き。1stと一変、こちらは異空間に迷い込んだような、ノスタルジックな世界。「夏時間」とかすごく良いんだよね。ゆったりとした午後を過ごすような感覚?「摩天楼と恐竜」「p・e・a・c・e」もお勧め。ブックレットを見たらいろんな楽器が使われていて、マリンバが結構目立ちます。それにしても、溝口さんが若い(笑)。

★「A PRETTY DANCE」(1987)
3rdアルバム。テーマはなんだろう?このアルバムは、聴く曲と聴かない曲に分かれちゃうんだけど、特に7曲目以降が好きで。どことなく寂しく悲しくでも心を満たしてくれる・・・そんなメロディが好き。11曲目「ウォーター・ダンス」では、コーラスで楠瀬誠志郎さんが参加しています。彼の声も合うんだよね。

現在の溝口さんのチェロの音は更に深みを増して、とても好き。でもこの初期の作品も、当時「ネオ・シック・ミュージック」とか「ニュー・エイジ・ミュージック」とか言われたように、今聴いても新鮮です。弦楽器ではギターに次いでチェロは好きな楽器ですが、大きいだけに深い音が出ますよね。さすがに弾きたいとまでは思いませんが・・・。
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/01/24.Wed

SOUNDPOOL「on high」

On HighNY出身のシューゲイザー・バンド、SOUNDPOOL(サウンドプール)。ここ最近のクインスさんの正規リリースものでは、割とお気に入りのバンド。女性ボーカリスト、キムさんの声がとてもきれいなのね。女性ボーカルのシューゲイザーと言えば、私はThe Year Zeroを思い出すけれど、同じようなドリーミンさがあります。それにこのバンドも、そんなに重々しい轟音ギターは無く、とてもポップ。シンセの音がとても印象的かな。時々「ミヨヨ~~~ン」と、テルミン並みの音が出ている時もあるし・・・。何となく近未来+宇宙的(笑)。

タイトル曲「on hign」や、男性ボーカルから始まる「walking on air」、浮遊感あふれるイントロが面白い「eurostar」なんかが好き。しかしインディ・バンドと言っても、メジャーにも負けない実力があるなーと思います。CDを通して聴いてみても、音楽に一貫性があって、私みたいな素人でも質が高いのがわかるもん。やっぱり売れるものばかりが良い、とは限らないんだなーと思いました。
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/01/23.Tue

ニューシングル発売!

アリー・カーのBBSによると
ニューシングル「could have been a contender」が、2月に発売予定とのこと!
iTunes(または他のダウンロードサイト)より、ダウンロードでの販売です。
上手くいけば、7インチシングルも!とのことです。
少しづつ、アルバムに向けて動き出したような感じですね。

でも・・・ダウンロードですか。
iTunesのことは、よく知らないしわからない。
それに。。。ダウンロードして買うシングルは嫌いなの(汗)。
だって、実体が無いじゃない?(^^;)
上手くいって、7インチが出たとしても・・・・7インチってレコードでしょ?
レコードってさ・・・うち、プレーヤー無いよ。聴けないよ(汗)。
どうしてUKとかって7インチが流行ってるんだろ?
アナログに回帰してるわけ?理解出来ない。
でもアリーのデビューシングルの7インチ・レコードは持っているけれど(笑)。

なんて、文句なんか言っちゃってごめんなさい!
とにかくアリーの新しい情報がわかって、とても嬉しいです!
楽しみにしてるからね!!
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/01/22.Mon

Googleのすごさ

ちょっと音楽の話題から離れますが・・・今日放送したNHKスペシャル
「グーグル革命の衝撃~あなたの人生を‘検索’が変える~」
・・・をご覧になった方はいらっしゃるでしょうか?

「Google」という言葉がテレビに出てくることが不思議で、とても興味がありました。
以前にBSの方でも、同じような内容を放送したのを見たことがあるんですが
今回は初めてグーグルに長期の取材が申し込めたこともあって、それよりも濃い内容。
番組は、グーグルと企業との広告戦略についてが主な内容だったけれど
「検索」と「キーワード」をめぐって、こんなにも戦いが繰り広げられていたとはね。
検索画面という存在が、多額のお金と利益を生み出すということに驚きました。
そしてグーグルの目標「全世界の情報を瞬時に引き出せるようにすること」
(ちょっとうろ覚え^^;)に、怖ささえ感じてしまったのでした。
でも本当に便利。便利さゆえの怖さ。情報がいとも簡単に引き出せる安易さ。
それが個人で、一台のPCで出来てしまう。ネットに依存している自分だからこそ感じます。
そう、私はもうPC無しじゃ生きてゆけないの(笑・^^;;)。
ネット社会。もはや人間はコンピューターに支配されていると言っても、過言じゃない??

