アクセス解析
レンタル掲示板
サントラ/ヒーリング他 ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/12/27.Mon

溝口肇 グローリア・チャペルコンサート

12/23にキリスト品川教会で行われた、溝口肇さんのグローリア・チャペルコンサートへ行って来ました。毎年行われているコンサートで、私にとっては2回目。前回いつ行ったっけ?と調べてみると、何と6年前の2004年でした。私が溝口さんのコンサートへ行くこと自体も、たぶん2005年の紀尾井ホール以来だと思うので、すっごく久々のライブだったんですよね。

しかしながら、溝口さんが新しいアルバムをリリースしたことさえ知らず(汗)、最近ではあまり彼の活動などを詳しく追ってはいなかったんですが、やはり生で聞くチェロの演奏はどこまでも美しくて、音色もとても深くて・・・そしてとても温かさを感じました。ちょっとした思い付きでチケット取ってしまったんだけど(こら;)、行って良かったなと思いました。
今回もピアノ、パーカッション、ベースをバッグに(後にチェロ4人組も登場)、どことなくジャズっぽい雰囲気。実はジャズって苦手なので、ちょっとビミョーではありましたが(大好きな曲「キリンと月」もジャズテイストだったしなぁ・・・)久々のライブはとても楽しめました。単独演奏の「エスパス」や「鳥の歌」も聞けたし、もちろん「世界の車窓から」も聞けたし、欲を言えばもっと初期の頃の楽曲も聞きたかったけど、まぁカバーアルバムをリリースした後なのでそれはしょうがないか。タイトルを忘れちゃったけど、カバー曲ですごく良い曲もありました。

溝口さんって、結構しゃべりも楽しいんですよね(笑)。静かに淡々とトークをしているようでも、適度にジョークを入れてくるというか(笑)。見た目はすごく貴公子?なのに。しかし久々にコンサートに来てみて思ったことは、お客さんの年齢層が高いこと!そりゃ私だって年齢いってますケド(^^;)、30代~50代くらい?メチャ若い子っていなかったなぁ。まぁ、だから何なんだって感じですけど。。。

イメージそ・し・て!!終演後には、何とご本人との握手会が!もれなく会場でCDを買った人に限り(はいはい、買いましたとも!!)グッズもプレゼント!しかも本人からの手渡しで!!のんこ、乙女心が炸裂です(笑)。ちょっと緊張しちゃいましたが、握手をしてもらいながら、ガビガビの笑顔を作ったのでした・・・ぷはっ。
←ニューアルバム「yours;Luxe」と、ご本人から直接の手渡しでいただいたティースプーン!!柄の先にはチェロの写真入り♪
スポンサーサイト
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/06/12.Sat

V.A 「still echo」

スティル・エコー~クラシカル・「still echo クラシカル・ヒーリング・コンピレーション」(2000)

久々に聴いたので、ちょっと記事にしてみました。有名なクラシック曲やヒーリング系アーティストの名曲を集めたコンピ。アマゾンのページにも書いてあったけれど、確かにビクターの売れ筋アーティストの作品が詰まっている一枚。だから溝口さんの「世界の車窓」が入っているのか・・・。何となく、これだけ毛色が違う感じがするのは私だけ?

一時期、こういうコンピって流行りましたよね?イマージュとかフィールとか。私も何枚か持ってますが、その中でもお気に入りの一枚。中でも、Boys Air Choirの歌声に出会えたことは大きな収穫でした。「blue bird」は何度聴いても名曲だと思います。今度、スタンフォードの楽曲もちゃんと聴いてみようかなぁ。あとはカウンター・テナーのスラヴァ。この人の歌声も素晴らしいですねー。美しく存在感のある声。心にすーっと入り込んで来ます。クラシックギター好きとしては、村治佳織の「Calling You」もとても素敵。ただ彼女のアルバムはなぜか持ってません。何だかさ、ルックスで売ろうとしているところが鼻について・・・って、考えすぎか?(^^;)

選曲はバッハやヘンデルなど古楽が多いですが、歌ものから器楽ものまでバランス良く収録されていると思います。確かに聴いているとヒーリング効果が・・・最近、轟音シューゲもので心が興奮状態だから(^^;)たまにはこんなコンピも良いかもですね(笑)。
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/04/25.Sun

