アクセス解析
レンタル掲示板
J-pop ノントロッポと音楽と
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/11/04.Fri

サカナクション「Documentaly」

DocumentaLy(初回限定盤A)CD+DVD+豪華ブックレット最近の私のお気に入り、サカナクションの新譜です。

名前は聞いたことあったけれど、ホント聴いてみるものですね。初めて彼らの歌を聴いたけれど、見事に好きになってしまいました。捨て曲ないですよ!このアルバム。

ボーカルの歌声が何となくフジファブリックっぽい?とか思いつつ、印象的な歌詞(クールでシュール?)、耳に残るメロディ。普通のJ-popにありがちな退屈さは無く、かといって洋楽でもない。何か良いんですよね。全体的に印象に残るし、耳心地良いし。「アイデンティティ」のようなテンポの速い曲もさることながら、私はダークな歌が気に入りました。「流線」や「years」など。「アンタレスと針」もすごく好き。ちょっとフライング・キッズを思い出した。何となくね。それに「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」を聴くと、何だかはっぴぃえんどの「風をあつめて」を思い出してしまう。歌詞がですます調だからかな?

今度は他のアルバムも聴いてみよう。なんかさ、こうやって素敵な日本のアーティストに出会えると本当に嬉しくなってしまいます。毎回書いちゃうけど!
スポンサーサイト
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2011/10/02.Sun

心に残る女性シンガーのアルバム

平松愛理「Single is Best」今井美樹「Mocha under a full moon」辛島美登里「Green」児島未散「ゴールデン☆ベスト」

・・・ああ、ついにやってしまった。9月は一つも記事を更新しませんでした(広告まで表示されるようになってしまった)。ブログを始めて5年以上、そんな月なんて全く無かったのに(涙)。最近は休日も忙しくなってしまって、ブログ更新どころか洋楽さえあまり聴いていないの。

ということで。なぜかそんな時は昔よく聴いていた歌を聴きたくなったりして。最近よく聴くアルバムをちょっとピックアップ。

★平松愛理「Single is Best」(1993)
★今井美樹「Mocha under a full moon」(1989)
★辛島美登里「Green」(1991)
★児島未散「ゴールデン☆ベスト」(2011)←これは最近出たベスト盤。

うーん、これでだいたい私の年齢がバレるでしょう(^^;)。
ま、それはともかく、メロディや歌声はさることながら、今はただ彼女たちが歌う歌詞に耳を傾けていたい心境なのです。共感したり、涙したり、歌詞の主人公になってみたり。自分の心の隙間を埋めてゆくのです。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/22.Mon

半額セールにて!

イメージブックオフにて、500円以下のアルバムが全て「半額」セールとのことで、またもやCD大量買い~(-д-;)。

いろいろと懐かしい人たちばかりをゲット。見事に&無意識に90年代のアルバムばかりでしたー。

★カズン「ラブ&スマイル」(1996)
意外とカズンはアルバム持っていなかったので。「冬のファンタジー」しか知らないんだよね。

★The Brilliant Green「The Brilliant Green」(1998)
ブリグリも初めてアルバムゲット。そんなに良く知らないのに買えてしまうのは、中古品ゆえ・・・。

★西田ひかる「very best of HIKARU」(1994)
ドルアイの歌は結構好きなのです。彼女の歌、意外と良いんだよ。

★池田聡「シルク」(1992)
この人のはベストしか持っていなかったので。とても歌の上手い人でグッ来ます。

★中山美穂「BalladeⅡ」(1996)
だからドルアイ好きなの~(笑)。ってか、彼女の歌もちゃんと聴いたことがなかったので。

★栗林誠一郎「No Pose」(1997)
さて、この方は名前しか知らず本当に初めて聴きます。賭けですな。

これだけ買って、千円ちょっとでした!すごいお得感♪6枚中4枚には帯が付いていたし。だけど・・・毎回書きますが、基本的に中古CDは苦手です。やっぱり汚いです。今もばっちくて触れません(汗)。なのでプラケースは新しいものを買ってきて取り替えてしまう予定です。歌詞カードはどうしようもないけど、盤も一応拭こうかな。
本当は、児島未散の昔のアルバムが欲しかったんです。数年前まではよく見かけたんだけどなぁ。
J-pop | Comments(8) | Trackback(0)
2011/07/07.Thu

