アクセス解析
レンタル掲示板
2006年10月 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/10/30.Mon

X-Posure Showcase

アリーのBBSからの情報です。
スコットランドのラジオXFMで、今週の"Showcase"はAlly Kerrとのこと。

すみません、私には意味がよくわかりませんが
Jim Gellatlyさんが、XFMにて毎週月曜日と木曜日の夜(PM10:00-AM1:00)
新しいバンドやアーティストの歌を2曲演奏し
それが今週はAlly Kerr、という意味なのでしょうか?
ということは、今日の放送なのですね。

こちらのページで、もっと詳しく紹介されています。
ページ真ん中あたりには、アリーのインタビュー(?)も掲載されています。
内容としては、特に新しいものはありませんが
アリーが影響を受けたアーティストや(Influences)
アリーが今聴いている音楽のことなど(Currently listening to)が書いてあります。
これはちょっと興味深いですね。
私も参考にさせていただこう(笑)。
(History)には、アニメ蟲師の主題歌になったことも書かれていますが
それによって、アメリカや中国にもファンが増えたとのこと。
(日本ではもちろんだと思いますが)
これは日本のアニメの海外での人気と、ネットの力が大きいのではないかと思います。
運が良かったのでしょうか、アリー。
ううん、それもあるけれど、歌が良かったのです!それは胸を張って言えますよ、私!
スポンサーサイト
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/29.Sun

溝口肇 「OPERA?」

OPERA?溝口肇さん、デビュー20周年を記念しての、企画盛りだくさんの今回の新作アルバム「opera?」。
まずはたくさんの豪華アーティストとの共演。ゴンチチ、山下洋輔、種ともこ、Jazztronik、土岐麻子などなど。その時のレコーディングの様子などは、溝口さんのオフィシャル・サイトのブログ(Motel Chronicles)で詳しく書かれています。とても楽しいそうです。何でも今回は、初めて他の作曲家に曲を1部書き下ろしてもらったんだとか。「人の曲は勉強になります」と、溝口さん。

あとはジャケット写真にも写っている、チェロの形をしたケーキ。パテシエに溝口さんをイメージして作ってもらったんだそうです。その名も「opera」で、アルバムタイトルにもなりました。最後に?が付いているのは、従来のオペラというケーキと、若干中身が違うからなんだとか・・・。しかし本当に可愛いケーキ!食べてしまうのが勿体無いくらいに。今ならホテルニューオータニで販売しているそうです。食べたい!!買いに行こうかな・・・。

前置き長くなりましたが(笑)、肝心な中身はというと・・・優しく上品でお洒落な仕上がり。コラボということもあって、オリジナリティーの面ではどうかなー?とは思うけれど、溝口さんのチェロの響きはどこまでも優しいです。ここ数年、チェロの音や楽曲にとても温かみが増して(もともと温かい音なんですけれど)膨らみがあるように感じます。ジャケの溝口さんの表情も、柔和で何だか余裕さえ感じます。だって昔の彼の表情って(音楽も含めて)、どこか寂しく暗い感じがしたんだもの・・・。

「OPERA?」「Eternal Wind」が特に好きかな。あとは「Somewhere in Time」が再録音されていること!!これは古株ファンにとっては嬉しい限り!この曲は1989年のアルバム「Precious」に収録されているもので、私の大好きな曲なんです。ピアノだけのシンプルなメロディなんだけど、とっても優しい曲。実はこの楽譜を持っているんですが、未だ弾けず(汗)。うーん、頑張るぞーーー。

これだけ書いておきながら、まだすごく好きなアルバムになるかはわからない一枚ですが、質の高いアルバムであることに変わりはないです。CDジャケの装丁もとてもお洒落で可愛いです。
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/28.Sat

Cornelius 「Sensuous」

Sensuousコーネリアス、前作より実に5年ぶりのオリジナルアルバムです!もう買ってからずーーーっと聴いてるんですが・・・全く「飽き」が来ません。永遠リピートしてもOK!そして捨て曲ないよ、すごく良い!前作アルバム「point」の延長線上・・・とは何となく聞いていたけれど、確かに「point」的要素はある。だけどそれ以上のクオリティと、耳心地の良さと、上手く言えないけれどグレードアップしていることは確かだし、何かが違う!さすがコーネリ、さすが小山田君!!