ところで私は、インターネットを起動したときのスタート画面をGoogleにしてあります。
理由は特に無いけれど、すっきりした画面が良かったので。
普通の人はYahoo!とかなのかな?
そういや番組内で、グーグルの検索画面で上位にランクインする条件を
グーグルは100くらい設けている、って言っていたけれど
どんな内容なんでしょうかね?
例えば自分のブログを検索したら(例としてキーワードは、アリー・カー、またはAlly Kerr)
ヤフーでは上位10位内に、グーグルだと70位に出てきました(^^;)。
この差は一体なんなんだろう??グーグルでは不調?(笑)
まあ、別に私は多くの人に読んでもらうためだけに
このブログを書いているんじゃないからいいんだけど・・・。でも気になるよね(笑)。

また長くなっちゃったけれど、驚異!!Google!!なのでした。
その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/01/21.Sun

The Radio Dept. 「The Worst Taste in Music」

The Worst Taste in Musicシングルだったけれど、店頭で見つけたので即買い。
アルバム「Pet Grief」に収録されている「the worst taste in music」と、そのリミックス版が2曲、他1曲の4曲収録。
これで1500円ちょっと・・・まあ、輸入盤だから仕方ないか(汗)。はるばるスウェーデンから来たんだし(笑)。

アルバムに入っているのにシングルを買うって、やっぱりすごく勿体ないんだけど(アルバムの方を先に買っちゃっているからね)、でも4曲目収録の「what you sell」はまだ未聴曲だったので、無駄ではなかったと思う。その1曲だけを、今もずっとリピートでかけているんだけど・・・これもメロディアス&爽やか&ドリーミン。すっかりポップス。ギター・ポップ。イントロのピアノがいい。そのうち入ってくるビブラフォンのような音もいい感じ。メロディは、どことなく中期のオフコースのような趣き。少し鋭利的な感覚、でも温かいみたいな・・・。まあ、歌詞がわからないのが難点なんだけど。でもやっぱり彼らの音楽は好きだ、と思うのでした。

だけどさ、リミックス版はどうよ?私はそういうの、あんまり好きじゃない。それなら他の歌を入れて欲しいなぁ。
洋楽 | Comments(2) | Trackback(0)
2007/01/20.Sat

ネオ・アコーステックと呼ばれる音楽

よくあちこちで「ネオアコ」という言葉を聞くけれど
言葉で説明が出来るほど、どんなジャンルなのかは知りませんでした。
アコースティックな音楽なんだろうな、ということはわかっていたけれど・・・。

で。ウィキペディアによると、こういう意味とのこと。なるほど。
80年代前半だなんて、私は洋楽の「洋」の字も知らない頃(子供だったので・笑)。
そしてその影響を受けているというフリッパーズ・ギターでさえも、よく聴いたことがない。
(今でこそ、コーネリアスのファンだけどね)
ちなみにネオアコとは和製英語、とのことです。

さて、なんでこんなことを書いているのかというと・・・
実はネオアコのコンピレーションアルバムを買ったからなのです。
詳しくはCDジャーナルのサイトをご参照下さい。
私が買ったのはワーナー編の「ネオ・アコースティック・パレード」。
はっきり言って、賭けでした。冒険してしまいました。
何しろ収録曲を見たら1つも知っている歌無し、知っているアーティスト無し、だったから。
しかも視聴もせずに買いました。ホントに賭け(笑)。
だけど、どうしてもネオアコと呼ばれる元祖の歌を聴いてみたかったのね。
もしかしたら、またそこから音楽の幅が広がるかもしれないと思って・・・。