はなまるなベストアルバム childhood memories ~ディスク1の感想

はなまるなベストアルバム  childhood memoriesもはやアニソンの域を超えたと(勝手に)思われる、クオリティーの高いはなまるなサントラ。
特に各話のエンディング・テーマがすごく気に入ってしまったので、勝手に感想でも書いてみたいと思います。かなりNARASAKIさんびいきな文章になると思われますが、どうぞご了承を・・・(笑)。特に注釈が無い限り作曲はNARASAKIさんです。ちなみに作詞は各作詞家さんが、歌は歌詞に準じた役の声優さんが歌っています。

★ディスク1:のんこの勝手な全曲感想~♪★

1. 笑顔ならべて
アニメは第3話から見始めたため、CDで初めて聴く。あ、CMでよく流れてた歌だったのね~♪ポップで可愛い歌。一番普通っぽくてアニソンっぽいかな?

2. キグルミ惑星
この歌のみ、コジマミノリさん作。7分近くあるスペースオペラ?な大作。柊のセリフ入り、 はなまるファンでは結構人気がある歌みたい。私は・・・ちょっと??という感想。発想はおもしろいよね。

3. 草の指輪 花の冠
この回から放送を見始めて、この歌をエンディングで聴いた時に衝撃を受ける。やっぱ、ナッキー作は良いなぁ・・・。フォーク調のアルペジオギターが美しい優しい歌。陽だまりの中にいるみたい。テーマは山本先生で、只野菜摘さんの詞が素敵。

4. 発動!!らぶビーム☆
真堂さんの元気一杯の歌声で、杏の妄想世界?が炸裂(笑)!テクノチックなメロディで、これもお気に入りの歌。イントロのメロディが間奏や中間部以降で繰り返すあたり、その辺のアレンジが上手いな~と思う。

5. あのねきいてね
WATCHMAN作。3拍子のゆったりとした曲調が、引っ込み思案でおとなしい小梅のキャラを表してます。これ、歌詞にじーんとくる。だってまるで私の今の気持ちみたいだよ?(って、幼稚園児と同じなのかい^^;;)でも実際、私は性格がめちゃ小梅タイプなのです(笑)。

6. ハートの法則
WATCHMAN作。高速リズミカルですっごく弾けている歌だよね。さつきの性格そのまま!!しかしあんな兄想いの妹っているのかしら?ある意味コワい。。。エンディングのアニメーションでは、確かどデカイぱんだねこ出てきたよね?

7. 黒ネコのジャズ
テレビで聴いた時は「こういうのもありなんだー」と異色な感じも受けたけど・・・お洒落な1曲ですごく好き(エンディングのアニメーションもいい味出してました)。注目すべきところは、何とこの歌だけ作詞もNARASAKIさんが手掛けていること。

8. 撫子ロマンス
「80's和風ニューウェイブ細野風味(本人談)」だそうで(笑)。やっぱこの辺の世代なのでしょうね~わかるわかる(^^;)。大和撫子・雛菊ちゃんの想いが通じそうな1曲。メロディ、アレンジと共にすごく好き♪

9. 黒糖ドロップ
えっ?アニソンで4AD風ってさ(笑)。歌詞を考えると、メロディがちょっと重々しい感じもしたけれど、3連のリズムで大胆なアレンジに。これもちょっと異色かなぁ。

10. 僕の忘れもの
つっちーの歌。歌詞が泣けますね。今回は只野菜摘さんの詞に多く感銘を受けました。そして!!なーんとこの歌では、NARASAKIさんがコーラスを担当!よ~く聴いてみて下さい、サビの部分でハモってますよー(笑)。音量を大きくしないと聴こえないけどね。

11. Yes,We Can!!
WATCHMAN作。これ、一番WATCHMANさんっぽいです、特にピコピコ具合が。元気が出る1曲。自由な感じがすごく良いです。

12. せかいでいちばん
母子の絆の歌。杏役の真堂さんが、わざと音を外して子供っぽく歌っているのがすごく可愛い。ナッキー、初めてこんなにほのぼのとした曲を作ったのだそうです。

13. 優しい陽だまり
この歌が一番、ディーパーズに近いのではないでしょうか?ギターアレンジといいシューゲしています。アニソンでシューゲ・・・でも全く違和感ないです。そして歌詞がいいですね・・・気持ちがすごくわかるなぁ(遠い目)。これは山本先生の心の中なのかな?それともつっちー?