児島未散「ゴールデン☆ベスト」

児島未散 ゴールデン☆ベストいかにもレコード会社側のシリーズものベスト盤、な感じでアルバムタイトルも含め味気なさ過ぎるのですが・・・つい最近リリースされたベストアルバムです。

最近また彼女の歌にハマってまして。特に心が落ちている時は聴きたくなるんです(^^;)。そんなわけで、こちらで書いたベストアルバムの収録曲とほぼ被ってしまうんですが、まだ聴いたことのない5曲の歌のためにポチっと購入。ポップでキャッチーでわかりやすくて耳触りの良いメロディに、未散さんの清潔感のある歌声。90年代初期の時代性も含め、何だか心地よくも懐かしいポップスなのです。「学園のDiary」とか「水のないプール」とか・・・すごく良い歌♪どうせなら、昔のアルバムを全部再発してくれないかなー(あんまり需要がないかもしれないけど・・・)。というか、彼女のことを知っている人ってやっぱり少ないかもなぁ。

画像リンク先のアマゾンで、全曲試聴が出来ますので・・・興味のある方は聴いてみて下さい(^^)。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/15.Sun

緑ジャケ特集~!(J-pop編)

現在Twitterの#reco_sleebuでは、緑色のジャケット特集のようなので、それに投稿すべくとりあえずブログに記事を書いてみました(ツイッターでの写真アップがよくわからないので・・・)。

まずはJ-pop(画像はクリックすると大きくなりますよ)。

イメージ

新旧共々、意外とたくさんありました。森や木のジャケは必然的に緑になってしまいますけどね。「image」シリーズは全部緑だし(笑)。写真がボケていてごめんなさい。デジカメが古いせいか、何だか上手く撮れない(汗)。あ、ぬいぐるみはただの演出です(笑)。

<追記>
一応、CDタイトルもメモしておきます。。。(左上より上段から)
★V.A「Best of LISMO!」(2004)
★V.A「image」(2000)
★溝口肇「Early Best 1986-1992」(2001)
★米良美一「Bridge」(2000)
★レミ街「Musica Musica」(2010)
★新居昭乃「エデン」(2004)
★新居昭乃「降るプラチナ」(2000)
★キンモクセイ「音楽は素晴らしいものだ」(2002)
★PSY・S「Mint-Electric」(1987)
★イメージサントラ「金色の時、月からの祈り/ぼくの地球を守って」(1994)
★松任谷由実「Pearl Pierce」(1982)
★槇原敬之「本日ハ晴天ナリ」(2002)
★徳永英明「INTROⅡ」(1992)
★松任谷由実「Road Show」(2011)
J-pop | Comments(6) | Trackback(0)
2011/03/23.Wed

レミ街/ent他 ライブへ行く

★2011/3/10 レミ街「MusicaMusica」Release Party @渋谷O-Nest 

今思えばギリギリですね・・・あの地震が起こる前日にライブに行って来ました。

出演アーティストは、レミ街、ent、mergrimの3組。今回のお目当てはメインのレミ街ではなく(ごめんなさい;)、私はent(エント)さんでした~♪以前このブログでも記事に書きましたが(こちら)、ライブがあれば是非行ってみたいと思っていたので(^^)。すごく良かった!!間近で見たホリエさん、歌も上手くてカッコ良かった♪何よりCDで散々聴いていたあの素敵な楽曲を、生で聴けたことにひどく感動です。新しいアルバムとか出してくれないのかしら?まぁ、本業の方が忙しいのかもしれませんけど・・・。

そしてレミ街です。ライブ前に試聴はしたものの、バンド名も歌も今回初めて知りました。このライブに行こうと決めたのは、レミ街も自分好みのバンドだったからです(さすがにent目的でも、メインのバンドに用が無いんじゃチケット取るのも意味無いし;)。アルバムもちゃんと購入済みなので後で記事にしますが、バンドサウンドにピコピコ電子音、どこか懐かしいメロディ・ラインとしっかりした美しい歌声のボーカル・・・本格的なものを感じました。また素敵なアーティストに出会えたぞ~~って、感動です。ボーカルの彩さんも可愛かったけど、ギターのお兄さんがカッコ良かった(未だにお母さんにバンド活動を認めてもらえない、というMCに笑い)。