アルバムタイトルの「sensuous」とは、感覚的な・感覚に訴える・感覚の鋭敏な、という意味。全くそんな感じの音が詰まったアルバム。もともとコーネリアスの音楽って言葉を歌として聴くというよりも、言葉も音の断片、楽器の一部という感じなんだよね。今作はそれが一層強まった感じなのかな。まさに感覚で聴くという感覚なのね(笑)。
シングルカットされている「Breezin'」「Misuic」は、やはりすごく良いです。特に「Breezin'」は、ちょっと難しい?リズムと、中間部で和音が変わっていくときの耳心地の良さといったら!「Misuic」の方は、これぞコーネリアスの典型的な歌という感じ。やっぱりね、小山田クンの声なんですよね。特別歌唱力があるってわけじゃないのに(違ったらゴメンなさいね;)どうしてこんなに良いんだろう?特に声を重ねた時とかコーラスが入った時とか、まさに感覚に訴えてくるよ(笑)。

あとは前の記事でも書いたけれど、kings of convenienceの2人が「omstart」という歌で参加しています。しかも歌詞は日本語もあり!発音がすごく上手でびっくりしました。この歌は前後の歌と比べて、静かでどこか幻想的。作曲はコーネリアスなのかな?だけどキンコニの雰囲気だっぷり♪好きだわ~~~。もう二重に嬉しい!

そんな訳で、とてに素晴らしい出来のアルバムだと思います。デジタル音中心だとは思うけれど、「point」より聴きやすく柔らかくなったかなーという印象。お勧めのアルバムです!
アマゾンでチェックしたところ、アメリカでは11/2の発売。UKではまだ何も掲載されていなかった。海外でもこのアルバムを楽しみにしているファンもいるんだろうね!(アリーは、こういうの好きかな?笑)
・・・そういや、ライブツアーあるみたいで。来年4月に東京でもライブがあるんだよね。うーむ、行きたいけれど・・・。その前にチケット、取れるんだろか??(^^;)
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/27.Fri

ハロウィン仕様♪

mero_1028_1.jpg
久々にメロメロパークの記事でーす。
見て見て!
メロたちも「ハロウィン」だよ。
かぼちゃやオバケの姿も!
季節ごとに、メロメロパーク内でも
いろんなイベントをしてくれるから
楽しいね♪




mero_1028_2.jpg
次の日になったら
背後に家が!
周りにコウモリが飛んでいる~。
こうやってアイテムがどんどん増えてくのね。

そういや、メロのすこっぴぃ
あれから全然成長しないよ。
ブログ、いっぱい更新してるのになぁ・・・。



メロメロパーク | Comments(2) | Trackback(0)
2006/10/26.Thu

グラスゴーにてgig

こちらの記事にも書きましたが
今日はグラスゴーにてアリーのAcoustic gigがあります。

10/26 PM8:30 (日本時間10/27 AM4:30)
The Hold (downstairs at The Admiral Bar) on Waterloo Street
Chisさんも一緒に出演するとのこと。

どんなgigになるのでしょうか??
アリーもクリスさんも、gigに行かれる方も
みなさん思う存分楽しんできて下さい~!
もちろん、私は行けるわけないので(笑)。
またアリーの公式サイトで、その時の様子を掲載してくれると嬉しいな。

アリーのブログも、更新されているんだけど
なかなか私に時間がなくて、訳せないのが悲しい。
(というか、私の英語力不足のために、すぐに訳せないのだ・汗)
「ピアノが弾けるようになりたい」とか「温泉」のことなどを書いているようなので
今度、じっくり訳してみます・・・。
というか、誰かスラスラ~っと訳して教えて下さい(笑)。
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/25.Wed

紙ジャケ仕様って

今日は新譜を2枚買いました。

・コーネリアス「SENSUOUS」
・溝口肇「OPERA?」

今はコーネリアスの方を聴いてますが
うーん?どうなんだ?まだ聴きこまないと良くわからないけれど・・・
まあ、とりあえずはコーネリ味ですね(笑)。
あと特筆すべきは、kings of convenienceの2人が参加していること!
しかも、日本語で歌ってる(笑)。
単語を発音しているだけとはいえ、結構お上手!!びっくりしたー。