14. ぱんだねこ体操 (みんなで一緒 ver.)
WATCHMAN作。何度聴いても可愛い歌ですね~~。ぱっぱーぱっぱー!私も踊るぞ!(いい歳してやめなさい<天の声)。

15. 青空トライアングル (TV-SIZE)
やっぱりこの主題歌が一番好き!そっか、ジェットコースターをイメージかぁ。速さといいスリリングな感じが正にそうですね。歌うと、結構音程を取るのが難しいです。今度カラオケで果敢に挑戦してみようか?!(笑)
サントラ/ヒーリング他 | Comments(2) | Trackback(0)
2010/04/24.Sat

はなまるなベストアルバム childhood memories

はなまるなベストアルバム  childhood memoriesこれ、すごく良いアルバムです~~~♪♪

一番の目的は、毎回違った各話のエンディング・テーマが聴きたかったからですが、もうそれがどれもすごく良いんです!放送時のテレビサイズではなく、フルバージョンで収録されているのでとっても聴き応えがあります。CD2枚組なのですが、ディスク1にはそのエンディング・テーマ全曲+OP主題歌+「ぱんだねこ体操」が、ディスク2にはアニメのサントラが収録されているという充実ぶり。

さて、以前から何度も書きまくってますが・・・音楽担当はSadesper Recordです。NARASAKIさんとWATCHMANさんでーーすっ!んもーー何て良いお仕事をするのだ、このお2人は(感涙)。今のところまだディスク1の方しか聴いていないのですが・・・ちゃんと両者の個性(らしさ)が作品に出ていて面白いのです。各歌の感想はまた後で書きますが、改めて聴くと、私はやっぱりNARASAKIさんの作るメロディが大好きです。何てこの人は良い曲を書くんでしょうか。アレンジとかもすごく良いの。そりゃアニメのサントラゆえ、ディーパーズの時とはちょっと違うけれど(だって全曲がメルヘンチックだし素直すぎるし・笑)、どこかメロディアスで心を突いてくるものがある・・・という基本はバンドの時と変わらないんです。

そして歌詞カードにはびっくりです。NARASAKIさんとWATCHMANさんの全曲解説やら、はなまる幼稚園についてやらのあとがきが載っているんです。こんなのバンドの時はありえないよね?ファンとしては、こういうのすっごく貴重です。ミュージック・スタッフもちゃんと記載されているので、この歌ではギターはNARASAKIさんか!とか、ビブラフォンはWATCHMANさんが!とか、細かにチェック出来ることも嬉しいところ。

COALTAR OF THE DEEPERSファン、Sadesper Recordファンにも必聴のアルバムかと思いますが、でもアニメを見ていないとちょっと面白さは半減しちゃうかもしれません。逆に「はなまる幼稚園」から、NARASAKIさんとWATCHMANさんの音楽に興味を持った人がいれば・・・嬉しいですね。


(ということで続きます・笑)
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/03/03.Tue

Richard Souther 「Illumination」

イルミネーションリチャード・サウザー「イルミネーション」(1997)

コンピアルバム「イマージュ2」で知ったのがきっかけで、数年前に購入したこのアルバム。何か不思議な音楽・・・神秘的っていうか、だけど現代っぽい?どういうコンセプトかも知らず、ただ何となく聴いていました。

最近ようやく聴きこみ出して(そうです、数年間ほっぽらかしでした^^;;)、このアルバムの良さ、そしてなぜ自分がこの手の音楽が好きなのかがわかったんです。簡単に言えば、12世紀の修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの音楽を、作曲家リチャード・サウザーが現代的なアレンジで施したというもの。中世と現代の音楽の融合と言いましょうか?聖歌や西洋の宗教音楽が好きな私にとっては正にツボであり、いかにもイマージュに収録されそうな癒し系&リラクゼーション風な現代的アレンジは更に更にツボ。民族的でケルト音楽の風合い、そして女性ボーカルの歌声がこれまた良いのです。