そしてmergrim(メルグリム)さん。パソコンを駆使した?電子音楽。トップで演奏したのはこの方だったのですが・・・私バカです。偶然にもこの人のアルバムを最近買って持っていたのに(まだ聴いていなかったけど)、ライブが終わるまでmergrimさんだって気づかなかったんです(汗)。楽曲を聴いても気づかない私って・・・(^^;)。でもほら、当日まで彼が出るってわからなかったしね。しかし本当にすごい偶然だわ。

ということで・・・実は3組が全て自分好みのアーティストだったのでした。アコースティックで爽やかで癒し系で・・・何かそんな共通点があったな。

ent「Welcome Stranger」 レミ街「MusicaMusica」 mergrim「Invisible Landscape...」

余談ですが、渋谷O-Nestでのライブに行くのは、アリー・カー、Club8に続いてこれで3回目。やっぱりライブハウスってちょっと苦手なんだけど(汗)、アーティストをすぐそばで見られる点は良いよね。ああ、アリー懐かしいな。あの時のアリーが忘れられないな・・・。ケータイのカメラで一緒に写真を撮ってもらったんだよね。フラッシュが上手くいかなくて何も写らなかったんだけどね(涙)。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2011/02/27.Sun

児島未散 「BEST SELECTION '89-'91」

児島未散 「BEST SELECTION '89-'91」児島未散 「BEST SELECTION '89-'91」(1991)

彼女のアルバムはこのベスト盤しか持っていませんが(しかも数年前に中古で購入)、当時「ジプシー」という歌がCMで使われていたことは覚えていまして。
それこそ買った時は「あんまり歌、上手くないかも?」と、そのまま放置。ところが数日前から突然CD猛リピート中です。充分に歌えています。すごく良いです。確かに歌によっては、歌唱力的に未熟さが見え隠れするものの(初期の頃の歌なのかな?)、透明で清潔感のある歌声に深く聴き入ってしまいました。私の好きな歌声です。

何かこういう普通の良質ポップスって言うんでしょうか?懐かしさを感じます。特に90年代初めは私はこういう歌が好きで、いろんな女性アーティストの歌を聴いていたっけ。。。それでも児島未散さんはシンガーソングライターというわけではないので、提供される楽曲にかかっているわけですが、作曲陣だけでも林哲司や馬飼野康二などベテラン揃いです。このベストに限ってはどれもこれも良い。等身大の女性の気持ちや恋愛心を、ちょっと小洒落た雰囲気のメロディに乗せて歌う、それが当時の女性リスナーに受けたのかなぁと(勝手に推測)。

ブックオフなど中古CD屋さんに行くと、なぜか彼女のアルバムが大量に売られているのが目に付きます。ちょっと複雑な気持ちだけど、今度他のアルバムも探してみよう。

Youtubeに音源がいくつかありました。
「key of dreams」
「夢の手前で」(アニメ「みなしごハッチ」ED)←これ、すごく好き♪
「ジプシー」
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/29.Wed

新居昭乃 クリスマススペシャルライブへ!

新居昭乃 2010 Christmas Special Live ~The Sounds of Aurora~
日本橋三井ホールにて、25日(土)の方に行って参りました!!

昭乃さんのライブも本当に久しぶりで、前回行ったのはたぶん、2005年12月25日(ぴったり5年前!)の新宿FACEでのライブが最後です。溝口さんのライブもそうだけど、アリー・カーにハマりだしたちょうど2005年終わり頃を境に、それまで好きだったアーティストのコンサートには行っていないんですよね。いかに私がアリーに一直線だったかがうかがえます(笑)。

会場が日本橋というのが何だか不思議でしたが(だって、やっぱり渋谷とか新宿とか、昭乃さんにはそんなイメージある)、三井ホールって初めて行ったけどすごくきれいな会場ですね。広すぎず狭すぎず、私は真ん中よりちょっと後ろくらいの席で決して良い位置ではなかったけれど、昭乃さんを身近に感じられる雰囲気が良かったな。
ああ、やっぱり大きな音は良いですね~~~。久々に心臓にズンズンくるようなライブに来ちゃいました。今回は一応フルセット?(ドラムはありませんでしたが)で、メンバーはいつもの保刈さんとか堀越さんとか。昭乃さん、ワイン色のふわっとした衣装で登場、やっぱりすごく可愛い人でした。おしゃべりが可愛い♪笑い方も可愛い♪♪何かね、彼女のトークにはふわっとした和やかさみたいなものがあるんですよね。ホント、可愛くて素敵な女性です。