CDレビューは、よく聴き込んだら書くつもりです。
でも今もずっと聴いていますが・・・
すごく聴きやすい。すごく爽やか。何だか新鮮。
ああ、これがネオ・アコースティックなのか・・・と感涙(ちょっとオーバー・笑)。
あのね、こういう風な感じの音楽は、洋楽に限らず邦楽でもたくさんあると思いました。
(というより、邦楽がその影響を受けているんですよね)
そうね、アコースティックだわ。
もともと、音楽をジャンルで(というより1つの言葉で)区切るのは難しいと思うんだけど
だいたいの感じはつかめたのでした。まあ、思ったよりは普通の音楽でしたけど。
でも・・・数年前にたくさんリリースされた洋楽ベストのアルバムと比べると
(「The 80's」とか「Happy」とか、TVとかチャートなどのヒット曲を集めたCD)
私は断然、このネオアコ・コンピに収録されている曲の方が
遥かにセンスが良くて、清々しくて、自分の好みだと思いました。
今私がたくさん聴いているインディ・ポップにも充分に通じるものがあって
これが基礎になっているのかな・・・と勝手に思ったりもしました。

・・・長くなってしまった(笑)。
何かわかったふりをして書いている自分が恥ずかしいですが(汗)
しばらくはこのCDを聴き込んでみるつもりです。
洋楽 | Comments(4) | Trackback(0)
2007/01/17.Wed

アルバム詳細は未定だけど

本当に待ち遠しい、Ally Kerrの2ndアルバム。
いつだろう?いつだろう?と、発売日などの詳細を心待ちにしているのですが
まだ詳しいことはわかりません。
わかっているのは「今年中には発売する」ということ。
あとはアルバムタイトルとトラックリストくらい(変更がなければ)。

クインスさんが2月に強力アイテムを2つ出す、と書いていたけれど
それはどうやら、Ally Kerrではないみたい。
とすると、かなり先のことになるんだろうか?
それとも、やっぱりレーベルは別のところになるんだろうか?
いっそのこと、本人に聞いてみようか・・・(って、英語で何て言うの?^^;)。

でも。あまり催促しちゃ悪い気もする。
アルバムを1枚リリースするということは、とても大変なことなんでしょうね。
レコーディングが終わっても、その後にする作業は多いと思うし
実際に商品化して、それが流通するまでには、きっとたくさんの工程があるのだと思う。
(この辺は、レーベルのお仕事になるとは思いますが・・・)
1stで経験済みとはいえ、やっぱりアリーもいろいろと大変なんだろうなぁ・・・。
それとも何か問題でも起きているのでしょうか?
(ああ、また勝手な心配をする私^^;)

そんなことを思いながら、今日もAlly KerrのCDを聴いています。
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(2) | Trackback(0)
2007/01/15.Mon

Labrador 注目のアーティスト

スウェーデンの人気レーベルLabrador(ラブラドール)。
Club8やAcid House Kings、そして今私が大好きなThe Radio Dept.など
良質のアーティストが在籍するレーベルですが
その他に、ちょっと気になっているバンドをピックアップしてみようと思います。

これは前にも書いたけれど、まずLoveninjas(ラヴニンジャス)。
マイスペで視聴しているうちに、好感度アップ!
歌によっては、ちょっと鼻にかけるような歌い方が気になるけれど(笑)
結構ギターポップしてて、いい感じ♪
ラブラドールの雰囲気、たっぷり。
で、Quince Recordsより国内盤が1/24に発売予定なので、買う予定です。

次はThe Mary Onettes。←なんて読むのかな?
このバンドは某所で教えていただいたのですが、視聴してみたら見事に私の好きな音。
なんでも一度、大手レーベルと契約したことがあるだけに
ボーカルがしっかりしていて、とても聴き応えのある感じです。
「LOST」とか、すごく良いです。
まだシングルしかリリースしていないようなので、今後も要注目です。

Labradorのサイトに行くと、トップページで紹介されていますが
10周年の記念CDボックスが発売されるのでしょうか?
4枚組で100曲?2/14のリリース予定のようですが、詳細はいかに??
収録曲とか、ちょっと気になるなぁ。日本でも輸入盤、買えるのかな?