そうそう、コーネリのアルバム、またまたジャケットが紙ジャケなんです。
レコードと同じような感じのさ。
個人的に、あんまりこの形態は好きじゃないのよね。
薄くて幅を取らないのはいいんだけど、何だかねー。
プラスチックの方が好きなんだよね;;
ちなみに溝口さんの方は、デジパック仕様。最近これも多いよね。

アルバムの詳しい感想などは、また後ほど書きたいと思います^^
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/22.Sun

インディ・レーベルのMyspace

そっか、そっか。
アーティストに限らず、レーベルのMyspaceというのもあるんですね。
という訳で、いくつか探したらあったので、整理しておきます~。
(全てQuince recordsと関係があるものです)

Elefant Records Myspace
(Camera Obscuraなどが聴けます)

Annika Records Myspace
(Mirafiori、pipasなど)

Skipping Stones Records Myspace
(The charadeやThe Year Zeroなど)

Club AC30 Myspace

きゃ~~~~~!
Elefant Recordsのページには、あの「ゾウ」のイラストがっ!
可愛い~~~~~~!(見様によっては、ちょいコワい?笑)
およそ3秒で描いちゃったような、しかもマジック1本描き!みたいな。
この「うまへた」具合(上手いような下手なような^^;)がいいのですよ~~~。
可愛い~~~~グッズ欲しい~~~~~。超お気に入りっ!
ってか、アリーがよく着ている、例の(笑)Tシャツ欲しい!
誰か買ってきてー!
アリー、買ってきて~~~~!んで、ついでにまた来日して(笑)。
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/22.Sun

Mirafiori 「No Podemos Volver A Casa 」

No Podemos Volver A Casa [Import]ジャケだけ見ると、まるでクラシックみたいですが・・・。
えっと、スペインのインディ・バンド
Mirafiori (ミラフィオリ)の1stアルバム。
何とも耳心地の良いキラキラ・ギターポップサウンド!!
本当にキラキラしてるんです(笑)。
数曲をネットで視聴した時点で結構気に入ってはいたんですが、アルバム全体を聴いてみて、更に更に気に入った!だって純粋で素直でとっても親しみやすい音楽なんだもん。どこか懐かしい感じもします。

ちょっと脱力系?な歌い方ではあるんだけど、聴いていると心が和みます。ほわわ~んとするような、聴き心地グッドなギターポップ。それに何と言ってもスパニッシュの響きが不思議。英語と違って巻き舌チックな言葉の響きがない分、ちょっと親しみ持っちゃったりして。まあ、歌詞カードを見ても、どんな意味なのか全くわからないのが難点なのですが・・・。

しかし、やっぱりジャケット写真とのギャップが気になる(笑)。

Mirafiori Myspace
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/22.Sun

米良さんのこと

先日ビデオの整理をしていたら
米良さんが出演したテレビ番組を録画したビデオが出てきた。
久々に見てしまった。懐かしい~。米良さん、相変わらず面白い(笑)。
「夜来香」を歌っていたから、7~8年くらい前に録画したものだと思う。

ちょうど私が、米良さんの熱狂的なファンだった頃。
米良さんの歌声の魅力に取り付かれていた頃。
コンサートやサイン会に行きまくり、CDはもちろん関連書籍も買いまくり
当然のごとくファンクラブにも入りました(今でも会員です)。
当時、私がネットをしていれば、絶対ファンサイトも作ったと思う。
(米良さん自身は、パソコンやらない(苦手)みたいですね・笑)

今は、そんなファン心も下火になりました。
まだファンであることには変わりないし、米良さんのCDは今でもよく聴きます。
だから、飽きたとか嫌いになった、ということではないのですが
ただ・・・私はあの頃の、一番米良さんが調子が良かった時が好きなんです。
実は薄々気が付いてはいました。高い音が出しづらくなっていることを。
きれいな歌声が出なくなっていることを。
コンサートでは、明確にそれがわかってしまって・・・。残念に思ったことを覚えています。
今思えば、彼がスランプに入った時期だったんでしょう。
アルバムも、声の調子と自分の好みを考えると「この道」までかな、と思いました。
それ以降の作品は、歌のジャンルも様々で
いろんなことに挑戦する米良さんに尊敬の意をあらわしつつも
実は好きなアルバムはありません。
というより、一応CDは持っているんですが、聴きこなしてません(こらこら;;)。