今までヒルデガルト・フォン・ビンゲンのことは全く知りませんでしたが、ただのクラシックアルバムだったら出なかったであろう、神秘的かつ幻想的な雰囲気がとても良いです。よくクラシックの名曲を今風に歌ったりして原曲の上品さを失うことがあるけれど(例えば「G線上のアリア」をヒップホップ風に歌うだとか^^;;)、このアルバムはそんなことは無く、美しく儚い感じさえするのです。リチャード氏がヒルデガルトの音楽にインスパイアされ続けてきた、というのもわかる気がします。
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/09/21.Sun

溝口肇「yours;classic」

yours;classic私の大好きなチェリスト溝口肇さんの最新作、"yours"シリーズ第3弾は、クラシックの名曲をカバーしたアルバムです。このカバーシリーズ、3枚目まで出るとは予想外だったし、まさか溝口さんが弾くクラシック曲が聴けるとも思ってもいませんでした。いろいろと意外な成り行きですが(もちろん良い意味でね)、彼の奏でるチェロの音色は、どこまでも深くて本当に素敵な音です。

例えば1曲目のバッハのプレリュード(無伴奏チェロ組曲)を、溝口さんが弾いたものと、専門的なクラシック演奏者が弾いたものと、2曲を聴き比べたとします。その時に私はどちらが溝口さんの音なのかわかるかしら?と考えてみました。これ、わからないとファン失格かもしれませんが、8割くらいの確立できっと私は違いがわかるだろう、と確信しています(おお~笑)。その手掛かりは、楽曲のアレンジにもあるんです。あの独特な寂寥感(私が一番好きな部分)、お洒落でジャジーな雰囲気、ふとした瞬間に「溝口メロディだ」と感じることがあり、有名クラシック曲の中にもちゃんと彼の個性が反映されているんですよね。

まあ、正直な話「またカバー?!」とか思いましたが(←やっぱ、ファン失格;;)、繰り返し聴くたびに味わい深くなる1枚です。選曲もどれも有名で一度は聴いたことのある曲なので、クラシックに疎い方でもすんなり聴けるのでは?と思います。特にオペラ「トゥーランドット」より”私のお父さん”が選曲されているところなんか、タイムリーだなぁと思います。

余談ですが、チェロの弦って1セットが4万円くらいするんですってね(溝口さんのブログに書いてありました)。チェロ自体もきっと高級なんでしょうが、弦も消耗品なだけに相当お金が掛かりそう・・・。
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/05.Sat

溝口肇「オーガニック・スタイル 溝口肇 the BEST」

オーガニック・スタイル 溝口肇 the BESTそういえば、こちらの記事で書いた溝口肇さんのベスト盤ですが、最近になってやっと聴いております。買うだけ買ってあったんだけど、もう聴いている時間が無くて・・・(^^;)。

私のようにファン歴が長いと、ベスト盤の選曲にはどうしても不満とか文句が出てしまいがち。でも、今回に限ってはとくに問題は無い・・・かな?ご本人が選曲されていることもあり、これはこれでOK!ですね。しかも2枚組ですしね。

今回のベスト盤の特徴は、ソニーからリリースされていることもあり、現在は廃盤の(たぶん)アルバム「太陽の南」「日曜日の印象」から、多数の曲が収録されていることです(ここで「Aqua Colors in Paris」からは1曲も入っていないのは、レコード会社が違うからなんだろうなぁ・・・)。そういう意味でも、ここ最近でファンになった人たちには、お買い得なベストではないかと思うのですが、どうでしょうか?