・・・そんなわけで、要注目レーベルなのです(^^)。

Loveninjas Myspace
The Mary Onettes Myspace
Labrador
洋楽 | Comments(4) | Trackback(0)
2007/01/14.Sun

映画「マリー・アントワネット」に3曲が

ソフィア・コッポラが監督ということでも気になる、映画「マリー・アントワネット」。
だけどそれ以上に気になるのが、The Radio Dept.の歌が使用されているということ。
一体どんな映画なんだ?と心配になるほどですが
(だって、そんなにポップな歌を使っちゃうのですか?)
The Radio Dept.の歌は、次の3曲が使われているようです。

・I don't like it like this
・Pulling our weight
・Keen on boys

他にも、いろんなアーティストの歌が使用されるようで、詳しくはこちらをどうぞ。
うーん、上記3曲中「I don't like it like this」だけは持っていないのです。
そう先日、アマゾンに注文したら見事に「今回は入手できませんでした」と
メールが来たシングルに収録されている歌なのだ・・・。
うーむ、その1曲だけのために、この映画のサントラを買うのもなー。
こうなったら、映画を観に行こうかしらん。

だけど、The Radio Dept.は本当に良いです!聴けば聴くほど、好きになる歌ばかり。
Ally Kerrほどはハマれないけれど、私の好きな音楽路線&ボーカルなのです♪
ライブ行きたいなー。お願い、来日して!
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/01/13.Sat

UKのgigって?

BBSにもお知らせがありましたが、Ally Kerrのgigの予定です。

★1/14 グラスゴーのThe Goatにて、PM8:30より。フリー。
こちらのページを見ると、共演者は「oldsolar」というバンドのようです。

アリー、gigの予定が次から次へとあるようですね。
会場はいつもバーやレストランといったお店のようですが
UKのgigというのは、それが一般的なんでしょうか?
ライブハウスで、というのはあまり無いですよね。
食べたり飲んだりしながらアーティストの歌を聴くのでしょうか?
私だったら、嫌だなぁ(笑)。
飲食するならそれだけ、歌を聴くならそれだけ、と区切りを付けたい(^^;)。
それとも、アーティストの演奏が始まったら、お客さんはそれだけに集中するのかな?
現地に行ったことがないので、よくわかりません。
とにかく、お酒が入りながら歌を聴くのは、私は嫌だな・・・。
その人のファンだったら、なおさらね。
5月のアリーのライブの時は、要ワンドリンクオーダーだったけど
アリーの演奏が始まったら、とても飲んでる余裕は無かったもんね。
(あ、私はウーロン茶でした・笑)

ちなみにgig(ギグ)という意味は、こちら
いつかアリーも「コンサート」と呼べるコンサートを行う日が来るんだろうか?
ううん、今までのように小さな会場で、アットホームなgigを続けていって欲しいな。
ビッグになることだけが、良いことだとは思わないから・・・。
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/01/12.Fri

CUBE LOVES MUSIC

ちょっと気になるニュースを見つけました。
あの日産自動車のcube(キューブ)から、音楽レーベルが誕生するとのこと!
その名も「CUBE LOVES MUSIC」。
詳しくはcube blogをご覧下さい~。

ニッサンと言えば、以前こちらの記事にも書いたけれど
CMで使われる音楽が、とても印象的。センスの良さを感じるのですが
今度のこの新レーベルはどうなんでしょうか?
キューブの魅力を音楽という形で表現とのこと。
第一弾は、絢香とコブクロによるコラボレーションで
今話題のJ-popアーティストですね。うーん、よく知らない・・・(汗)。
1/17からのCMで流れるそうなので、チェックしてみよう。

さて、突然どうしてこのニュースを?と思ったかもしれませんが
実は、私ニッサンの「cube」が好きなんです。
運転免許も持っていないし、車のことには疎いし
ましてやキューブなんて乗ったこともないのです。
だけど・・・外であの車を目にするたび、気になって仕方ないのね。
とにかくあの四角さ!!そしてカラフルな色、バック窓ガラス?の変わったデザイン・・・。
車を買うなら、キューブがいい!!と思うのでした(笑)。
音楽話いろいろ | Comments(0) | Trackback(0)
2007/01/09.Tue

アリーと枝豆(edamame)

◆1月6付けally's journalより

アリーのブログ、ほぼ1ヶ月ぶりの更新です。

冒頭の文章、"peace"と"peas"をかけているんでしょうか?(笑)
2番目の写真には、とてもきれいなお皿に美味しそうな枝豆が写っています。
枝豆(green soybean)は私も大好きです。I love "edamame", too.
そう、「塩ゆで」が一番!(塩はゆでる時に加えましょう~)
そしてビール!(私は飲めませんけれど)
アリーは日本に来た時に食べたのでしょうね。
「僕の決意は、今年たくさんの枝豆を食べること」だって。
はいはい、体に良いのでたくさん食べてください~。
こうやって、アリーが「日本”ツウ”(通)」になってくれることが嬉しいです(笑)。