あるサイトの、米良さんのCD総評を読んでいて、割と厳しい意見があるのに驚きました。
やっぱり「声の調子」を上げる人が多く、あとは「ジャケットで引いてしまう」とか(汗)。
まあ、「かれん」とかちょっとやりすぎの面もあったかなーとか思いますが(^^;)
問題は中身!!ですので。。。

去年リリースしたアルバム「ノスタルジア~ヨイトマケの唄」。
またこれも今までとは違うジャンルで、やはり音程キーはかなり低めの設定。
そしてテーマは・・・とても暗く重いのです。今現在の彼を投影するかのように。
改めて聴いてみると、やはり米良さんは「歌手」だなぁと感じます。
歌の上手さ、表現力においては抜群です。
ただ、私はまたあの絶頂期の「天使の歌声」が聴いてみたいと思う1人です。
できれはクラシックや日本歌曲で。そんな日は来るのでしょうか・・・。
クラシック | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/21.Sat

シングル・コレクション③

新居昭乃「覚醒都市」  capsule「レトロメモリー」  夏川りみ「涙そうそう」

★新居昭乃「覚醒都市」
音程の取りにくい、ちょっと難しい歌なんですが
カラオケに行くと、思わず歌ってしまいます。壮大な感じが好き♪
3曲目の「ポーリーヌ、ポーリーヌ」が、これまた素敵な可愛い歌で。
派手さはないけれど、シンプルな優しい歌なのです。。。

★capsule「レトロメモリー」
これ、ジブリ制作のアニメーションを背景に
シチュー(だったかな?)のCMで使われてた歌。
これで初めてcapsule(カプセル)を知ったんだけど、これまた可愛い歌でね~。
レトロポップ、ジャズ、フレンチポップ、ピコピコ電子サウンド、近未来系・・・。
路線としては、ピチカート・ファイブに近いかな?
ボーカルの子の声が、キュートで好き♪

★夏川りみ「涙そうそう」
もう有名な歌ですよね。
「涙そうそう」もいい歌なんですが、他に収録されている2曲もグッド。
特に「あなたの風」を聴くと、懐かしい感じがするんですよね。
昔はこういう風な歌、もっとあった気がするなぁ。
作詞・作曲はBEGIN。沖縄の風景が目に浮かびますね。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/19.Thu

ファンになって1年

アリーのファンになって一年が経ちました。
ちょうど去年の10月頃でした。
「蟲師」のテーマソングを聴いた時の新鮮さは、ちゃんと覚えています。
こんなにアリーの熱烈なファンになるとは、自分でも予想外のことでした。
でも1年が経った今でも、その思いは同じです。
すごいな、私!(笑)

そしてAlly Kerrのカテゴリーが、この記事で100を数えました。
我ながら、これもすごいと思う。
アリーの情報というのは彼のブログくらいしかありません。
それなのに、これだけ書いている自分が不思議です。
もちろん私のファン心を綴った記事が大半だからなのですが(笑)。
まだまだネタはあるので、頑張ろうと思っています。
さあ、次は200を目指すぞ!
elefant_mini.jpg
(しかし日本で私くらいでしょうね、こんなに書きまくっている人;)





Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/18.Wed

シングル・コレクション②

高橋克典「熱くなれ!」  小田和正「緑の街」  GARNET CROW「君の家に着くまでずっと走ってゆく」

★高橋克典「熱くなれ!」
ちょっとファンでした(笑)。
この歌、すっごく直球で、思えばギターポップ(ロック?)だよね。
「サラリーマン金太郎」の主題歌だったから、それもそのはず?
そうそう、カップリング曲「STARS」がまた良いのです。
中島美嘉のデビュー曲ですね。
この2人が共演したドラマ、毎週見てました。結構面白かったんだよね。

★小田和正「緑の街」
小田さんの、映画監督第2作品目「緑の街」の主題歌。
メロディも歌詞もタイトルも、小田さんっぽい仕上がり。
映画の方は面白いのかな?まだ見たことはないんだけど、
最初の作品が不評だったからねー(当時私も見に行きましたが;)。

★GARNET CROW「君の家に着くまでずっと走ってゆく」
確かテレビのCMで初めて聴いて、ひと目ぼれ(?)した歌。
今、改めて聴いても、アコースティック・ギターのイントロがいい感じ♪
洋楽のようなメロディラインと、流れるようなボーカルがいいね。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/16.Mon

Myspaceは便利!