個人的に密かな「目玉」は(笑)、2枚目に収録されている「ONE」という歌。そう、歌なんですよ、溝口さんご本人が歌っているのです。もうこれは最初で最後なのだそうですが、ご自分で選曲されたということは、それなりに自信がおありで???ふふふ。私は彼の歌声、とても好きですね。声質が私好み♪コンサートの時などにお聞きする声は、ちょっとボソボソした感じがあるんですが、歌声はそれよりもきれいに聴こえるなぁと思いました。

私はやはり、80年代のソニー在籍中の作品がとても好きですね。「キリンと月」「7TH BLUE」「P・e・a・c・e」「帰水空間」・・・・。何度聴いても、ゾクゾクするような、心がざわめくような感動があります。優しさや寂しさ、言葉では表現出来ないような感情が、チェロの深い響きと共に心に訴えかけてくるようです。
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/01/03.Thu

スターバックス福袋のCD

スターバックスCD(Asian Soul)福袋が大好きな管理人♪今年は初めて、スターバックスの福袋を買ってみました。すると、何とCDが入っているではないですか。これをブログのネタにしない手はありません!!ということで、ご紹介しちゃいます。

今回のスタバの福袋は、コーヒーの産地別に3種類が用意されていました。私が買ったのは「アジア/太平洋」。何気に選んだら、それでした(笑)。なので、入っていたCDもアジアがテーマのようで、タイトルは「Asian Soul」となっていました。

★「Asian Soul」
1.in a quiet night/Yoshie Nakagawa
2.my little Asia/Jay Vergara
3.this is the world i have/Masaki Ueda
4.song of love/Ueda &Yoshie
5.aunt mary/Keiai & Jay
6.tears of rain/Masaki Ueda
7.don't you worry about tonight/Keiai, Jay, Yoshie, Ueda

上田正樹さんや中川佳恵さんなどが参加。上田さんと言えば「悲しい色やね」がすぐに思い浮かびますが、私の大量のCDコレクションには、彼の歌は1枚もありません。なぜなら、好みの歌手ではないから(すいません;)。でもでも??このCDで改めて聴いてみると・・・うぉー!大人の魅力が詰まった歌っての??すごく雰囲気あってお洒落な感じでよかったです。中川さんのボーカルも、素敵。ソウル、R&B系の音楽ってよくわからないけれど・・・このCDを聴きながらコーヒーを飲めば、一層美味しくなるかも???

>>続きを読む
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/22.Thu

ソニー「BRAVIA」のCM曲

最近はあんまりテレビも見なくなってしまった私ですが(^^;)
久々に気になるCM曲を見つけました!
それはソニー「BRAVIA」のCM。
今流れているのは「噴水編」だそうですが
カラフルなカラーボールが散らばっていく様子が、すごく印象的でした。
「色は、ココロを動かす力」というキャッチコピーに、思わず納得。
それと同時に、聴こえてきたCM曲もすごく気になってしまった。
何だかいい曲じゃない~?で、早速調べちゃいました(笑)。
何とこちらのページで視聴が出来ました。インターネットって、本当に便利ですね~♪
「color is magic」という歌で、このCM用に作った歌みたいです。
軽いリズムとボーカルの声がお気に入り!
でもテレビ用だから、短い歌なのよね。それがちょっと残念かなぁ。
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/09/12.Wed

溝口肇「yours」「yours;tears」

yoursyours;tears
(左)「yours」(2005)
(右)「yours;tears」(2007)




チェリスト溝口肇さんの、初のカバーアルバム。
「yours;tears」の方は、先々月7/25にリリースされたばかり。
特に涙を誘うような、美しい数々の名曲が選曲されています。

私は今のところ選曲的に「yours」の方が好きです。カーペンターズの「青春の輝き」や、エンニオ・モリコーネの「ニュー・シネマ・パラダイス」、「白い恋人たち」や「明日に架ける橋」等、有名な美しくもどこか切ない名曲が多いから。そこに溝口さんの優しく温かいチェロの音色が加われば・・・もう涙無しには聴けません。いえ、実際には涙は出ませんでしたが(笑)、心はかなり温まりました。

ただ、私はやはり彼のオリジナルが聴きたいな、と思ってしまう派です。だから「yours;tears」がリリースされると知った時は「え?また?」とか思ってしまいました(←失礼なヤツ;;)。去年リリースされたopera?も、ある意味コラボ・アルバムだったので、今度は本格的なオリジナル・アルバムが待ち遠しいなぁ・・・なんて思っちゃいます。あ、でもこの2枚はとても素敵なアルバムなので、ファンでなくてもお勧めのCDです。聴いてみる価値あり!

それにしても溝口さんって、お若いですねぇ。やっぱり普通の47歳には見えませんわ!
サントラ/ヒーリング他 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。