アリーのBBSでもお知らせがありましたが
1/5に、グラスゴーの"Capitol"というお店(?)で行われた
gigの様子のことも書いてあります。
みんな顔色が青くなるほど、ハードなパーティだったの??
まだ一度もプレイしたことのない会場だったようですが
アリーにとっては、とても満足のいくgigだったようです。
クリスさんとのアコースティック・セットは、とても好評だったみたいですね。

でもここで、彼の心の内面がうかがえる箇所があります。
私は上手く訳せないので、ちゃんとは書きませんが
アリーにも「自分の殻に閉じこもって、自信がとても低かった」時があったみたい。
そんな気持ちを思うと、なぜか私も自分のことのように心が痛いです・・・。

一番目の写真を見ると、1/5のgigでは
St Deluxe、Tom Davisが共演者だったのでしょうか?
ちなみにfree(無料)のgigだったようです。ああ、行きたかった(笑)。

ブログ後半は、アリーがテレビで見た「日本の建築」のことが書いてあるみたいですが
うまく訳せなかったので、カット(汗)。
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/01/08.Mon

久々に音楽雑誌を

前回の記事に書いたとおり、そんなわけでひっさびさに音楽雑誌を買いました。
しかも「rockin'on」。過去に1回くらいは買ったことがあったか?
いやーーーー、パラパラと見てみたけれど(読んでない)
まーったくわかりません。知っているアーティストがいません(汗)。
いかに自分が、洋楽界のことを知らないかがわかったのでした。
最近は「少し」は、詳しくなったつもりでいたけれど(書くのもおこがましいが^^;)
実は、洋楽の1%くらいしか知らないんじゃないか?と自覚したのでした・・・。
というか、この手の雑誌に載っているのは、メジャー・アーティストなんだけどね。
しかも、もともとロックは好きじゃないし、J-popから聴き始めた人間だからねぇ。

特集が「2006年 年間ベストアルバム発表!」だったのですが
これも見事に、聴いたり持ってたりするアルバムが無かったです。
唯一、ベルセバの新譜くらいでしょうか。
これが、インディーに限ってだったら、また違ったのかもしれないけれど・・・。
だけど、インディだって、いい音楽&いいアーティストはいるのです!!

雑誌といえば音楽に限らず、今は情報誌も映画雑誌もファッション誌も
まーったく買わなくなってしまった。
そう、今はネットという便利なツールがあるから、わざわざ買わなくてもいいんだよね。
特に音楽は、雑誌では視聴は出来ないけれどネットならそれが可能でしょ。
これ、結構大きいよね。本当に大助かりです。
雑誌やテレビに出ないアーティストや音楽も、サクサクと検索可能ですから。
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/01/07.Sun

The Radio Dept.が「rockin'on 2月号」に

rockin'on (ロッキング・オン) 2007年 02月号 [雑誌]某所情報によると、2月号「rockin'on」に
あのThe Radio Dept.の記事が載っているということで
思わず買ってきてしまいました。

最近、映画「マリー・アントワネット」に彼らの音楽が使われたり
2ndアルバムの国内盤が出たりと、ちょっと話題のバンドですが(だといいんだけど;)

こうやって日本のメディアで(ネットを除いて)、彼らのことを読むの初めて。
インタビューを読む限り、結構辛口・・・というか
しっかり自分達の方向性を持っているバンドなんだなぁと、強く実感。
それに「自分達はポップ・バンド」と言い切ってます。
シューゲイザーと分類したのは、私達リスナーやメディアなんだとか。
そう、ジャンルなんてどうでもよいの。
あの独特の、メランコリックでどこか優しげ&ドリーミンな音楽を聴ければ良いのです。
(パンクやディスコみたいな曲を作ろうとしても、物悲しい歌になってしまうそう・笑)
それは1stから変わっていないし、このバンドの持ち味だと思うから・・・。
そんなわけで、興味のある方は読んでみて下さい。