私のパソコンのお気に入りには、"Myspace"のフォルダが作ってあって
現在30個(ページ?)くらい、登録してあります。
今もどんどん増加中~。
メジャーでもインディでも
今はたいがい海外のアーティストはマイスペースを持っているから
すごく便利です。だって、フルで1曲聴けちゃうんだもん。
好きなアーティストの幅を広げるには(特にインディ)、持って来いの音楽ツール!
視聴して良ければ、アルバムを購入!!
CDを買うまで行かないアーティストでも
パソコンをする時のBGM代わりとしても使えます。
あーーネットで便利ね~~~。

それでは、勝手にお勧めのマイスペースのご紹介~~~♪

the whitest boy alive
(キングス・オブ・コンビニエンス、アーランド・オイエのもうひとつのバンド)
sean lennon
(ご存知ショーン・レノン君ですが、私、初めてここで彼の歌を聴きました)
the boy least likely to
(ある方がサイトで紹介されていて、明るくて痛快な感じが気に入ってしまった♪)
pipas
(クラブ8にも通じるものが。ラテン&スパニッシュの響き)
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/15.Sun

シングル・コレクション①

LOVE PSYCHEDELICO「Free World」  ケツメイシ「花鳥風月」  諌山実生「月のワルツ」  

気が付いたら、結構CDシングルが集まってしまいました。
その中から、いくつかご紹介~。

★LOVE PSYCHEDELICO「Free World」
イライジャ・ウッドが来日した時に、ラブ・サイケデリコのCDも買っていったとかで
私も聴いてみたくなってしまい、試し買いしたのがこのシングル。
ポカリ(だったか?)のCMでもバンバン流れていた歌でしたね。
しかし文句なしにカッコ良い!
こんなに洋楽ロックなのに、日本語と英語が違和感なく融合しているのは、ホントお見事!
ジャケも洋楽チックなアート・ワークがお気に入り!

★ケツメイシ「花鳥風月」
テレビで流れていたのを聴いて、良いなーと思って買っちゃったシングル。
和風テイストなタイトルと、これまたどこか和風な美しいメロディ。
だけど中間部はラップなのね(笑)。詩的な歌詞が好き。
ケツメイシの他の歌はよくしらないけれど、この歌はとっても爽やか。
表ジャケットの美しい紅葉の写真に対し、裏ジャケが埋立地(かな?)の汚いゴミの山。
この対比に、何気にメッセージか込められているのかな。。。

★諌山実生「月のワルツ」
NHK「みんなのうた」で放送されていた歌。
とにかく歌よりも、幻想的なアニメーションが印象的でした。
5分間この一曲だけで、なぜか夜によく放送されていたと思う。だからよく目にしました。
メロディはありがちな感じだけど、繰り返し聴くと耳に残ります。
「みんなのうた」にしては、大人っぽい感じだよね。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/14.Sat

やっぱりアリーが大好き!

記事タイトル、まるで「愛の告白」みたいですが・・・(笑)
えっと、改めて。
私はやっぱりアリーのが大好きです♪
(もちろんアリーのことも好きだよ^^**)

例えば、グラスゴーのたくさんのアーティストと聴き比べてみても。
私はアリーの歌を聴くまでは、グラスゴーの音楽のことは何も知りませんでした。
だから、現地で有名なアーティスト、アリーと関わり合いのあるバンドなど
ネットで視聴したりして、いろいろ聴いてみたのです。
Teenage Fanclub, BMXBandits, The Pearlfishers, The Pastels, Belle and Sebastian....
だけど、アリーの歌ほど心には響きませんでした。
アルバムを聴いてみよう!と思ったのは、Teenage Fanclubくらい。
それでもTFCも、ものすごいファンになったわけではありませんでした。

アリーの歌が1番いいなーと思ったのでした。
それは別に他のアーティストの歌が良くない、ということではないんです。
ただ私があまり気に入らなかっただけ。
感覚的にアリーの歌が自分に合っていたんですね。
彼の歌を何度聴いても飽きないのは、そういうことなんだと思います。

今私は、The Radio Dept.やseaside stars、kings of convenienceなども大好きですが
ふとアリーのCDを聴くと、やっぱりアリーの歌はいいなーと思い直すんです。
アリーの歌声にとっても安心してしまう。なぜだろう?
うん、これもやっぱり、アリーのが大好きだからなのね♪