気になるセットリストは新旧ともどもという感じで、古株ファンとしては「遥かなロンド」は嬉しかったなぁ。去年リリースされた「ソラノスフィア」を聴き込んでいないため(^^;)ピンと来ない部分もあったけど、初めて披露してくれた新曲などもあり(タイトルは覚えていませんが、超長い歌が1曲あったけど、編曲も含め何だか壮大で昭乃さんっぽくなかった?ような・・・)、次のアルバム制作の予定もあるようなので楽しみです。
昭乃さんが「次はポルトガル語の歌を歌います」って言った時、「うおっ?もしや「Campos Neutros」か??」と身構えたのは私だけだったでしょうか?(笑)実際は「Licao do Vento」でしたが、この歌もオズニー・メロ作詞、大島ミチル作曲の歌だったんですね。

イメージさて、今回買ったグッズたちです。
エコバッグと、昭乃さんのイラストによるカレンダーとシール。すごく可愛いです。色使いも優しくて素敵。MCでの、ホガちゃんシールの制作秘話には笑いました(笑)。
他にも、ボールペンやブレスレッド、Tシャツなども売っていました。あと「福袋」ってのもあったんだけど(すでに完売だったみたい)中身は何だったんだろう。気になるわー。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2010/10/30.Sat

遊佐未森 「Hope」

HOPE遊佐未森の4thアルバム「Hope」(1990)です。

CDラックをごそごそやっていたらこのアルバムが視界に入ったので、ひょいっと棚からひと掴みっ!ってか、すごーく久しぶりに聴いたけど、実はあんまり聴きこんでいないんだよね、コレ。そんな感じで、ラックで眠っているCDが他にも結構あったり・・・(笑)。

遊佐未森さんの存在は、自分の中ではちょっと位置付けしづらいアーティスト。ファンタジー系なのかと思ったらそんなこともなく?、でも普通のポップスって感じでもないし、歌詞カードを見たらシンガーソングライターでもない?うーん、でもナチュラル系でどことなく異国っぽい雰囲気はあるよね。彼女の特徴は何と言っても、その高音ボイス。ふんわり系というよりは、力強さを感じる歌声です。

今ようやく聴きこんでいますが(遅っ)、この「Hope」はやっぱりポップス系かな。今更ですが、全曲がすごく聴きやすくて良いです。当時、ラジオのエアチェックで知った「夏草の線路」という歌が聴きたくて買ったアルバムでした。やっぱり良い歌だね~(カラオケで時々歌ったりします・笑)。
このアルバムは現在では廃盤ですが、2006年にリマスターされて、他の初期の作品も含め再販されているようです。リリース当時、未森さんもエピックソニーだったんですよね。あの頃、エピックってすごく好きな人達がたくさんいたな・・・と、ちょっと遠い目ののんこでした。
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
2010/10/29.Fri

フジファブリック 「SINGLES 2004-2009」

SINGLES 2004-2009【期間限定スペシャル・プライス盤】ずっと聴いてみようと思っていたバンド、フジファブリック。
手っ取り早く(って言ったら申し訳ないけど)、A面シングル集を購入。期間限定のスペシャルプライス盤でした。

初めはボーカルの歌い方や歌声に馴染めなかったんだけど、実はすごく個性的で耳に残る歌声で。私が初めて聴いた歌「若者のすべて」のように、きれいで正当派なJ-POP路線かと思いきや、割とコミカル、割とシビア、よい意味でクセがあるというか、小奇麗じゃないキレイさっての??どこかで聴いた風なメロディの中にもフジファブリックとしての個性がビシバシと伝わってきて、最近の日本のバンドには無いような独自の世界感があるなと思いました。ロックで程よい疾走感と、キャッチーなメロディと、何気ない歌詞。ボーカル志村さんのちょっと投げやりっぽい歌声。何だか新鮮で聴けば聴くほど好きになっちゃったんですよね。

しかし残念なことに、私がこのバンドの存在を知ったのは、志村さんの突然の訃報のニュースからでした。29歳という若さ。こういうの、一番悲しいよね。せっかく良いバンドに出会えたって思ったのに・・・。オフィシャルサイトによると、今後もバンドの活動はしていくとのことです。
次は、オリジナルアルバムを聴いてみよう。

フジファブリック Myspace
オフィシャル・サイト
J-pop | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。