そうそう、そんな彼らのシングル「This Past Week」をアマゾンに注文してたんですが
またもや「今回は入手できませんでした・・・」とのメールが(^^;)。
ま、またかーーーーっ。seaside starsの1st以来、2回目だわ(汗)。
うーん、視聴してすごくいい歌だったんだけどなー。残念。
中古屋さんにあるかしらね?というか、日本にあるのかなぁ。
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/01/06.Sat

BELL AND SEBASTIAN 「The Life Pursuit」

THE LIFE PURSUIT突然ですが、ベルセバです。今年出た新譜です。
ずーーーっと気にはなっていたものの、いまいちアルバムを聴くまでには至らなかったんですが・・・・。思わず視聴をしてみまして。「ん?なんかいい音だぞ?」と、いつもの流れ(笑)。そんなわけで、もうずーっとこのアルバムを聴いてます。

何しろベルセバ初心者の私なので(つまり初めて聴いた)あまり偉そうなことは言えないのですが、うんうん、これもグラスゴーの音なのね。聴きやすいです。カメラ・オブスキュアが、彼らの影響を受けているというのが、すごーくわかります。こうなると、以前のアルバムも聴きたくなるけれど・・・とりあえずは、この新譜を聴きこなそう。

でもね。実は微妙に自分の好きな音楽のツボとは、ちょっと違うかな。ベルセバ、お洒落な雰囲気だしメロディもいい感じなんだけど・・・。アリーも大好きだって言っているけれど。やはりAlly Kerrほどは、心に響いてこないのね。どうしてだろう?
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/01/05.Fri

スパムコメントが・・・(汗)

ここ最近、スパムコメントが多くて困っています。
全て英文なので、海外からのものと思えますが、一体何なんだ(汗)。
きっと無差別に、記事に送信しているんだろうけど
放っておくと「最近のコメント」欄が、それだけになっている(^^;)。

という訳で、FC2のサポートページを参考に、禁止ワードとIPを設定しました。
これで少しは減るかな。もし減らなかったら頭にきちゃうよね;
で、万が一その禁止設定のせいで
皆様のコメントが、弾かれてしまう場合も無いとは限らないので
何かありましたら、ご報告下さいませ。

そういや余談ですが、このブログを始めて1年経ちますが
未だにトラックバックをしてもらったことが無いのです。。。
以前ある方に「送信できないよー」と言われたことはありますが
別に設定とか特に何も変更してないんだけど?うーむ・・・。
その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/01/05.Fri

ハーボットの「ぽきゃ」

pokya_0105_1.jpgハーボットの「ぽきゃ」です。
今まで別の所にいたのですが
都合により、こちらに連れて来ました(笑)。

メロメロパークもあるし、フラッシュ物が二つになると
ページが重くなって、閲覧する方は大変かしら??
と心配しつつ・・・。
(私自身は問題は無いのですが)

画像は、ブログ用のごはんを食べるぽきゃ。
ハーボットを飼い始めて、実はもう4年も経ちます。
だから、ぽきゃにはそれなりに愛情があるのですが、可愛いのですよ♪(親ばか??笑)
ハーボットの世界(仕組み)も面白いし、さすがソネットさん!という感じです。

このブログに貼り付けて、まだ間もないのに
(しかもページの下の方に居るのに)
たくさんの方が話しかけてくれているみたいで、ありがとうございます。
ぽきゃがお名前を聞いたら、ぜひ教えてあげて下さいね。
それによって個人情報が漏れる、ということはありませんので、ご安心を・・・。
ハーボット | Comments(0) | Trackback(0)
2007/01/03.Wed

ツアーTシャツを購入♪

「Ally Kerr Solo Acoustic Live 2006」のツアーTシャツを購入しました(^^)。
ライブの時に買い逃しまして、そのままだったのですが
現在セール中とのことで、通販で購入しました。
Office-Glasgow様の、こちらのページよりオーダーが出来ます。
最後のチャンス!今なら1100円!!各サイズも若干あるようです。
買いそびれた方、ぜひゲットしましょう~☆


allykerr_tshirt2.jpg飛行機のデザインが、とても可愛いです♪
布地もしっかりしています。
私はSサイズのブルーを購入(グリーンもあり)。
アメリカンサイズのため
小柄~普通サイズの女性なら、XSがいいと思います。着丈は多少長めです。

allykerr_tshirt.jpg
白くまのステッカー付き!
(たくさんいただきました・笑)
今度は、この白くま君のグッズも欲しいなぁ・・・。

さあ、次のライブはこのTシャツを着て応援だ!?