(ちょっと褒めすぎかな~~~~笑。でもいいの!ファンはこれくらい書くものよ♪)
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/13.Fri

The Radio Dept. 「Lesser Matters」

Lesser Mattersやっと手に入れた!The Radio Dept.のファーストアルバム。
で??うーむ、第一印象としては・・・「まあ、こんなものか?」。というのも、2ndアルバムを先に聴いてしまっているので、それよりは幾分、ポイント低いかなーって感じ。全体的なまとまりとか、楽曲とか。良さとしては、2ndの方が絶対にいい!逆に言えば、それだけ彼らが進歩したということなのだけど・・・。

でも「まどろみ&胸キュンポップ」は確実に存在しているし、1stの方がよりシューゲイザー的要素が強い。メロディアスなメロディの背後では、あの特有の轟音チックなギターの音色が・・・。でも決して、しつこ過ぎず重過ぎないのが良いんだろうね。ボーカルjohanの歌声は、やはり囁き系で優しい感じ。私の好きな声だわ。よく聴けば、何となくTFCやseaside starsの声と似ているよね。歌い方とかも。

特に気に入ったのは9曲目「Against The Tide」(流れに逆らって、という意味?)。こういうまどろみ加減が、このバンドの特徴だと思うし好きな所です。このアルバムが出た時、評価が高かったのもうなずけます。インディでもメジャーでも、売れる売れないに関わらず、良いものが残っていって欲しい・・・そんなことを思ったのでした。
さて、彼らは早くも3rdアルバムの準備に入っているそうです。楽しみ~~~。
Myspaceにて、新曲「We Made The Team」が聴けます。)
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/11.Wed

1stアルバム、いつ聴ける?(汗)

うーん、うーん・・・(汗)。
またまたアマゾンからメールが来ていて
seaside starsの1stアルバム「The Magic of Stereo」の発送が
4~6週間遅れます、とのこと(汗)。
う、嘘・・・。それじゃ、もしかしたら届くのは11月下旬くらい?
注文したのは8/31だから、かれこれ約3ヵ月後かぁ。
よっぽど在庫無いんだろうなぁ(^^;)。
ってか、あるって書いてあったから注文したんだけどね。
でも最終的に無かったらどうしよう。中古はやだしなー。
手元に無いと思うと、余計に聴きたくなってしまう。
そんなわけで、Myspaceで思わず「Good Timing」視聴!いい歌だ~~~。
seaside starsって、爽やかで明るいんだよね。
現在ちょっと滅入り気味の私には、ちょうどいいわ・・・。
洋楽 | Comments(4) | Trackback(0)
2006/10/09.Mon

Myspaceにスライドショーが

Ally KerrのMyspaceに、スライドショーのコンテンツが加わりました!
ページの真ん中あたりをご覧下さい。
Allyのいろいろな写真が、スライド方式で次々に変わります。
これはファンにとっては嬉しいことですね。
写真は、去年の東京や大阪でのライブの様子、グラスゴーでのgigの様子など
Allyのブログや公式サイトで、すでに掲載されている写真が殆どです。
(飛行機の機内食の写真もあり。アリーらしくて笑える)

私はほぼ全部見たことがある写真でしたが、1枚だけ初めて見るものがありました。
(アリーがお店でビールを飲んでいる写真)
やっぱり少しぷっくりしたかな、アリー(笑)。
5月のライブの時のサイン会でも、ビールをジュースのように飲んでいたけれど・・・
お酒はほどほどにね!(余計なお世話;;)

AllyのMyspaceには、他にもたくさん情報が載っています。
ライブの予定や
Allyの自己紹介ビデオ(YouTube)
彼のブログへのリンクも貼ってありますので
みなさん、要チェックです!