でも1つショックだったのは、このブルーが私に似合わなかったこと(笑)。
妹に「姉ちゃん、色が合わない、顔色が・・・。」だってさ。
確かに、私は寒色系(特に原色?)だと顔色が悪く見えるかも(汗)。
まあ、そういう時は化粧で誤魔化せばいいのよ(^^;;)。
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/01/02.Tue

小田さんの歌声

先月28日、小田和正さん出演のTV番組「クリスマスの約束」を見ました。
今年はなぜかクリスマスの放送じゃなかったんだね。
そして収録先はスタジオではなく、有明コロシアムだったらしい。

小田さんの歌声。透明感があって、きれいで、どこまでも高音で、張りがあって。
そして聴き手の心を動かしてしまう。
その証拠に客席のファンは目に涙を浮かべていたし、正しく私もそんな気持ち。
オフコースの名曲を聴いて懐かしさに浸る、というよりは
やっぱり小田さんの持つ歌声に圧倒されちゃうんだよね。
だから他の人の歌を歌った時も、同様の感動を得るんだと思う。

レミオロメン(余談ですが、私いつも「ロミオメロン」と言ってしまう・笑)の
「粉雪」を小田さんが歌った時、なんていい歌なんだろうって感動したんです。
こう言っちゃなんですが、当の本人達の歌を聴いた時は何とも思わなかった。
(ファンの方、すみません;)
小田さんの歌声マジックはすごいなと思ったのでした。

今回のゲストは、特に普通だなーと思ったけれど
若手で期待したいのが「いきものがかり」。3人組なんだけど
ボーカルの子の声が気に入りました。とっても力強かったから。
あと、スキマスイッチもいいかな。
今まで名前しかしらなかったけれど・・・。

本音を言えば、最近の小田さんのオリジナルの歌は、そんなに好きじゃないの。
私はやっぱり、80年代後半~90年代前半あたりの歌が好きかな。
でも歌声の魅力は、本当に変わらなくて、すごいと思います。
まだまだ歌い続けていって欲しいです。
個人的には、TV内で歌ってきた色んな人の歌のカバーを
一枚のCDにしてくれたら・・・・なんて思います。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2007/01/01.Mon

2006年に行ったコンサート

あけましておめでとうございます★
2007年が始まりました。
今年はどんな年になるのでしょうか?
たくさんの素敵な音楽に出会えるといいなー!

今年1番目の記事は、去年行ったライブのことでも書こうかな・・・
と思ったんですが、実は5月のAlly Kerrのライブしか行っていなかったんだよね。
こりゃ、私にしては珍しいことかも・・・。
でも、本当に行きたいアーティストはアリーだけだった、ってことになるのかな。

ちなみに2005年に行ったライブ(コンサート)は8回。
・新居昭乃(4回)
・小田和正(1回)
・溝口肇(1回)
・サザンオールスターズ(1回)
・ライブ・イマージュ(1回)

新居昭乃さんのライブは初めてだったので、行ける範囲のライブはほぼ行きました。
小田さんもファン歴長いんだけど、初めて行ったのよね。
サザンは妹の付き添い(彼らの歌は、殆どわかりません・苦笑)。

こんなふうに、今まではメジャーアーティストで大きな会場のコンサートばかり。
だからね、余計にもアリーのライブが特別なものに思えてくるのね。
会場(というかお店)が狭くて、こじんまりしていて、アットホームで
観客とアーティストとの垣根が無くて・・・。
私にとっては、初めての経験だったから。忘れられないライブです。

今年も行きたいのは、もちろんAlly Kerr!!
ただし来日してくれろば、の話しですが(笑)。絶対来て!!アリーお願い!
うーむ、こうなったらグラスゴー行っちゃおうかな(笑)。パスポートも6月で切れちゃうし。

その他だったら・・・国内ではコーネリアスかなぁ。でも結局チケットは取らなかったのね。
あとは、キングス・オブ・コンビニエンスやレディオ・デプトかしらん。
そう、海外のアーティストなんだよね。難しいかなぁやっぱ。
せめて、フェスとかに出てくれないかなー。
音楽話いろいろ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。