※追記(10/11)
なーんだ、このスライドショーのことは
9/22にアリーのBBSでお知らせ済みだったみたい。
このスレッド、確か読んだはずだったんだけど
私、全く意味がわかっていなかったみたい(汗)。あはは;
"airline meal" and
"a polar bear playing left-handed guitar"
「機内食」と「左利きギターを弾く北極グマ」ってのも、今ならすごくわかる(笑)。
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/09.Mon

ある日の夕暮れ

sunset_tokyo.jpg

ブログの趣旨と全く関係ないのですが(汗)
1年くらい前に撮った、秋の日の夕暮れです(うちの近所)。
Allyもブログに夕焼けの写真を載せていたから、つい対抗(?)してみました(笑)。
Do you read this blog, Ally??
ちなみにアリーのはこちら(10/2付)→http://www.allykerr.com/weblog/blogframeset.htm

そう、アリーは「夕焼け」で私は「夕暮れ」。
紫がかった空は何となく寂しさを覚えます。
昼間はごちゃごちゃして見える電柱と電線も
夕暮れ時の空には、なぜか嫌悪感がありません。
これも日本の風景なのかな・・・。
その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/07.Sat

気になる洋楽、いろいろ

先日ちょこっと書いたsoundpool(サウンドプール)ですが
彼らのMyspaceで視聴しまくってたら、何だかすごく気に入ってしまった!
シューゲイザーと言っても、エレクトロチックな響きが強いんだけど・・・
結構いいんじゃない??
うーん、こりゃ買っちゃうかも。。。
もう発売しているから、CD屋さんに行ったらチェックしてみよう。
こうなると、ホント今後のクインスさんにいろいろ期待しちゃうよね!

最近はarch recordsが紹介するCDも、ちょくちょくチェックしています。
素敵なアーティストをセレクトしてくれる、オーナーさんに感謝!
視聴が出来るので、自分好みのアーティストが見つかった時は嬉しさ100倍!(笑)
で、その情報を元に、地元の店またはアマゾンで購入したりします。
(アーチさんで買わなくてごめんなさい;;)
で、最近気になったアーティストは・・・
★PIPAS 「sorry love」
★MINIMUM CHIPS 「lady grey」
★RELAY 「still point of turning」
これも店頭でチェックだ!

ところで8月と9月にアマゾンに注文したCDが、まだ届かない(汗)。
(合わせて7枚くらいある・・・^^;)
しかも9月に頼んだ方は、そのうちの2枚が揃わず、更に発送が延期。
まあ、仕方ないけれどね・・・。
ちょっと初めてのケースだったから、ビックリした。
その他の品物は、たぶん来週中には発送されると思うけれど・・・。
まだお知らせメールが来ていないから、何ともいえないのだ。
待ちすぎで、首が伸びちゃった~(ろくろ首!?汗)。
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/05.Thu

吉田浩之 「一粒の涙」

一粒の涙テノール・吉田浩之のデビュー・アルバム「一粒の涙」(1998)。

私、どうしてこのCDを買ったのかを全く覚えていないんですが(汗)、もしかしたら店頭で手に取って、そのまま勢いで買っちゃったのかも(そんなんでいいんかい・汗)。しかも吉田さんのことは、それまで全く知らなかったんです・・・。

だけど結果的に「当たり」のアルバムでした。何とも声が素晴らしい!テノール歌手のことって殆ど知らないし、どのテノールの歌を聴いても同じに聴こえてしまう私。でもこの吉田氏の歌声は、ものすごく特徴があるというわけではないんだけど、ただ上手というだけでなく、聴きやすく心に残る歌声なのね。
そして収録されている楽曲もいいんです。「祈り」をテーマに、有名な声楽曲がずらり。シューベルトやバッハ、カッチーニなどのアヴェ・マリア、「G線上のアリア」や「オンブラ・マイ・フ」など、どこかで聴いたことのある歌たち。ピアノだけの(一部チェロも)シンプルな伴奏で歌われます。通して聴くと心が落ち着き、安らぐ感じです。歌う人によって、歌って変わるものだなぁと思います。特にお気に入りなのが、C.フランクの「天使の糧」。静かで優しい前奏、心洗われるメロディ、何だか胸が締め付けられる思い・・・。

そして一曲だけ異色なのは、エルトン・ジョンの「candle in the wind」が収録されていること。どうしていきなり洋楽?!と思ったら、この歌は故・ダイアナ妃への追悼の歌で「祈り」がテーマだからなんですよね。歌詞はなくハミング(ヴォカリーズ)で歌っています。元歌と全く違った雰囲気なのですが、静かな悲しみを帯びた感動的な編曲で、吉田浩之さんのボーカルが更に聴く者の心を捉えます。
クラシック | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/03.Tue

グラスゴーの夕焼け

◆10月2日付けally's journalより

グラスゴーの夕焼けがとてもきれいです。
秋の気配を感じます。
日本で見る夕焼けと同じですね。
今度、私も自宅近くの夕焼けの空でも、写真に撮ってみようかな・・・。
アリー、週末はフィンランドと日本のお友達と一緒に
とても楽しい時間を過ごしたようですね。
もしかして、グラスゴーで9/29に行われた
Teenage FanclubのBandwagonesqueのライブに行ったのでしょうか?

現在、PLECTRUMの高田さんが、グラスゴーに行かれているそうなのですが
またアリー達と会ったのでしょうか??
やはりTFCのライブを見に???
高田さんのブログでの報告を待ちたいと思います~。

いいなぁ。行きたいな、UK!グラスゴー!!
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/02.Mon

Ally、この写真♪

私は、実はこちらのページの、このアリーの写真がとても好きなのです(*^^*)。
(同じ画像は、アリーの公式サイトのgalleryでも見られます)
とてもきれいに撮れている写真だと思うのですが・・・どうでしょう?(笑)
こうなるとアリー、
実は黒い目で黒い髪の毛でも、結構似合うのでは??なんて思っちゃいます。
えへへ。
しかし、目が大きくて羨ましい・・・・。
Ally Kerr (アリー・カー) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/02.Mon

The Brother Kite 「Waiting For The Time To Be Right」

Waiting For The Time To Be Rightアメリカ・ロードアイランド州出身のバンド、The Brother Kite(ブラザー・カイト)。
今作は彼らの2枚目のアルバム。視聴をしてみた時点で、もう疾走感あふれるメロディにやられてしまい(笑)、それから首を長くしてこのアルバムの発売を待っていました。もう何回も聴きこんでみたけれど・・・なんて素晴らしいんでしょう!視聴曲以外の歌も、期待を裏切らないグッドな出来栄え!メロディラインも抜群なのですが、力があって爽快感がある、Patrickのボーカルがとりわけ良いんですよね!インディだけど、それ以上の実力があるバンドだと思います。

今の時点では1stアルバムの方はまだ未聴なのですが、シューゲイザー的要素は1stよりも薄く、どちらかというとパワーポップみたいな感じ。+ギターポップ&メロディアス路線、でも心の底から力が湧いてくるような・・・何か上手く言えないのですが、とにかく聴いていると元気が出るんですね。とても完成度が高いのです。
「Get On, Me」「I'm Not Only One」(この2曲を最初に視聴)は、疾走感がたまらない名曲!ノリが良くて、ギターポップしています。そういえばロックとポップの違いって何だろう?私は断然ポップの方が好き。ただただうるさいだけの歌は、聴いていて心に響かないから・・・。

CD画像は、国内盤仕様のものです。Quince Recordsよりリリースされているのですが、こちらにはボーナス・トラックが3曲付きます。その中でも「The Misery Walk」が、すっごく気に入ってしまいました。もし買われる方がいましたら、私は国内盤をお勧めいたします(^^)。

余談ですが、バンド名の由来は、ボーカルPatrickのGFのお父さんが大の「凧揚げ」好きで(笑)、そこから来ているのだそうです。(kite=凧)
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/01.Sun

秋のシューゲ祭り?!

さて。
大好きなインディ・レーベルQuince Recordsの、リリース状況をチェック!
9/20に発売された、The Brother Kiteの新譜に続き
しばらくは、シューゲイザー系のバンドのリリースが相次ぐ模様。
ちょっと、まとめておきます~。

★spotlight kid(スポットライト・キッド) 
10/4 発売 「departure」
Myspace

★popup(ポップアップ)
10/4発売(7インチ&CD)「lucy, what you trying to say?」
Myspace

★soundpool(サウンドプール)
10/7発売 「On High」
Myspace

この3つの中で気になったのは、サウンドプールかな。
それでもまだ買いたいというところまでは、行っていないのだけど・・・。
他の2つのバンドは、残念ながら私好みの音ではありませんでした。
かなりシューゲイザー・バンドに力を入れているようだけど
クインスさんが選ぶのは、割とメロディアスで聴きやすいから嬉しいね。
The Bother Kiteもそうだし(これ、かなり好き!)
The Year ZeroやTeleviseもそうだったし・・・。

今後もいろいろとリリース予定のバンドが控えているらしいから
漏れなくチェックしなくちゃね!!
ところで、アリーの新作はどこから出るんだろう??
クインスさんじゃないのかなぁ・・。
洋楽 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。